メガソフト トップサポートLiquidLogicマニュアル > FTP FTPについて

LiquidLogic


マニュアル


FTPについて

LiquidLogic専用のFTPクライアントです。
右上のLiquidメニューで切り替えます。
FTP、FTPS、SFTPに対応しています。
アカウントを設定して接続します。
リモート側のファイルを直接エディターで編集することも可能です。

■ツールバー

トップへトップへトップ画面に戻ります。
再読み込み再読み込み表示しているフォルダーを再読み込みします。
フォルダーの同期移動フォルダーの同期移動フォルダーを移動すると片方も同じフォルダーに移動する設定です。
タップでON/OFFを変更できます。ONの時はアイコンの色が変わります。
接続の終了接続の終了接続を終了します。

■FTP 接続前

左がローカル側、右がリモート側となります。
リモート側の「アカウント追加」をタップするとFTP/SFTPを追加できます。
「FTP/SFTP」アカウントの追加/編集の説明はこちら
ローカル側は「iCloud」「ローカル」に加え追加したアカウント(「FTP/SFTP」は除く)を表示でききます。
リモート側の設定したアカウントをタップすると接続を開始します。
リモート側の「編集」をタップした後にアカウントをタップして設定が編集できます。
中央のスプリットバーのドラッグで表示幅の割合を変更できます。

▼FTP 接続前
FTP 接続前


■FTP 接続後

リモート側が接続された表示になります。
ファイル/フォルダーの長押しで操作メニューが表示されアップロードやダウンロードが可能です。

▼FTP 接続後
FTP 接続後

ソート 名前、日付、種類、サイズで昇順、降順にソートできます。
(+)ボタン フォルダー、空のファイルを新規作成できます。
選択 ファイル、フォルダーを複数選択して操作できます。
選択後にできる操作は下に表示されます。
複数ファイルのダウンロード、アップロードではファイル毎に確認メッセージへの操作が必要です。
ファイル/フォルダーの長押し ファイル操作/フォルダー操作のメニューを表示します。
ここで各種のファイル操作/フォルダー操作ができます。

FTPを利用したWeb編集についてはFAQをご覧ください。
矢印 Webを編集する方法を知りたい【 方法1 】サーバーにFTP/SFTP接続してファイルをダウンロードしてから編集

■FTP/SFTPの追加/編集

ファイラーのトップ画面の「アカウント追加」をタップ後に「FTP/SFTP」をタップして追加します。
FTP画面のリモート側の「アカウント追加」をタップしても追加できます。

▼FTP/SFTPの追加/編集
FTP/SFTPの追加/編集

名前 適当なアカウント名(サーバー名)を指定します。
プロトコル プロトコルを選択します。
FTPモード FTPの場合のコネクションを確立するモードを指定します。
通常は「自動」で大丈夫です
FTPSモード FTPSの場合の暗号化のモードを指定します。
ホスト ホスト名またはIPアドレスを指定します。
ポート番号 ポート番号を指定します。
ユーザー ログインするユーザー名を指定します。
認証方式 認証方式を選択します。
SFTPの場合は秘密鍵が選択できます。
パスワード パスワードを指定します。
秘密鍵 「秘密鍵選択」を実行して、秘密鍵ファイルを選択してください。
●秘密鍵
暗号化方式はDSA、RSA、ECDSA、Ed25519に対応。
ファイルはPuTTYのppk形式またはpem形式(拡張子なし)に対応。
秘密鍵パスワード 秘密鍵のパスワードが必要な場合に指定します。
最後のフォルダー位置を復元 接続時に前回の最後のフォルダーを表示する設定です。
これをONにすると初期フォルダーは無視されます。
初期フォルダー 接続時に表示するフォルダーを指定します。
ルートフォルダー Webサーバーの場合はサイトのルートに当たるフォルダーを指定してください。
このアカウントにあるファイルをHTMLプレビューした時にルートパス指定の記述(例:href="/common/style.css")がある場合はここで指定したフォルダーをルートとします。
指定がない場合はアカウントのトップがルートフォルダーになります。
プロキシURL プロキシURLが必要な場合に指定します。
サーバー種別 サーバーのOSの種別を指定します。
通常は「自動」で問題ありません
文字コード サーバーの文字コードを指定します。
通常は「自動」で問題ありません。


この資料の内容は予告なしに変更されることがあります。
いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。
この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。
Copyright© MEGASOFT Inc.