メガソフト トップサポートLiquidLogicマニュアル > LiquidLogicについて

LiquidLogic


マニュアル


LiquidLogicについて

LiquidLogic(リキッドロジック)は、iPad/iPhoneでテキストファイル、Webページ、ソースコードを編集できるテキストエディターです。
高機能なエディターにファイラー、FTPを搭載しクラウドやサーバーのファイルを編集。
専用ブラウザーを装備しWebページの確認やHTMLプレビューも可能。
これひとつで本格的なテキスト編集が可能です。

■主な特長

  • 複数ファイルをタブで切り替えて表示・編集。
  • 画面を分割してファイル2つを見ながら編集可能。
  • Perl正規表現にも対応したリアルタイム検索。
  • grep検索(指定フォルダーのファイルの中の文字列を検索)に加えgrep置換を搭載。
  • HTML、XML、CSS、JavaScript、PHP、Perl、Ruby、C++など14の言語に対応。
  • 言語に合わせてシンタックスハイライト表示。
  • カーソル移動や記号、括弧、数字、全角スペースなどが入力できる移動/入力バー。
  • Unicode、シフトJIS、EUCなど34種類の文字コードに対応し、文字コードや改行コードの変更が可能。
  • ファイラーを搭載。複数オープンや各種ファイル操作が可能。
  • iCloud、iCloud Drive、Dropbox、Google Drive、OneDriveのファイルを編集可能。
  • SMB接続に対応。サーバーやNASデバイスのファイルを直接編集。
  • FTP/FTPS/SFTP搭載。ダウンロード/アップロードやファイルの直接編集にも対応。
  • SSHターミナルを搭載。そこからファイルをダウンロード編集可能。
  • ブラウザーを搭載。Webページの表示を確認しながら編集が可能。
  • ブラウザーからHTMLソースをダウンロードしてエディターで編集を実現。
  • HTML、CSSの要素を階層表示して変更の確認ができる開発ツールを搭載。
  • タッチ操作に加えキーボードのショートカットに対応。
  • ダークモードに対応。
  • 無料で全機能が利用可能。
    App内課金で有料版にアップグレード。
    無料版:エディターでオープンできるファイル数 5、ファイルサイズの合計 1MB、ファイラーの追加アカウント 各2個 まで。
    有料版:エディターでオープンできるファイル数 50、ファイルサイズの合計 100MB、ファイラーの追加アカウント 各50個 まで。
    ※仕様や価格は予告なく変更になる場合があります。


この資料の内容は予告なしに変更されることがあります。
いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。
この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。
Copyright© MEGASOFT Inc.