メガソフト トップサポートLiquidLogicFAQ

LiquidLogic


FAQ

更新日:2019年5月20日


Webを編集する方法を知りたい

大きく分けて以下の3つの方法があります。使い方や環境によってお好きな方法で作業してください。

【 方法1 】サーバーにFTP/SFTP接続してファイルをダウンロードしてから編集

作業用のミラーサーバーがある場合やローカルで編集したい場合の方法です。

  1. 「FTP」画面で目的のサーバーに接続します。
  2. 右のリモート側の接続されたサーバーの目的のファイルまたはフォルダーを選択します。
  3. 長押しで「ファイル/フォルダー操作」のメニューが表示されますので、そこで「ダウンロード」を実行します。複数のファイル/フォルダーを操作したい場合は右上の「選択」をタップして操作します。
  4. 左のローカル側にダウンロードされたファイルを選択して長押しして「ファイル操作」のメニューから「エディターで開く」を実行します。
  5. 「エディター」画面でファイルを編集します。
  6. 確認したい場合はファイルタブの「プレビュー」マークをタップします。
  7. 編集ができたら「FTP」画面でアップロードします。

※ローカル側のアカウントに「ルートフォルダー」の設定があればHTMLプレビュー時にルートパス指定はそこからの指定で表示されます。

方法1



【 方法2 】サーバーのファイルを直接編集

作業用のミラーサーバーがない場合やローカルで編集する必要がない場合の方法です。

  1. 「FTP」画面で目的のサーバーに接続します。
  2. 右のリモート側の接続されたサーバーの目的のファイルを選択します。
  3. 長押しで「ファイル操作」のメニューが表示されますので、そこで「エディターで開く」を実行します。
  4. 「エディター」画面でファイルを編集します。
  5. 確認したい場合はファイルタブの「プレビュー」マークをタップします。
  6. 編集ができたらファイルタブをタップして表示されるメニューから「保存」を実行します。ファイルは自動でアップロードされます。

※リモート側のアカウントに「ルートフォルダー」の設定があればHTMLプレビュー時にルートパス指定はそこからの指定で表示されます。
※「アプリの設定」で「自動保存」がONの場合もFTP/SFTPのファイルの直接編集は自動保存されません。

方法2



【 方法3 】ブラウザーからファイルをダウンロードして編集

オンザフライ(そのサイトのURLのまま)で作業して確認してみたい場合や、WebサーバーにFTP/SFTP接続できない場合の一時的な編集方法です。
ダウンロードしたファイルは一時的なファイルなのでWebサーバーにアップロードしたい場合はファイル保存をして別途アップロードする必要があります。

  1. 編集したいページをブラウザーで表示して「ツール」メニューの「エディターで開く」を実行します。
  2. HTMLソースをダウンロードしてエディターで開きます。関連しているCSS、JavaScriptも同時にダウンロードすることもできます。
  3. 「エディター」画面でファイルを編集します。
  4. 確認にはファイルタブの「プレビュー」マークをタップします。
  5. ファイルとして保存したい場合はファイルタブをタップして表示されるメニューから「保存」を実行します。

※ダウンロードされたファイルは動的に生成されたものの場合もあります。その場合実際にサーバー上にあるファイルの内容と異なっていることもあります。

方法3


この資料の内容は予告なしに変更されることがあります。
いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。
この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。
Copyright© MEGASOFT Inc.