メガソフト トップサポートLiquidLogicマニュアル > エディター エディターについて

LiquidLogic


マニュアル


編集

■編集モード/閲覧モード

編集画面をタップするとファイルが編集できる状態の編集モードになります。
移動/入力バー、キーボードが表示(キーボードを接続していない場合)されます。
移動/入力バーのキーボードOFFでファイルが編集できない状態の閲覧モードに戻ります。
アプリの操作や状態により自動で閲覧モードになる場合もあります。

■カーソル移動やスクロール

iOS標準の操作に加えて、移動/入力バーでカーソル移動、ファイル先頭/末尾へ、行頭へ、行末へ、指定行にジャンプが可能です。
キーボードのトラックパッド化でカーソル移動も可能です。
キーボード接続時はショートカットキー操作で各種カーソル移動が可能です。

※iOS 12以前ではLiquidLogic独自の拡大鏡(横長の長方形)が表示される場合があります。
※キーボードのトラックパッド化での文字列選択には対応していません。

■入力

キーボード(アプリ)で入力します。
標準のキーボード、ATOK、Gbord、Simejiで動作確認しています。
キーボード接続時はキーボードから入力できます。
移動/入力バーでTAB、全角スペース、数字/句読点類、数字/句読点類 記号類、括弧/コメントの入力が可能です。

■取り消し/やり直し

以下で可能です。

  • iPadのキーボードの上段のショートカットのアイコンのタップ。
  • 3本指ジェスチャーや「シェイクで取り消し」機能。
  • デバイスの横幅が小さい時の移動/入力バーの取り消し/やり直しのアイコンのタップ。
  • キーボード接続時のショートカットキー操作。

■選択やカット&ペースト

iOSの標準に準拠した操作になります。

長押しでの単語選択からスワイプで選択範囲を変更できます。
ダブルタップで単語選択、トリプルタップで文選択、クアッドタップで論理行選択になります。
選択バーをドラッグすることで選択範囲を変えることができます。

選択バー
選択後に吹出しのメニューが表示され、カット、コピー、ペースト、行選択、すべて選択、調べる、共有が可能です。

選択吹き出し

キーボード接続時はショートカットキー操作で各種の選択移動や編集操作ができます。

※iOS 12以前では一部動作が違います。
※3D Touchの強く押し込む選択には対応していません。

●選択モード

移動/入力バーのカーソル移動ボタンのダブルタップでLiquidLogic特有の選択モードになります。
アイコンの色も変化します。
カーソル移動ボタン

選択モード中は選択バーのドラッグに加えて、タップやジャンプ、キーボードなどでのカーソル位置指定や、カーソル移動ボタンのドラッグで範囲選択ができます。
選択範囲が広い場合にも有効で、操作を誤って選択が解除されることもありません。
選択モードはカーソル移動ボタンのダブルタップおよび編集操作の実行で解除されます。


この資料の内容は予告なしに変更されることがあります。
いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。
この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。
Copyright© MEGASOFT Inc.