メガソフト トップサポートLiquidLogicマニュアル > エディター grep置換

LiquidLogic


マニュアル


grep置換

複数ファイル内を検索して文字列を置換する機能です。
grepと同じように検索結果をリストに出力します。
リストから対象のファイルの検索ヒット場所にジャンプ(タグジャンプ)できます。
内容を確認しながらの置換や、確認せずに一気に行う全ファイル置換が可能です。
デバイスの横幅によってツールバーのレイアウトは変化します。

▼grep置換 指定画面
grep置換 指定画面

検索メニュー 検索、置換、grep検索、grep置換の切り替えを行います。
検索オプション
検索オプション
(デバイスの横幅により検索メニューの中に表示されます)
検索時の大文字/小文字区別、正規表現、単語検索のON/OFFを指定します。
●大文字/小文字区別
英文字(半角のアルファベット)の大文字/区別をするかしないかの指定です。
●正規表現
文字列をパターン表現する方法でメタ文字を利用した検索を利用するかどうかの指定です。
正規表現はPerl互換タイプです。
メタ文字については正規表現のメタ文字一覧をご確認ください。
●単語検索
他の語の一部となる場合に一致するかどうかの指定です。
全角の日本語でも有効です。
ONの場合には「ABC」→「ABCD」「8ABC」
「京都」は「東京都」「京都府」といった文字列では一致しません。
検索文字列ボックス
検索文字列ボックス
入力するとリアルタイムに検索します。
入力された文字列にそって検索文字列履歴を絞り込んで表示されます。
左端のアイコンで全ての検索文字列履歴を表示します。
次を検索次を検索カーソル位置より下の方向に検索します。
grep置換検実行中も利用できます。
前を検索前を検索カーソル位置より上の方向に検索します。
grep置換検実行中も利用できます。
grep置換grep置換 grep置換を実行します。
指定どおりに検索して検索結果リストに表示します。
アイコンの点滅中にタップするとgrep置換は中止されます。
置換文字列ボックス
置換文字列ボックス
置き換える文字列を入力します。
何も入力しないと検索ヒット文字列の削除になります。
入力された文字列にそって置換文字列履歴を絞り込んで表示されます。 左端のアイコンで全ての置換文字列履歴を表示します。
置換置換カーソル位置の検索ヒットした文字列(背景が青色)を置換します。
grep置換実行後も利用できます。
全置換全置換ファイル内のすべての検索ヒットした文字列を置換します。
grep置換実行後も利用できます。
【ご注意】カーソル位置から下方向だけの置換ではありません。
検索対象検索対象 検索の対象を指定します。
●フォルダー指定
検索の対象をフォルダーで指定します。
●開いているファイルすべて
検索の対象を開いているファイルすべてにします。
サブフォルダーを検索サブフォルダーを検索
(フォルダー指定時)
ONにすると検索対象で指定したフォルダーの下位フォルダーもすべて検索します。
対象ファイル
対象ファイル
(フォルダー指定時)
検索対象にしたいファイル名を指定します。
ワイルドカード「*」「?」が指定でき、「;」で区切って複数指定できます。
入力された文字列にそって対象ファイル履歴を絞り込んで表示します。
左端のアイコンで全ての対象ファイル履歴を表示します。
バックアップ/ログバックアップ/ログ バックアップとログの設定を行います。
●バックアップ
ONで更新前のバックアップファイルが作成されます。
ファイルと同じ場所:同じフォルダーに元のファイルの拡張子を「.bak」にして保管します。
フォルダーを作成:「ローカル」の「Backup」というフォルダーの中にパス名どおりにフォルダーを作成して元のファイルを保管します。
【ご注意】
バックアップはgrep置換実行前に既に開いていたファイルは作成されません。
grep置換で開かれたファイルや全ファイル置換で開かずに置換されたファイルが対象です。
検索対象が開いているファイルすべての時は利用できません。

●ログ
ONで「ローカル」の「Log」というフォルダーにgrep置換のログファイルを保管します。

■grep置換実行後

指定した検索文字列で複数ファイル内を検索し、検索結果をリストに出力していきます。 最初に検索ヒットしたファイルが開かれます。
リストから検索ヒット場所にジャンプ(タグジャンプ)できます。
ファイルの内容を確認しながら、「次を検索」、「前を検索」、「置換」、「全置換」の操作が可能です。
ツールバーの一番下にgrep置換用の機能が表示され、ここで次のファイルを検索してオープン、次のファイルから一気に全ファイル置換、grep置換の中止の操作ができます。

▼grep置換実行後
grep置換実行後

grep置換検索結果リスト リストのタップでファイルの該当位置にジャンプ(タグジャンプ)します。
デバイスの横幅によってはタグジャンプするとリストは自動で非表示になります。
タグジャンプしたリストの項目は背景色が変化します。
リストの項目の左端のタップでチェックマークを付けることが可能です。
「X」アイコンでgrep置換を終了します。
「||>」アイコンでリストを非表示にします。
リストは画面右端からスワイプで再表示できます。

【ご注意】
1行に複数のヒットした文字列があってもリストは行毎になります。
タップでその行の最初のヒットした文字列にジャンプします。
次のファイル 次の検索ヒットした対象ファイルをオープンします。
全ファイル置換 次のファイルから確認なしで全ての検索ヒット場所をファイルをオープンせずに一気に置換します。
中止 grep置換を中止します。


この資料の内容は予告なしに変更されることがあります。
いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。
この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。
Copyright© MEGASOFT Inc.