メガソフト トップサポートLiquidLogicマニュアル > エディター ファイル情報/ファイル履歴

LiquidLogic


マニュアル


ファイル情報

カレントファイルのファイルタブをタップしたメニューの「ファイル情報」、または「ファイルメニュー」の「File info」で表示されます。

「ファイル情報」では文字コード、入力される改行、適用されている言語を確認および変更できます。
全文字数(文字列選択中は選択文字数)、行数、サイズ、更新日が表示されます。

▼ファイル情報
ファイル情報

文字コードファイルの読み込み時に自動判定して決定されます。
文字化けしている場合はここで文字コードを変更して開き直すことができます。
新規ファイルの場合はここで保存時の文字コードを指定できます。
文字コード一覧はこちら→文字コード一覧
【ご注意】
1.0.3から仕様が変わりました。
文字コードを変更して保存したい場合は「別名保存」を実行して「文字コード/改行の変更」で指定してください。
入力される改行ファイルの読み込み時に自動判定して決定されます。
他の改行コードに変更可能です。
適用される言語拡張子によって決定されます。言語によって色替えされる予約語やコメントが変わります。
他の言語に変更可能です。
言語の一覧はこちら→言語一覧
全文字数ファイル全体および文字列選択中は選択文字数を表示します。
行数ファイル全体の行数表示します。
サイズファイルのサイズを表示します。
サイズは編集中のものでなくオープン時または上書き保存された時のものです。
更新日ファイルの更新日を表示します。


ファイル履歴

画面左端からスワイプ、または「ファイルメニュー」の「History」で表示されます。
項目をタップするとファイルをオープンします。
各アカウントのファイルも自動で接続して開きます。
「編集」をタップすると各項目毎に削除できます。また「すべて削除」で全削除できます。

▼ファイル履歴
ファイル履歴


この資料の内容は予告なしに変更されることがあります。
いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。
この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。
Copyright© MEGASOFT Inc.