メガソフト トップサポートLiquidLogicマニュアル > 正規表現のメタ文字一覧

LiquidLogic


マニュアル


正規表現のメタ文字一覧

検索オプションの「正規表現」をONにした時に使用できるメタ文字の一覧です。
正規表現はPerl互換タイプです。

正規表現を利用した検索、置換のサンプルはこちら


■検索文字列で使用できるメタ文字

メタ文字 説明 使用例と結果
(?i) 以降の英字の大文字・小文字を同一視する 使用例:(?i)abc
→結果:abc、ABC、AbC などにヒット
(?-i) 以降の英字の大文字・小文字を区別する 使用例:(?-i)abc
→結果:abcのみにヒット
(~) ・パターンのグループ。 ネストは最大4重まで可
・置換の新文字列に引用する部分の指定(\1~での部分参照)
使用例:(AB)+
→結果:AB、ABABAB など
(?:~) パターンのグループ
~は、任意のパターン、ネストは最大4重まで可
使用例:A(?:AB|CD)
→結果:AAB、ACD にヒット
~|~ |の左右の文字列のいずれか。(~または~) 使用例:ABC|XYZ
→結果:ABC、XYZ にヒット
[~] ~のいずれか1文字 使用例1:[ABC]
→ 結果:A、B、C のいずれかにヒット
使用例2:[A-G]
→ 結果:A、B、C、D、E、F、G のいずれかにヒット
[^~] ~に含まれない1文字 使用例1:[^ABC]
→ 結果:A、B、C 以外のいずれかにヒット
使用例2:[^A-G]
→ 結果:A、B、C、D、E、F、G 以外のいずれかにヒット
. 任意の1文字 使用例:A.C
→結果:ABC、A1C、AあC など
* 直前のパターンの0回以上繰り返し(最長一致) 使用例:ABC* ※Cを0~回繰り返し
→結果:AB、ABC、ABCCCCCC など
+ 直前のパターンの1回以上繰り返し(最長一致) 使用例:ABC+ ※Cを1回以上繰り返し
→結果:ABC、ABCCCCCC など
? 直前のパターンの0~1回繰り返し(最長一致) 使用例:ABC? ※Cを0~1回繰り返し
→結果:AB、ABC
*? 直前のパターンの0回以上繰り返し(最短一致) 使用例:ABC*?
→結果:AB
+? 直前のパターンの1回以上繰り返し(最短一致) 使用例:ABC+?
→結果:ABC
?? 直前のパターンの0~1回繰り返し(最短一致) 使用例:ABC??
→結果:AB
{min,max} 直前のパターンのmin回からmax回繰り返し(最長一致)
※指定できる繰り返し回数は、0~2,000。ただし、min=max=0のとき、min>maxのときは、指定値エラーとなります。
使用例:ABC{3,5} ※Cを3回~5回繰り返し
→結果:ABCCC、ABCCCC、ABCCCCC
{min,} 直前のパターンのmin回以上繰り返し(最長一致) 使用例:ABC{3,} ※Cを3回以上繰り返し
→結果:ABCCC、ABCCCC、ABCCCCC など
{num} 直前のパターンのnum回繰り返し
※指定できる繰り返し回数は、1~2,000
使用例:ABC{3} ※Cを3回繰り返し
→結果:ABCCC
{min,max}? 直前のパターンのmin回からmax回繰り返し(最短一致)
※指定できる繰り返し回数は、0~2,000。ただし、min=max=0のとき、min>maxのときは、指定値エラーとなります。
使用例:ABC{3,5}?
→結果:ABCCC
{min,}? 直前のパターンのmin回以上繰り返し(最短一致) 使用例:ABC{3,}?
→結果:ABCCC
{num}? 直前のパターンのnum回繰り返し
※指定できる繰り返し回数は、1~2,000
使用例:ABC{3}?
→結果:ABCCC
^ 論理行頭  
$ 論理行末  
\n LF改行(制御コード 0x0a)
※CR+LF改行(制御コード 0x0d+0x0a)にもヒットする。
 ただし直前に文字がある指定(例:ABC\n)をした場合を除く。
 そのような場合を含めCR+LF改行だけを指定をする場合は \r\n と記述する。
 
\t タブ文字( 制御コード 0x09)  
\s 空白文字(半角スペース、\t、\n、\r、\f)すべて  
\S 空白文字(半角スペース、\t、\n、\r、\f)以外すべて  
\xnn シフトJISの文字コードで指定(0~2桁の16進数) 使用例:\x41
→結果:A
\x{nnnn} Unicode(UCS-2)の文字コードで指定(0~4桁の16進数) 使用例:\x{0041}
→結果:A
\b 語の区切り位置  
\B 語の区切り位置以外  
\d すべての数字  
\D 数字以外すべて  
\w すべての英数字とアンダースコア(単語に使用される任意の文字)  
\W 英数字とアンダースコア以外すべて  
\l 英小文字すべて  
\L 英小文字以外すべて(英大文字、数字、日本語文字などすべて)  
\u 英大文字すべて  
\U 英大文字以外すべて(英小文字、数字、日本語文字などすべて)  
\ 直後のメタ文字をエスケープする
(直後の文字を正規表現の記号(メタ文字)として扱わないことを指定)
使用例:\\
→結果:文字の「\」にヒット
\a アラーム( 制御コード 0x07)  
\c# 対応するコントロール文字
※#はA-Zの半角英字のみ指定可。
使用例:\cV
→結果:Ctrl-Vにヒット
\e エスケープ( 制御コード 0x1b)  
\f 改ページ( 制御コード 0x0c)  
\r リターン、CR改行(制御コード 0x0d)
※CR+LF改行(制御コード 0x0d+0x0a)にもヒットする。
 ただし直後に文字がある指定(例:\rABC)をした場合を除く。
 そのような場合を含めCR+LF改行だけを指定をする場合は \r\n と記述する。
 
\v 垂直タブ( 制御コード 0x0b)  
\Q~\E ~部分に含まれるメタ文字をメタ文字として解釈しない
(「\」でエスケープしなくてよい)
使用例:\QC:\Program Files\ABC\E
→結果:「C:\Program Files\ABC」にヒット
(?=~) 先読み肯定グループ
一致した場所の後方の文字列が~だった場合にだけ一致する
使用例:ABC(?=1|2)
→結果:ABC1、ABC2 のABC部分にヒット
(?!~) 先読み否定グループ
一致した場所の後方の文字列が~ではない場合にだけ一致する
使用例:ABC(?!1|2)
→結果:ABC1、ABC2 以外のABC部分にヒット
(?<=~) 後読み肯定グループ
一致した場所の前方の文字列が~だった場合にだけ一致する
使用例:(?<=1|2)ABC
→結果:1ABC、2ABC のABC部分にヒット
(?<!~) 後読み否定グループ
一致した場所の前方の文字列が~ではない場合にだけ一致する
使用例:(?<!1|2)LIQUID
→結果:1ABC、2ABC 以外のABC部分にヒット


■置換字列で使用できるメタ文字

メタ文字 置換文字列
\n 改行文字
※[Enter]キーで入力される改行文字になります。
\t タブ文字(ハードタブ)
\s 半角スペース
\0 見つけた文字列全体
\N N番目の(と)で囲まれた検索パターンと一致した文字列(部分文字列)。Nは1~9のいずれか。
\# 見つけた文字列の論理行番号を表す半角の10進文字列
\$ 何番目の置換文字列かを表す半角の10進文字列($は半角文字)
\$ 何番目の置換文字列かを表す全角の10進文字列($は全角文字)
\ 直後のメタ文字をエスケープする
(直後の文字を正規表現の記号(メタ文字)として扱わないことを指定)


この資料の内容は予告なしに変更されることがあります。
いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。
この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。
Copyright© MEGASOFT Inc.