一級建築士に聞いた ケース別間取りプラン
一級建築士に聞いた ケース別間取りプラン

ウイルスを持ち込ませない間取り 平屋の間取り(90坪前後)

ウイルス感染を考えた設備と換気に配慮した間取り

コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどウイルスを持ち込まないように、すぐに手洗いができたり、お風呂に入れるようにしたいです。
家の換気をスムーズに行いたいです。
もし、かかってしまったとしても、他の家族との接触を最低限に抑えながら仕事や生活ができるような間取りをお願いします。

今後もどのようなウイルスが流行するか分からないですし、共存することが必要な時代ですね。そんなウイルス対策ができる間取りを考えました。

ウイルスを持ち込ませない間取り 外観パース
家族構成 4人家族
【夫婦(40代)】+【子供3人(9歳・5歳・2歳)】
土地面積 291.45m2(88.3 坪)
前面道路公道5.4m、北向き
東京都23区内私鉄駅より徒歩7分静閑な住宅街
用途地域:第1種低層住居専用地域
詳しい用途地域の説明はこちら
建蔽率:50%/容積率:150% 準防火地域
最高高さ限度:10m  第1種高度地区
日影規制:5mを超える範囲:3時間以上、10mを超える範囲:2時間以上 測定水平面:1.5m
建築条件なし
予算 約2,000万円

ウイルスを持ち込ませない間取り


建築士による平屋の間取り解説

玄関に入る前に手洗いができるように玄関脇に洗面台を設けました。 風通しを考慮し、個人室は縦すべり出し窓で風がよく入るようにリビングから玄関までを開放して換気ができるよう工夫しました。
書斎をテレワークスペースと考え、生活の音が極力伝わらないようにしました。
家族が病気になった際、他の家族にうつらないように書斎に水廻りを設け、独立して生活ができるようにしました。


3Dで平屋の内部をチェック!


ウォークスルーで狭小住宅の間取りの内部をチェック


平屋の間取りに関する質問と回答

 

内装材や家具などでウィルスや菌がつきにくいもの、掃除のしやすい 仕上げ材でオススメはどのようなものでしょうか。

各メーカーで抗ウィルス対策の建材がありますが、無垢材の建材をオススメします。
また、ウィルス・菌対策において建材の選定もひとつと考えますが換気が重要と考えています。

浴室とは別にシャワールーム、トイレを2ヶ所、洗濯機を2ヶ所、玄関脇の手洗機を設置するためには、いくら費用がかかっているのでしょうか

概算で100万程度です。また今回の設計では、水廻りを集中させて配管コストを抑えるように計画しました。

これなら生活圏にウイルスも入ってこれなさそうですね。
かかった人もきっちり分けて生活できるのも安心できます。
素敵な間取りをありがとうございます!

建築士:Koiguchi 一級建築士事務所 代表取締役 小井口英寿

自分たちでも自由に間取りを作成してみたい!
そんな時は3Dマイホームデザイナーがおすすめです。


詳しくはこちら