一級建築士に聞いた ケース別間取りプラン
一級建築士に聞いた ケース別間取りプラン

子育てしやすい間取りプラン(40坪前後)

セカンドリビングで友達と自由に遊べる間取り

家事と子育てどちらにも優しい家だと嬉しいです。
キッチンから子供たちの様子や、勉強している姿を見守りたいです。
あとは、友達と遊ぶ事が大好きなので、友達を家に呼んでも遊べるスペースが欲しいです。

お友達と遊べるスペースがあると、お子さんも安心してお家に呼べるので嬉しいですね。
子育てに家の利便性はとても重要になるので、そこもきちんと考えた間取りにしました。

子育てしやすい間取りプラン 外観パース
家族構成 4人家族
【夫婦(30代)】+【子供2人(6歳・3歳)】
土地面積 134.56 m2(40.7 坪)
前面道路公道4.1m、東向き
私鉄沿線、駅より徒歩5分 静かな環境
用途地域:第1種低層住居専用地域
詳しい用途地域の説明はこちら
建蔽率:40%/容積率:80% 準防火地域
最高高さ限度:10m  第1種高度地区
日影規制:5mを超える範囲:3時間以上、10mを超える範囲:2時間以上 測定水平面:1.5m
建築条件なし
予算 約3,000万円

子育てしやすい間取り

建築士による子育てしやすい間取り解説

キッチンから調理中に子供の様子が確認できるように、リビング・ダイニングのつながりを考慮しました。
子供が思い切り遊べるように1階はTV・ソファーを南側配置し、3歳のお子さんが目の届くところで遊べるスペースを確保し、また、階段下に将来スタディスペースを設けられるように階段の配置を考慮しました。
洗面室はランドリースペースに、衣類や子供のシューズが洗えるように専用の流し台を設けました。 玄関クロークはシューズ以外にベビーカーや子供が外で遊ぶ遊具も置けるように広くスペースを確保しました。
子供の送迎で、玄関からなるべく近くで車の乗り降りが出来るように考慮しました。 また、前面道路が4mなので、駐車の際に車を切り返ししなくてもいいように縦列駐車としました。

子育てしやすい間取り

6歳のお子さんが友達を連れてきても遊べるスペースとして2階のセカンドリビングを配置。
子供部屋は将来仕切り、2部屋にできるようにしました。


3Dで子育てしやすい間取りの内部をチェック


ウォークスルーで子育てしやすい間取りの内部をチェック


子育てしやすい間取りに関する質問と回答

 

カーポートをつけるとしたら、どのようなものがオススメで、費用などはどのくらいかかるでしょうか。
また、カーポートを設置するメリット・デメリットについて簡単に教えていただきたいです。

カーポートですが、片流れタイプをご提案致します。
費用は、25万程度です。
カーポートは建築面積に含まれますので、マイホーム検討の最初の段階で相談しておくことをお勧めします。 ちなみに現在のプランですと建蔽率オーバーとなりますので設置できないので、プランを練り直さないといけません。

メリットですが、
・雨の際、雨に濡れずに車の乗り降りができること
冬のフロントガラスの凍結、夏の熱線による駐車時の社内の温度上昇を軽減すること
が可能です。

デメリットは、
・カーポートの高さにより車が限定されてしまうこと
強風により屋根部材が破損する可能性があること
雪の重さにより耐荷重以上になるとカーポートが倒壊する可能性があります。

建物を建てる時のルールなど知らないことばかりです。とても勉強になりました。
また、子育てに便利な導線や収納もよく考えてくださり、ありがとうございました!

建築士:Koiguchi 一級建築士事務所 代表取締役 小井口英寿

自分たちでも自由に間取りを作成してみたい!
そんな時は3Dマイホームデザイナーがおすすめです。


詳しくはこちら