一級建築士に聞いた ケース別間取りプラン
一級建築士に聞いた ケース別間取りプラン

犬と暮らす間取り(90坪前後)  

雨の日でも大丈夫!家の中も外も走り回れる間取り

ドッグランはもちろんですが、ワンちゃんが外に散歩に出れない時でも、家の中で運動ができたらいいですね。
家族とワンちゃんが交流できるように、リビングの一角にドッグスペースをとって欲しいのですが、キッチンは危険なので入れないように工夫して欲しいです。
散歩帰りにすぐ洗えたり、道具を片付けられるような玄関が理想です。

走り周れないのはワンちゃんもストレスを感じてしまいますよね。
ワンちゃんと家族が心地よく過ごせる、そんな間取りを考えました。

犬と暮らす間取りプラン 外観パース
家族構成 3人家族
【夫婦(40代)】+【子供1人(5歳)】+【飼い犬2匹 保護犬 ミックス 中型犬(1歳)(3歳)】
土地面積 291.45m2(88.3 坪)
前面道路公道5m、西向き
東京都23区内私鉄駅より徒歩7分 静閑な住宅街
用途地域:第1種低層住居専用地域
詳しい用途地域の説明はこちら
建蔽率:50%/容積率:150% 準防火地域
最高高さ限度:10m  第1種高度地区
日影規制:5mを超える範囲:3時間以上、10mを超える範囲:2時間以上 測定水平面:1.5m
建築条件なし
予算 約1,900万円

犬と暮らす間取り


3Dで平屋の内部をチェック!


ウォークスルーで狭小住宅の間取りの内部をチェック


平屋の間取りに関する質問と回答

吠えによる近隣トラブルを避けるためにはどうすればいいですか。

両隣の外壁面は小さな窓しか設けていないので、無駄吠えは届きにくくしています。
特に吠えが気になる場合は壁や天井に吸音効果の高い素材を使うと防音効果が高まります。

外壁の窓

 

部屋の中が汚れたり傷が付かないようにする方法はありますか。

中型犬2匹の性別はわかりませんが、オスの場合はマーキングする恐れがあります。
トイレの腰壁は床から700㎜とし、汚れても拭き取れるFRP防水仕上げにします。においが気になる場合は、腰壁より上の壁にエコカラットや珪藻土などの消臭効果のあるクロスなどを選ぶとよいです。
ワックス仕上げのコルクやクッションフロアは滑りにくいですが、遊びまわるスペースのみ、取替のきくタイルカーペットなどで対応されると良いと思います。フローリング材はペット用の滑りづらくかつ汚れにも強い床材もあります。

トイレの腰壁

この間取りなら家の中でも十分に走りまわれそうですね。
玄関にある手洗い場など、細かなところまで快適に過ごせる工夫が嬉しいです。
ステキな間取りをありがとうございました!

建築士:フジモトミユキ設計室 藤本美由紀

自分たちでも自由に間取りを作成してみたい!
そんな時は3Dマイホームデザイナーがおすすめです。


詳しくはこちら