一級建築士に聞いた ケース別間取りプラン
一級建築士に聞いた ケース別間取りプラン

子育てしやすい間取りプラン(40坪前後)

広い庭でのびのびと子供たちが遊べる間取り

家事をしながらも、子供とコミュニケーションを取ったり、勉強している所を見守れる家がいいです。
子供たちが外で遊ぶ事が好きなので、大きめの庭も欲しいですね。

勉強している所を見守ってもらえるのはお子さん達も安心しますね。
庭で遊んだりコミュニケーションをしっかり取れる家にしました。

子育てしやすい間取りプラン 外観パース
家族構成 4人家族
【夫婦(30代)】+【子供2人(6歳・3歳)】
土地面積 134.56 m2(40.7 坪)
前面道路公道4.1m、東向き
私鉄沿線、駅より徒歩5分 静かな環境
用途地域:第1種低層住居専用地域
詳しい用途地域の説明はこちら
建蔽率:40%/容積率:80% 準防火地域
最高高さ限度:10m  第1種高度地区
日影規制:5mを超える範囲:3時間以上、10mを超える範囲:2時間以上 測定水平面:1.5m
建築条件なし
予算 約3,000万円

子育てしやすい間取り

建築士による子育てしやすい間取り解説

東面は道路が接道しているから、建物が建つことはありません。
また、1階では南面及び東面に目かくし塀を設置した上で、浴室を大胆に南面に配置し、子供たちがデッキで水浴びをしたり、外で遊んだあとにダイレクトにシャワーを浴びることができるように、浴室から出入りができるドアを設置しました。
1階南は南隣地とのスペースが期待できそうにないので、高めの目かくし塀をたて内庭をつくり、浴室から自由に出入りできる間取りになっています。

子育てしやすい間取り

敷地が狭いのと、東道路に接していることから2階東面の開口を大きくしています。
朝日が降り注ぐ明るいリビングに直接子供室を接続。
しばらくはリビング⇔子供室は一体としてつかい、成長したら間仕切り壁を立てる予定です。


3Dで子育てしやすい間取りの内部をチェック


ウォークスルーで子育てしやすい間取りの内部をチェック


子育てしやすい間取りに関する質問と回答

 

2階の子供部屋を将来仕切る場合ですが、費用や工事の大きさなどを教えてください。

間仕切り壁と、出入口を二箇所となります。費用は約50万円程度です。

家の周りやデッキなどにふんだんに材木が使用されていますが、耐久性について教えてください。
また、材木の種類などで適しているものなどがあれば教えてください。

現在構造材はヒノキで考えております。5年から10年毎に防腐塗装が必要ですが、庇を910㎜だしています。
雨の掛かりは少ないので、耐用年数は50年以上だと考えています。
デッキは、イペ・セランガンバツ・マニルカラ等の耐久性と強度の高いもので考えています。

庭で遊んだ後、直接お風呂に行けるのがとても魅力的ですね。
光も沢山入りそうなので明るい家になりそうです。
子育ての事をよく考えてくださり、ありがとうございました!

建築士: 円銘建設株式会社 代表取締役 加藤剛嗣

自分たちでも自由に間取りを作成してみたい!
そんな時は3Dマイホームデザイナーがおすすめです。


詳しくはこちら