河村容治のインテリアコラム 今から学ぶ、インテリアコーディネート・トレーニング

第26回 リフォームの実例 SH邸(1)与条件の整理

ここでは、リフォームの基本計画、実施設計、発注、工事監理の経過を実際の業務を通して紹介します。
神奈川県にある築 25 年のマンションの一住戸。玄関が中央にあり、南北2面がバルコニーになっています。
南側にリビング・ダイニングと和室、中央に水廻り、北側に寝室と洋室があります。25 年経っているため、設備機器も古くなってきており、周りでもリフォームをする住戸が多かったようです。
まず、リフォームをするにあたっての条件を確認します。

家族構成

  • 夫婦:夫(50 代)会社役員、妻(50 代)専業主婦、
  • 子供:長男(30 代)独立して別居、次男(30 代)同居中(今のところ独立の予定はない)。

現況

  • 玄関・廊下、和室・和室押入、キッチン、リビングの問題点を画像を使用し、説明している

    間取り

クライアントからの要望

・ キッチンのコンロが壊れたため、システムキッチンを新しくしたい。
・ 和室とリビングをつなげて、広いリビング・ダイニングとして利用したい。
・ 頻繁にはないが、来客時にリビング・ダイニングを間仕切り、一つの部屋として使用できるようにしたい。
・ 全体に物を雑然させず、すっきりとさせたい。
・ 今とは印象ががらりと変わるようにリフォームしたい。
・ モダンなインテリアにしたい。
・ 給水給湯の配管をすべて新規に変更してほしい。
・ 寝室・洋室(子供部屋)・洗面・トイレは、壁紙等、内装の変更のみでよい。

既存の家具で利用したい主なもの

  • 洗濯機
  • 食器棚
  • 大型テレビ/スピーカーシステム
  • ソファ

  • 利用したい家具4つ

    利用したい家具

3DインテリアデザイナーNeo3

作者プロフィール

河村容治(かわむらようじ)

東京都市大学 都市生活学部教授 博士(美術)、一級建築士、日本インテリア学会理事 CAD/CGによるインテリアデザイン教育に力を注ぐ

主な著書

「インテリアデザイナーNeoによる 一歩先行くインテリアプレゼンテーションテクニック」(共著・メガソフト)「3DマイホームデザイナーPROで学ぶインテリアコーディネートトレーニングブック」(BNN)/「3Dインテリアデザイナーによるインテリアコーディネート入門」(技術評論社)など多数

バックナンバー