3DオフィスデザイナーPRO4 新製品発表会レポート

2012年7月、「3DオフィスデザイナーPRO4 新製品発表会」を東京と大阪の2会場で開催しました。

会場には新しい「3DオフィスデザイナーPRO4」に期待を寄せる多くのオフィスデザイナーユーザーや新規導入検討者、報道関係の方々にお集まりいただきました。

発表会の様子

発表会

発表会は、弊社代表取締役 井町による「3Dオフィスデザイナーの歴史と製品コンセプト」についての話からスタート。

約3年ぶりのバージョンアップということで参加者の期待が高まると、いよいよビジネス製品部 堀井より新機能のプレゼンテーションが行われ、実際の操作画面がスクリーンに映し出されると、参加者の中には身を乗り出してご覧になっている方もおられました。

来場者のみなさんに聞いた新機能でよかったと感じた機能ベスト3

→その他の新機能・バージョンアップポイントを見る

製品体験会

製品体験会では、3DオフィスデザイナーPRO4がインストールされたパソコンを参加者の方々に自由に触っていただき、開発者や営業スタッフが操作方法などをサポートして、貴重なご意見や感謝のお言葉をたくさんいただきました。

会場には3Dプレイスを体験できるタブレットや3Dテレビも設置してあり、普段見慣れないオフィスの3D映像に驚かれている方もいらっしゃいました。

来場者のみなさんからのオフィスデザイナーへの要望、それできます!!

吸着のパターン吸着がなかなかうまくいかないんです。

吸着には6パターンあります。
PRO4で追加になった「壁面線上吸着」を使えば、斜めの壁にもびしっと配置が可能。
必要に応じて、ツールバーで切り替えて使ってください。


iPadやスマートフォンで使えます?

3Dプレイス3Dプレイス」にオフィスデザイナーのデータをアップすると、iPadやスマートフォンでオフィスプランを3Dで見ることができます。閲覧に使うアプリは無料なので、客先で営業マンが提案するのに使ったりもできます。
また、フロアマップ(平面図)を社内みんなで共有したり、機器・設備の検索などに使いたい場合は、「Flomage」(今秋発売予定)をおすすめします。Webブラウザがあれば閲覧でき、他のシステムとの連係も可能。
3DオフィスデザイナーPRO4に体験機能が付いているので、一度お試しください。

間仕切り(パーティション)のバリエーションを増やしたいです。取っ手のデザインとかできます?

オリジナルの間仕切りをデザインできる「パーティション作成ウィザード」では、サイズ、色・テクスチャ、パネル段数の指定はもちろん、R形状やドア付きの間仕切りにも対応。
ドア付きの場合は開き方(片開き/親子/両開き)、取っ手のデザイン(ドアノブ/レバーハンドル/ドアハンドル)や窓の有無が選択可能です。
収録パーツに思ったような間仕切りがないときは、ぜひこちらで作ってください。

備品の写真画像やイラスト素材を図面に配置できますか?

画像ファイルが読み込めるので、図面枠に会社ロゴを入れたり、平面図に商品写真を貼り付けたりできます。
一般的な画像ファイル(.jpg/.gif/.bmp/.png など)はもちろん、クリップアート(.wmf)なども読み込めます。

製品体験会の様子

おまけ

新製品発表会にお越しいただいた方にお渡しして好評だったオフィスデザイナーの「よく使うショートカットキー一覧」。
これで作業時間が半分になるかも?!印刷して、パソコンの近くに置いてお使いください。

ダウンロード

パッケージソフトを開発・販売しているメガソフトでは、普段なかなかエンドユーザー様と直接お会いする機会は少ないので、今回の新製品発表会で沢山のユーザー様にご参加いただけたことに大変感謝しております。
これからもメガソフト製品共々、どうぞよろしくお願いいたします。

メガソフト スタッフ一同


このページのトップへ

このページのトップへ