オフィスレイアウトの3Dオフィスデザイナーシリーズ

オフィスレイアウトノウハウ集

■オフィスレイアウトの基本的なワークステーションパターン

オフィスにおける、机や椅子の一般的なレイアウト例を掲載しています。
オフィスの目的にあったレイアウトを見つけてください。

1対向式

オフィスレイアウト見本(対向式)

グループ単位にまとまり、コミュニケーションがとりやすいオフィスレイアウト。

2ベンゼン式

オフィスレイアウト見本(ベンゼン式)

個人の集中思考作業とグループのコミュニケーションを両立させたオフィスレイアウト。


3スタッグ式

オフィスレイアウト見本(スタッグ式)

機能的で収納効率もよく、動線が明快なオフィスレイアウト。

4フリーアドレス式

オフィスレイアウト見本(フリーアドレス式)

デスクの効率的利用をはかり、コミュニケーションがとりやすいオフィスレイアウト。


5同向式

オフィスレイアウト見本(同向式)

視線が対向せず、導線が明確になるオフィスレイアウト。

6リンク式

オフィスレイアウト見本(リンク式)

プライバシーの確保とコミュニケーションのしやすさを両立させたオフィスレイアウト。


7ブース式

オフィスレイアウト見本(ブース式)

パネルにより区切られ集中思考作業に適したオフィスレイアウト。


■動作に必要な空間の目安

オフィスで人が快適に動ける空間例を掲載しています。
「配置してみたが、人がゆとりをもって通れなかった…」ということにならないよう、備品のレイアウトと合わせて検討しましょう。


壁と机の空間

  • オフィスレイアウト例(壁と机1)
  • オフィスレイアウト例(壁と机2)
  • オフィスレイアウト例(壁と机3)

机と机の空間

  • オフィスレイアウト例(机と机1)
  • オフィスレイアウト例(机と机2)
  • オフィスレイアウト例(机と机3)
  • オフィスレイアウト例(机と机4)
  • オフィスレイアウト例(机と机5)

机とファイリングキャビネットの空間

  • オフィスレイアウト例(机とキャビネット1)
  • オフィスレイアウト例(机とキャビネット2)
  • オフィスレイアウト例(机とキャビネット3)
  • オフィスレイアウト例(机とキャビネット4)
  • オフィスレイアウト例(机とキャビネット5)

上記のようなオフィスレイアウト検討が簡単にできる「3Dオフィスデザイナーシリーズ」


このページのトップへ