メガソフト トップ > サポート > clusterで見る(準備編)

よくあるご質問

clusterで見る(準備編)

詳細

アップロードする為の環境を用意する。

操作方法

① clusterのアカウントを作成する

CSp_image01

  1. 以下のWEBページ右上の[ ログイン /新規登録 ] をクリック。

    https://cluster.mu/

    Twitter、Facebook、Google など対象のアカウントと連携して登録。

    ログインします。

 

② 「Unity」をインストールする

3Dデザイナーで作成したファイルをclusterで見るにはゲームエンジン「Unity」が必要です。こちらではUnity Hubを使用してインストールをおこないます。2022年4月現在、clusterにアップロードする場合のUnityの対応バージョンは「unity 2019.4.22f1 」です。

CSp_image02

  1.  Unityのダウンロードページ。
    https://unity3d.com/jp/get-unity/download
    から「Unity Hubをダウンロード」をクリックしてインストール。
    「Unity Hub」を起動して「Sign in]をクリック。
    ※初めての方はアカウントを取得します。
    ログイン後、「Install Unity Editor」の画面右下にある[ Skip instalation ]をクリック。表示されているバージョンのインストールをスキップします。次の画面「Get Personal Edition License」の右下にある[ Skip License activation ]をクリック。

CSp_image03

  1. 「Unity Hub」を日本語化します。
    歯車マークの環境設定をクリックして、[ Appearance ]をクリック。
    「Language」から[ 日本語 ]を選択。
    日本語に変更されたら右上の[ ×印 ]でこの画面を閉じます。

CSp_image04

  1. Unity ダウンロード アーカイブのページ
    https://unity3d.com/jp/get-unity/download/archive
    からUnity2019.X を選択。表示されるバージョンから[Unity2019.4.22f1 ]の[ UnityHub ] ボタンをクリック。[ Unity Hub ] が起動します。
    以下の追加モジュールを確認の上、チェックを入れます。
    ■Windowsの場合
    ・Android Build Support
    ・iOS Build Support
    ・ Mac Build Support (Mono)
    ・日本語
    右下の[ インストール] をクリック。完了後、インストール画面に「Unity2019.4.22f1」が表示されます。

※「日本語」は下までスクロールすると表示されます。
※一番上にある「開発者ツール」の中の[Microsoft Visual Studio Community 2019] は不要であればチェックを外します。ここでは外します。

 

CSp_image05

  1. [ Unity Hub ] の右上にある [ ライセンスを管理 ] をクリックして表示される画面から [ライセンスを加える] をクリック。ここでは[ 無料のPersonalライセンスを取得 ] を選択します。

CSp_image06

  1. ライセンス取得後、[ プロジェクト ] 画面から右上の [ 新しいプロジェクト ]をクリック。表示される画面から[3D] を選択。プロジェクト名と保存先を入力して[ プロジェクトを作成 ] ボタンをクリック。Unityが開きます。

    「Unity Editor Update Check」が表示される場合は、[ Skip New version ]をクリックして閉じます。

 

③ clusterにアップロードするための環境を準備する

CSp_image07

  1. Unityを日本語メニューにします。
    メニューバーから [ Editor ] ⇒ [ Preference ] ⇒ [ Languages ] をクリックして[ 日本語 ] を選択。右上の×印でこの画面を閉じます。

    変更後、日本語化されていない場合はUnityを再起動します。

csP-9A

  1. Unityの画面上のメニューバーから[ 編集 ] ⇒ [ プロジェクト設定 ] をクリック。次に、ProjectSettingの画面から「PackageManager」を選択して、以下を入力後、[ 保存 ] ボタンをクリックして閉じます。
    Name : Cluster 
    URL :  https://registry.npmjs.com
    Scope(s) :  mu.cluster

CSp_image10

  1. メニューバーから [ ウィンドウ ] ⇒ [ Package Manager ] を選択。
    画面から [ Unity Registry ] ⇒ [ My Registries ] を選択。
    [ Cluster, Inc ] ⇒ [ Cluster Creators Kit ] を選択して [ Install ] ボタンをクリック。

CSp-11A

  1. もういちどメニューバーから [ 編集 ] ⇒ [ プロジェクト設定 ] をクリック。
    ProjectSettingの画面から [ Player ] ⇒ [ その他の設定 ] 内の”色空間”の設定を [ リニア ] に変更して閉じます。

    glbファイルをunityにインポートする為にプラグインを導入します。 以下のページにある [ UniGLTF-1.27.unitypackage ] をクリックしてダウンロード。
    https://github.com/ousttrue/UniGLTF/releases

CSp_image12

  1. Unityに戻り、メニューバーから[ アセット ] ⇒ [ パッケージをインポート ] ⇒ [ カスタムパッケージ ] をクリック。
    先ほどダウンロードした [ UniGLTF-1.27.unitypackage ] を選択して開き、[ Import Unity Package ] 画面の[ インポート ] をクリック。
CSp_image09
  1. インストール完了後、メニューバーに [ UniGLTF-1.27 ] と [ Cluster ] が追加されていることを確認します。

 

これで3Dデザイナーで作成したデータをインポートする準備が整いました。次のステップ『アップロード編』に進みましょう。
その他の機能や操作の詳細については、それぞれの製品ページをご覧ください。

調査依頼

各QAページをみても解決しない場合は調査依頼ボタンから、ご不明な点をお尋ねください。
※ご依頼いただく前にユーザー登録が必要です。

3Dアーキデザイナーシリーズ/3Dアーキデザイナー11 Professional

3DマイホームデザイナーPROシリーズ/3DマイホームデザイナーPRO10EX、3DマイホームデザイナーPRO10

3D医療施設デザイナーシリーズ/3D医療施設デザイナー11

3Dオフィスデザイナーシリーズ/3Dオフィスデザイナー11