メガソフト トップ > サポート > clusterで見る(アップロード編)

よくあるご質問

clusterで見る(アップロード編)

詳細

データを整えてアップロードする。

操作方法

① 3Dデザイナーで作成したファイルをglb形式にしてエクスポートする。

※エクスポートする前にパース図の画像を出力します。アップロードするデータのイメージ画像が後の操作で必要になります。
※広めの敷地を配置しましょう。後の操作で敷地を地面として設定します。
※自動的に建具の開閉動作は行われません。部屋のドアは開放しましょう。

建具を開いた状態にするには、3D画面から建具を選択して右クリックメニューの[ 建具を開閉する(動作途中で止める)] をクリック。スライダーを右に寄せて 建具を開き[ 設定 ] ボタンをクリック。

※データが重いとUnityへのインポートやclusterへのアップロード、動作速度にも影響します。公開するデータは予め、軽くしておきましょう。
glbのインポート、clusterへのアップロードはデータによって10分程度、またはそれ以上時間がかかる場合があります。
Hb_image01 お使いの環境により異なりますが、参考までに右図程度の間取りの家のアップロードを確認しています。また、パーツの配置数を最小限にしてポリゴン数、テクスチャ数の削減を意識します。

1. 作成完了後、3D画面から[ ファイル ] ⇒ [ エクスポート ] ⇒ [ glTF/glb ] をクリック。
2. ファイル名を入力して、ファイルの種類を [ GLB(glb) ] にして保存。

 

② glbファイルをUnityにインポートしてアップロード用に整える。

csU-01A

  1.  Unityを開いて、メニューバーから [ UniGLTF-1.27 ] ⇒ [ インポート ] をクリック。3Dデザイナーで作成したglbファイルを選択して保存。
    インポート完了後、下のプロジェクトに追加されます。

  1. アップロードに必要な3つのコンポーネント(Despawn Height,Spawn Point,Collider)を設定します。3つの役割の詳細はclusterのサイトをご覧ください。
    ■Despawn Height (プレイヤーが消滅する高さ)
    メニューバーの [ ゲームオブジェクト ] ⇒ [ 空のオブジェクトを作成 ] をクリック。右の [ インスペクター ] の [ コンポーネントを追加 ] をクリックして検索欄に [ Despawn Height ] と入力。検索の下に表示される [ Despawn Height ] を選択。

  1. 緑の平面がシーンに表示されます。プレイヤーが消滅する高さを設定。ここでは”位置”の[ Y ] を「ー5」と入力。

    ※作成した”空のオブジェクト”は左上の[ ヒエラルキー ] に「 GameObject 」と表示されます。わかりやすい名前に変更しておきましょう。ここでは「Despawn Height」に変更。

  1. ■Spawn Point (プレイヤーの出現地点)
    「②-2」と同じようにメニューバーの [ ゲームオブジェクト ] ⇒ [ 空のオブジェクトを作成 ] をクリック。右の [ インスペクタ ] の [ コンポーネントを追加 ] をクリック。検索欄に「Spawn Point」と入力して検索の下に表示される [ Spawn Point ] を選択。
    赤い線は出現時のプレイヤーの方向です。こちらも名前を変更します。ここでは「Spawn Point」に変更。

csU_2-5

  1. 画面下の [ プロジェクト ] の 「Assets」から、インポートしたglbファイルをシーンにドラッグ&ドロップして配置。右の [ インスペクター ] の”位置”XYZに「0」と入力

csU_2-5s

  1. 「②-4」で設定した「Spawn Point」の位置を移動します。左上の[ ヒエラルキー ]から「Spawn Point」を選択。ここでは敷地の上に配置。

    ※赤、青、緑の矢印をそれぞれドラッグすると移動します。

  1. ■Collider (当たり判定)
    プレイヤーが敷地や床、階段をすり抜けないように「Collider」を設定します。ここでは敷地を地面にする為、敷地(側面を含む)を選択して、右の[ インスペクタ ] の[ コンポーネントを追加 ] をクリック。検索欄に「Collider」と入力して、箱型の当たり判定をする [ ボックスコライダー ] 選択。

  1. 階段の場合は、形状に合わせてコライダーを生成する [ メッシュコライダー ] を選択。その他、床や壁など必要に応じてコライダーを設定します。

    ※家の中に視点を移動させるには、画面左上のハンドツールやキーボードの矢印キーを使います。回転はマウスの右をドラッグします。

 

③ clusterにアップロードする

  1.  アップロードをする前に、ヒエラルキーから「MainCamera」を選択して右クリックメニューの[ 削除 ] をクリック。clusterにMainCameraは配置できません。

  1. 「cluster」のWEBサイトから「APIアクセストークン」を取得します。

    [ マイワールド ] ⇒ [ アクセストークン ] ⇒ Creator Kit トークンの [ トークンを作成 ] をクリックして表示されるトークンをコピー。Unityに戻ります。

6-2A

  1. メニューバーから [ Cluster ] ⇒ [ ワールドアップロード ] をクリック。
    「③-1」でコピーしたトークンを貼り付けて [ このトークンを使用 ] をクリック。次に[ 新規作成 ] をクリック。
    ワールドの画像 (出力したパース図を指定します)、ワールド名、ワールドの説明を設定して[ (ワールド名)としてアップロードする ] をクリック。続いて[ アップロード] ボタンをクリック。アップロードが開始されます。
    アップロードが成功すると、「Success」が表示されます。[ ワールド管理ページを開く] をクリック。cluster の「マイワールド 」 のページがブラウザ上に表示され、アップロードしたワールドを確認できます。

 

④ clusterで見る

_csU-10

  1.  「マイワールド」のページから、[ ワールドに入る ] をクリック。
    ★はじめての方は
    PCでワールドに入るには専用のアプリが必要です。[cluster for windowsをダウンロード ] ボタンをクリック。ダウンロードしてインストールした後、[ clusterを起動 ] ボタンをクリック。

  1. [ clusterを起動 ] ボタンをクリック後、clusterが起動します。「ログイン」をクリック。
    登録したアカウントを選択してログイン。
    アバターを選択して「DeskTopで入る」ボタンをクリック。
    しばらくするとアップロードした空間に入室できます。

  1. 移動は、キーボードの 矢印キー またはW、A、S、D キー 。
    回転はマウスの左ボタン。
    ジャンプは、スペースキーを使用します。

    ※アップロードしたデータを一般公開する場合は、[ マイワールド ] のページからメールアドレスの認証をおこなってください。

 

その他の機能や操作の詳細については、それぞれの製品ページをご覧ください。

調査依頼

各QAページをみても解決しない場合は調査依頼ボタンから、ご不明な点をお尋ねください。
※ご依頼いただく前にユーザー登録が必要です。

3Dアーキデザイナーシリーズ/3Dアーキデザイナー11 Professional

3DマイホームデザイナーPROシリーズ/3DマイホームデザイナーPRO10EX、3DマイホームデザイナーPRO10

3D医療施設デザイナーシリーズ/3D医療施設デザイナー11

3Dオフィスデザイナーシリーズ/3Dオフィスデザイナー11