導入事例・インタビューIntroduction & Interview

vol.001モデルハウスのコーディネート

石川克友さ

vol.001 石川克友 氏

global design(グローバル デザイン)

埼玉県川口市 

スピードが要求される案件でも、充実した資料で提案が出来ます。

これまでハウスメーカーのインテリアコーディネーターとして600棟以上の住宅のインテリアコーディネートに携わってきた石川さん。
モデルハウスのプランニングも積極的に企画し、照明デザインのコンクールでインテリアコーディネーター賞を受賞。
その後、独立しインテリアデザイン事務所「global design」を立ち上げました。
仕事の幅も広く、個人邸からモデルハウスまで毎月50件以上。プランニングでは、あらゆる段階で3Dパースを活用されています。

導入効果Conversion

  • 納期が短い案件でも効率的にイメージ共有が可能に。
  • 3Dパースで細部の提案も容易になった。
  • 施工現場への指示やイメージ共有が出来るようになった。

活用インタビュー

弊社では、個人邸からモデルハウスまで毎月50件以上の案件をコーディネートしています。
すべての提案に3Dパースソフトを使っていますが、特にモデルハウスプランニングのあらゆる段階で3Dパースが役に立っています。
モデルハウスは、私を含め携わる人間はすべて建築のプロです。しかし、プロとはいえイメージの共有は口頭や図面だけでは認識の違いが生まれる原因になります。
空間デザインの確認は、インテリアデザイナーNeoシリーズを用い、3Dパースでイメージ共有・提案のブラッシュアップを行っています。

全体の空間デザインをホワイトモデル化し、モデルハウスの見せ場を検討

9541df076920a475901149dc74aadfe4

初回の打ち合わせは、ハウスメーカー側がある程度ゾーニングを決めた段階で行います。この時点で携わるメンバーは、メーカーの営業マンと設計担当者、そして私の三人です。モデルハウスが個人邸と違うところは、「見せ場」を作ることですね。お客様に驚きと夢を持っていただくことがモデルハウスの役割の一つですから。
なので、メーカーのゾーニングプランをもとに、3Dパースソフトで検討用の空間を作ることも少なくありません。インテリアデザイナーNeoは手早く間取りプランを作成できるのがいいですね。
この段階ではラフな状態ですが、ウォークスルーで室内を移動してみて、動線や空間の広がりをチェックするのに役立っています。

3Dパースを基にイメージとのギャップを改善

たとえば、外観のアクセントとして配置した窓が、室内デザイン側でどうも収まりが悪い、ということがあります。そういった場面でも3Dパースなら施工前に気付くことができ、すぐに改善を行うことが出来ます。

a5734894125e785977044854b9fa3b09
6f01963b83afef1e5c1c86932f28c63f

現場での細かな仕様の指示にも3Dパースを活用

8eb75ee11a6aa633f7087731022341d11

プランを完成させたら着工になりますが、現場がスタートしても3Dパースはまだまだ役に立つんです。
現場では大工さんが図面をもとに施工をしていくんですが、ベテランの大工さんといえども2次元の図面だけではわかりにくい部分があります。
そんな造作の収まりなども図面と一緒に3Dパースを見てもらうと、「あっ、分かった!こんな感じなんだね」って理解してもらえるんです。

販促用のチラシにも3Dパースを使用

44a2eb1e68bacb28761247b87f092bf2
a9c799e28fcfbab30296903da6c4e883

こうやって様々な段階で活躍した3Dパースは、販促用の印刷物としても使われます。
住宅展示場って、オープン前に折り込みチラシなどで宣伝をしますよね。チラシを作る段階では当然まだモデルハウスは建っていませんから、私が作った3Dパースがイメージ画像としてチラシに使われます。
3DインテリアデザイナーNeoの3Dパースは、モデルハウスの初期段階から最後のPRまで、縦横無尽に活躍しているという感じです。

ご利用頂いている製品はこちら

neo2

3DインテリアデザイナーNeo3

  • マウス操作で簡単間取り・3Dパース作成
  • 進化したGUI「スマートアクセス」でさらに効率よく
  • 間取り図のテイストを切り換えて出力
  • 間仕切り壁も作成可能な壁編集機能
  • 間取りサンプル378点収録