3Dデザイナーシリーズ

住宅・建築プレゼンテーションソフト3Dデザイナーシリーズ

機能から製品を探す

リアルな3Dを多様な方法で表現

ドアの開き勝手や、家具を置いたときのスペースや動線など、図面だけでは伝わらない空間を確認できます。
使う人の目線に合わせて背の高さや段差などの設定できるので、プラン検討にも役立ちます。

 

自動ウォークスルー

P-2_ウォークパレット
ウォークスルー機能がパワーアップ。
間取り図内の見たい場所を順番に指定すると人工知能が経路を自動的に選定して仮想空間内を動画で見回れる「自動ウォークスルー」機能(※特許第6304771号)を搭載。
見せたい部屋を「目的地」としてマップ上でクリックしていくだけで、間取りに合わせて自動的に経路を設定。
階を跨いでの移動や速度も調整可能なので、使用するシーンに合わせてみせることができます。
※作成したルートは、WMV、AVI形式で出力可能です。

[ 自動ウォークスルー操作画面 ]

3Dアーキデザイナーでは、さらに機能アップ

3Dアーキデザイナーでは、設定したルート上で立ち止まったり、見せたい方向へ視線を移すなどの編集ができるルートディレクター機能を搭載。今までの動きに変化をつけることができ、実際に歩いているかのように歩き回れます。
※作成したルートは、AVI、WMV、MP4形式で出力可能です。