テキストエディタ 旧バージョン「MIFES 7」との比較

旧バージョン「MIFES 7」と最新版「MIFES 10」との機能比較表です。

MIFES 7との比較
製品名 テキストエディタ MIFES 10
MIFES 10
テキストエディタ MIFES 7
MIFES 7
対応OS
Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP/Server 2016/Server 2012/Server 2008/Server 2003 Windows Vista/XP/ Me/98/2000/NT 4.0/Server 2003
※Windows Vistaは制約あり
編集可能なファイルサイズ
1ファイル2GB 全ファイルで2GB
同時に開けるファイル数 100個 100個
文字コード
対応文字コード Unicode文字の表示、編集入力が可
  • シフトJIS
  • EUC
  • JIS
  • UTF-7
  • UTF-8
  • UTF-16
  • UTF-16 Big endian
  • UTF-32
  • UTF-32 Big endian
  • 韓国語(KS_C_5601-1987)
  • 韓国語(Johab)
  • 繁体字中国語(Big5)
  • 簡体字中国語(GB2312)
  • アラビア語
  • ギリシャ語
  • キリル語
  • タイ語
  • トルコ語
  • バルト語
  • ベトナム語
  • ヘブライ語
  • 西ヨーロッパ
  • 中央ヨーロッパ
  • OEM米国
  • ※UnicodeはBOM付き/なしに対応
Unicode文字に非対応。プリ/ポストプロセッサ(PPP)でシフトJISに変換して読み書き
  • EUC
  • JIS
  • Macファイル
  • UTF-8
  • UTF-16
  • UTF-16 Big endian
  • 韓国語(KS_C_5601-1987)
  • 繁体字中国語(Big5)
  • 簡体字中国語(GB2312)
新規作成時の文字コード UTF-8などに設定可能 シフトJIS固定
保存時の文字コード 編集時に切り替え可能 保存時にダイアログボックスでプリ/ポストプロセッサ(PPP)指定
改行コード
扱える改行コード CR+LF,CR,LF CR+LF,LF(CRはLFに変換)
入力時の設定 ガイドライン 環境設定
  • テキストモード
  • バイナリモード
  • CSVモード
  • XMLモード
  • テキストモード
  • バイナリモード
CSVモード
セル単位表示・編集
セル内改行・折り返し対応
列単位の切り貼り
列幅の調整
列内の検索・置換
保存時の囲み記号の指定
区切り文字の変更 ○(名前を付けて保存時に指定)
構造にそってインデント表示
  • 疑似タブや疑似改行を利用
  • 実際のタブや改行文字にして保存可
ファイル履歴
100個
(最後の編集位置、ブックマーク記録)
※テンポラリーファイルの登録除外の設定が可能
100個
(最後の編集位置記録)
印刷の設定 10個 10個
1行の折り返し桁数
10,000桁 3,000桁
UNDOバッファのサイズ
実質無制限
(16Mまで自動拡大、削除用バッファファイルも利用)
24Kバイト
箱型選択
Alt+マウスドラッグで範囲指定可
(左上→右下、右下→左上
Alt+マウスドラッグで範囲指定可
(左上→右下のみ)
箱型編集
(スクロールして指定可) ○(スクロールして指定不可)
ブックマーク
  • 1ファイル100個まで
  • 全体で1,000個まで
  • ブックマークリストからジャンプ可
  • 保存時に記録
  • 1ファイル100個まで
検索文字列の最大サイズ
2,000バイト 252バイト
検索文字列欄
複数行表示に対応
記号の色替え表示
検索方法
  • 通常検索
  • ワイルドカード検索
  • 正規表現検索(標準:Perlタイプ)
  • 正規表現検索(旧MIFESタイプ)
  • あいまい検索
  • 通常検索
  • ワイルドカード検索
  • 正規表現検索
  • あいまい検索
検索方向
先頭から↓方向/↑方向/↓方向
※サイクリック検索可
先頭から↓方向/↑方向/↓方向
言語にそって以下の指定や除外が可能
  • コメント
  • 文字列定数
  • タグ
  • スクリプト内
  • #ifdef無効内
ツールバーの検索ボックス
○(入力・編集可) ○(表示のみ)
グローバル検索(grep)
検索文字列の数
1個~3個 1個または3個
検索場所
1~5箇所 1か所または5か所
除外フォルダー/ファイルの設定
あり なし
タイムスタンプ設定 あり あり
隠しフォルダ/ファイルの除外
あり なし
出力先
グローバル検索結果ウィンドウ
カレントウィンドウに追加
リストウィンドウ(ファイルごとの見出し付き)
グローバル検索結果ウィンドウ
カレントウィンドウに追加
リストウィンドウ
結果リストの出力書式
タグジャンプ書式(標準)
その他も展開記号を使って設定可
行の抽出
タグジャンプ書式(標準)
その他も展開記号を使って設定可
文書整形 内部に22コマンド 内部に22コマンド
ファイル比較(diff)機能
  • 文字単位で違いを明示
  • 補填行で相手と行を合わせて表示
  • 連動スクロール
  • 違う行を相手と合わせる機能
  • 相違行を行頭の記号と背景色で明示
  • リストウィンドウに相違部分を出力
  • 連動ジャンプ
一括ファイル比較
(結果をタグジャンプ形式のウィンドウに出力はあり)
行のソート(sort)
○(文書整形:DLLで提供)
行の単一化(uniq)
C関数定義の検索
バージョン管理システムとの連携
Subversion
VSS(Visual SourceSafe)
入力支援
単語補完 入力文字から始まる単語の候補をリスト表示
  • カレントファイル
  • キーワード明示
  • 登録文字列
  • 検索・置換の履歴
  • 単語補完用の辞書
※候補リストは自動表示とキー操作で表示が可能。
閉じ括弧
  • 括弧、引用符、コメント、閉じるタグを自動補完
  • 括弧、引用符は選択しての入力に対応
  • 閉じるタグの挿入機能
アウトライン
プログラム言語
/HTMLファイル
  • 言語毎の解析エンジンを搭載
  • 構造にそって階層表示
  • 関数のみ表示
  • 折りたたみやブロック選択
見出し文字の設定
  • 文字列は9個(正規表現対応)
  • レベル化に対応
  • 折りたたみや選択可能 など
見出し行の検索
(文字列は1個、階層化不可、検索実行が必要)
言語毎の設定
キーワードの明示
  • 言語は100タイプ
  • 各組1,940語まで
  • すべてのファイルに適用される「共通キーワード」定義あり
  • 正規表現指定
    (標準:Perlタイプ/旧MIFESタイプ)
  • 言語は25タイプ
  • 各組900語まで
  • 正規表現指定
    (MIFESタイプ)
各種の明示
  • コメント(行指定2つ、ブロック指定2つ)
  • 文字列定数
  • #ifdefブロック
  • タグ
  • URL
  • メールアドレス
  • 対応する括弧(全角、半角)
  • 対応するタグ(HTML/XML)
  • 括弧
  • タグの明示方法(反転、枠、太字、下線、背景色)
  • コメント(行指定1つ、ブロック指定1つ)
  • 文字列定数
  • #ifdefブロック
  • タグ
  • URL
  • メールアドレス
表示・動作の設定
  • ハードタブ
  • 折り返し桁位置
  • 編集モード
  • Tabキーの動作
  • ソフトタブ設定
  • オートインデント動作
  • 単語補完
  • 閉じる文字
  • ハードタブ
  • 折り返し桁位置
  • 編集モード
リストウィンドウ
出力内容
  • ファイル履歴
  • フォルダ(旧ディレクトリ)
  • ブックマークリスト
  • グローバル検索結果
  • C関数定義検索結果
  • ファイル検索結果
  • ファイル比較結果
  • アウトライン(言語構造、関数、見出しを表示)
  • ファイル履歴
  • ディレクトリ
  • グローバル検索結果
  • C関数定義検索結果
  • 見出し行の検索結果
  • ファイル検索結果
別プロセス起動 ○(SDIモード時のみ)
キーボードマクロ履歴
30件まで登録
カレントキーボードマクロはライブラリ登録しなくても記録
マクロ履歴
30件まで登録
カレントウィンドウのフォントサイズ変更
Ctrl+マウスホイールで変更可能 環境設定で変更
ファイル名タブ
ドラッグで移動
ソート
USB用MIFES作成
USBメモリ用(期間制限なし)
エクスプローラー上での右クリックメニュー MIFESで開く
MIFESのバイナリで開く
このフォルダーをMIFESでgrep(フォルダー選択時)

MIFES 10 新機能はこちら


テキストエディタ MIFES

MIFESは、お使いの方のニーズを取り入れながらバージョンアップを重ね、シリーズ累計200万本以上出荷した高機能テキストエディタです。