テキストエディタ MIFES10の機能一覧

「MIFES 10」の主な機能は下記のとおりです。


分類 機能 内容
ファイル ファイルサイズ/数 1ファイル2GB、同時に100個編集可能
文字コード対応 Unicode文字の表示、編集が可能
編集中のファイルの文字コードの変更、保存時の変更
新規ウィンドウの文字コードの設定可能
対応文字コード:
シフトJIS、EUC、JIS、UTF-7、UTF-8、UTF-16、UTF-16 Big endian、UTF-32、UTF-32 Big endian、韓国語(KS_C_5601-1987)、韓国語(Johab)、繁体字中国語(Big5)、簡体字中国語(GB2312)、アラビア語、ギリシャ語、キリル語、タイ語、トルコ語、バルト語、ベトナム語、ヘブライ語、西ヨーロッパ、中央ヨーロッパ、OEM米国
開く、保存、終了 新規作成、開く、閉じる、上書き保存、名前を付けて保存、保存して閉じる、開き直す、ファイル名変更、ファイルの挿入、すべて保存、すべて保存して終了、終了、すべて閉じる
保存してプログラムへ送る カレントウィンドウを保存しプログラムへ送る
メールへ送る 選択範囲またはファイル全体をメールへ送る
ファイル名をMIFESで開く カーソル位置/選択文字列のファイル名をMIFESで開く
ファイル名をプログラムで開く カーソル位置/選択文字列のファイル名を関連付けられたプログラムで開く
編集モード テキストモード
バイナリモード
CSVモード
XMLモード
バイナリモード バイナリデータを16進コードとテキスト(シフトJIS)両方で表示・編集
バイナリ検索機能(2進数、10進数、16進数指定)
バイナリ貼り付け機能(1、2、4バイト単位指定)
ADD、INS、DELの演算機能
バイトオーダー表示の切り替え
CSVモード レコードデータをセル単位で表示・編集
区切り文字はカンマ、Tabコード、半角スペースや各種半角記号に対応
セル内改行、セル内の折り返し表示対応
Tabキー、Shift+Tabキーでセルの前後移動
列幅の調整、列単位の切り貼り、列内の検索・置換
保存時の区切り文字の変更、囲み記号の指定可能
1行256列、1セル内2000バイト、1行10000バイトまで対応
XMLモード XML系(HTML含む)ファイルをインデント表示
疑似タブ、疑似改行を自動挿入
実際のタブや改行文字にして保存可能
ファイル履歴 100個(最後の編集位置、ブックマークを記録)
印刷 フォント指定、行番号挿入、禁則処理、英字ワードラップ、キーワード明示、画面の折り返し桁位置で改行など各種設定あり
段組、用紙1枚のページ指定、余白、ヘッダ/フッタ など設定可能
印刷設定は10個保存可能
印刷プレビュー ズームイン/ズームアウト可能
改行コード ファイル内容で自動判定、切り替え可能
扱える改行コード(CR+LF,CR,LF)
ファイラ DOS版風のMIFES専用ファイラを搭載
編集 やり直し、繰り返し UNDO、REDO、文字編集の繰り返し
文字列選択 選択、切り取り、コピー、貼り付け
箱型(矩形)選択 Alt+マウスドラッグで選択
罫線で囲まれた中を箱型選択
切り取り、コピー、貼り付け(挿入、上書き、文字列挿入)
箱型編集モード 箱型選択内のみを編集可能
行選択 選択、切り取り、コピー、貼り付け(専用行バッファを利用)
下/上に1行挿入、行の2重化
文字列の登録/挿入 文字列を登録(最大36個)
割り当てた英数字のキーで挿入可能
制御コードの挿入 指定した制御コードを挿入する
改ページコード(^L)の挿入 改ページコード(^L)を挿入する
閉じるタグの挿入 閉じるタグを挿入する
カレントパス名をクリップボードに出力 カレントファイルのフルパス名をクリップボードに出力する
削除スタックからの挿入 削除文字列の挿入、削除行を逆順挿入、削除文字の挿入
各種削除 1行削除、行末まで削除、行頭まで削除、1文字削除、語末まで削除
各種選択 1論理行選択、1語選択、先頭まで選択、最後まで選択、すべて選択して最後へ、ブロックを選択、選択の中止
単語補完 入力した文字から始まる単語の候補をリスト表示
閉じる文字の補完 括弧、引用符、コメント、閉じるタグを自動補完
閉じるタグの挿入機能
URLへジャンプ カーソル位置のURLをブラウザで開く
検索・置換 検索 文字列は最大2,000バイト、編集画面からドラッグ&ドロップ可能
メタ文字の入力支援メニュー
検索文字列欄(複数行表示、メタ文字の色替え)
先頭から↓方向/↑方向/↓方向、サイクリック検索可
ダイアログボックスを表示せずクイック検索
ツールバーに検索ボックスあり
検索方法 通常検索(英大・小文字区別/同一視)
ワイルドカード検索(英大・小文字区別/同一視)
正規表現検索(標準:Perlタイプ)
正規表現検索(旧MIFESタイプ)
あいまい検索
検索の対象指定 言語によって指定/除外が可能(コメント、文字列定数、タグ、スクリプト内、#ifdef無効内)
グローバル検索grep) 指定フォルダのファイルの中を検索して結果出力
検索文字列の数 (1個~3個でAND/OR指定)
検索対象(1~5箇所)のフォルダ指定、開いているファイルすべて、カレントファイルのみ指定可能
除外フォルダー/ファイルの設定 あり
タイムスタンプ設定 あり
隠しフォルダ/ファイルの除外 あり
出力先 はグローバル検索結果ウィンドウ、 カレントウィンドウに追加、リストウィンドウ
結果リストの書式設定可能
対応括弧/タグの検索 対応する括弧の検索、対応するタグの検索
変更行を↓/↑方向に検索 変更行を↓方向に検索する
置換 文字列は最大2,000バイト、編集画面からドラッグ&ドロップ可能
メタ文字の入力支援メニュー
検索・置換文字列欄(複数行表示、メタ文字の色替え)
確認あり/なし指定
複数置換 最大20組までの旧・新文字列を指定して置換
グローバル置換 指定フォルダのファイルの中を検索して置換
グローバル複数置換 最大20組までの旧・新文字列で指定フォルダのファイルの中を検索して置換
置換の再実行 直前と同じ条件の置換を実行する
複数置換の再実行 直前と同じ条件の複数置換を実行する
置換定義ファイルによる置換 定義ファイルにより最大100組の置換が可能
ジャンプ・移動 ジャンプ、スクロール、カーソル移動 先頭へ、指定位置へ、元の位置へ、最後へジャンプ
タグジャンプ/バックタグジャンプ
画面最上行/最下行へ、論理行頭/行末へ、行の左端/右端へ、行端へ、行左端まで選択、行右端まで選択
1文字←/→/↑/↓へ、選択と1文字←/→/↑/↓へ、1語→/←へ
1行↑/↓スクロール、半画面↑/↓へ
①と②で両画面↑/↓スクロール
ブックマーク ブックマーク一覧、検索、ジャンプ
1ファイル最大100個、全体で最大1,000個可能
アウトライン プログラム言語/HTMLファイル 言語ごとの解析エンジンを搭載
構造にそって階層表示、関数(プログラム言語)表示
折りたたみやブロック選択
見出し文字の設定 文字列は最大9個(正規表現対応)
レベル化に対応
折りたたみやブロック選択
ファイル比較 ファイル比較(diff)
ファイル指定
2つのファイルを比較して明示
文字単位で違いを明示
相違行を行頭の記号と背景色で明示
補填行で相手と行を合わせて表示
リストウィンドウに相違部分を出力
違う行を相手とワンクリックで合わせる機能
連動スクロール、連動ジャンプ
ファイル比較(diff)
フォルダ指定
2つのフォルダ内にある同名のファイルの内容を比較
ファイル比較結果ウィンドウに結果出力
①と②を比較して違う部分にジャンプ 現在位置から比較ジャンプ
次の文字から比較ジャンプ
次の行頭から比較ジャンプ
レコード整形 行のソート(sort) 全体または選択範囲内を並べ替え
基準列指定(CSVモード時)
ソート方法(文字列、文字列(あいまい)、数値、文字列の長さ、逆順に入れ替え)
ソート順序(昇順、降順)
ソートオプション(大文字/小文字同一視、半角/全角同一視、全角カタカナ/ひらがな同一視)
先頭行を対象外、空の行は削除
行の単一化(uniq) 全体または選択範囲内を単一化
先頭行を対象外、単一化された行数を行末に追加、空の行は削除
ツール 罫線機能 ALT+矢印キーで入力
太い罫線/細い罫線/空白線の切り替え
交差部分の罫線を最適化
等差数字列 連続する数値を特定の書式にしたがって入力
外部プログラム MIFESから他のプログラムを実行可能
ライブラリに最大49個登録
C関数定義の検索 C言語の関数定義位置を検索してリストウィンドウに結果出力
ファイルの検索 指定ファイルを検索しリストウィンドウに結果表示
DOSシェルエスケープ MIFES上でDOSコマンドを実行できるウィンドウ
文書カウント ファイル全体や選択部分の文字数を表示
バージョン管理システム連携 Subversion 比較、更新、コミット、履歴表示、ロック、アンロック、リボジトリ、設定
VSS(Visual SourceSafe) バージョン取得、チェックアウト、チェックイン チェックアウト取り消し、履歴表示、比較、ソース管理へ追加、ソース管理から削除、設定
文書整形 変換 半角→全角、全角→半角、半角カタカナ→全角カタカナ、全角カタカナ→半角カタカナ、全角カタカナ→ひらがな、ひらがな→全角カタカナ、半角 a~z → A~Z、半角 A~Z → a~z、Tab→半角スペース、半角スペース→Tab
半角小文字(a~z)を大文字(A~Z)に変換しながら移動
半角大文字(A~Z)を小文字(a~z)に変換しながら移動
削除 行頭のスペース削除、行末のスペース削除、行頭と行末のスペース削除、改行文字の削除、HTMLタグの削除
挿入 折り返し直前に改行挿入、行頭に行番号を挿入、行頭に文字列を挿入
レイアウト 左寄せ、センタリング、右寄せ
マクロ マクロコマンド マクロ言語「MIL/W」搭載
コンパイル(コード埋め込み、ライブラリ登録可能)
ステップ実行可能
マクロ用ユーザー変数を設定可能
マクロコマンド一覧
マクロコマンド履歴(最大30個、メニューに表示)
キーボードマクロ 操作手順を記録して再実行
ワンタッチで記録開始/終了
1回実行、指定回数実行
マクロコマンド用のソース変換
キーボードマクロ一覧
キーボードマクロ履歴(最大30個、メニューに表示)
ウィンドウ ウィンドウ一覧 ウィンドウ一覧を表示する
カスケード表示 すべてのウィンドウを重ねて表示する
タイル表示 すべてのウィンドウを並べて表示する
①と②で表示 ①と②のウィンドウを左右表示、上下表示
カレントウィンドウ分割 カレントウィンドウを左右分割、上下分割、分割解除、分割した相手へ移動
カレントウィンドウ最大化 カレントウィンドウのサイズを最大にする
ウィンドウ切り替え ウィンドウを切り替える(切り替え方法は環境設定で変更)
ウィンドウ移動 次のウィンドウへ移動、前のウィンドウへ移動、前のウィンドウに戻る、次のウィンドウに進む
ウィンドウ復元 カレントウィンドウのサイズを復元する
MDI最大化 カレントウィンドウをMDI最大化する
MIFESの最小化 MIFESのフレームウィンドウを最小化する/元のサイズに戻す
全画面表示/戻す 全画面表示にする/元の表示に戻す
リストウィンドウ ファイル履歴
フォルダー
ブックマークリスト
グローバル検索結果
C関数定義検索結果
ファイル検索結果
ファイル比較結果
アウトライン(言語の構造、関数、見出しを表示)
リストウィンドウの表示/非表示を切り替える
設定・カスタマイズ 環境設定 MIFES全体の環境設定
言語の環境設定 言語ごとの環境設定
言語一覧 言語一覧を表示する
キー操作のカスタマイズ キー操作をカスタマイズする
メニューバーのカスタマイズ メニューバーをカスタマイズする
右クリックメニューのカスタマイズ 右クリックメニュー/ポップアップメニューをカスタマイズする
ユーザー定義バーのカスタマイズ ユーザー定義バーをカスタマイズする
ツールバーのカスタマイズ ツールバーをカスタマイズする
カスタマイズファイル読み書き 設定情報をカスタマイズファイルに保存/読む込みをする
キーワードの明示 言語(最大100タイプ)毎に約1940語
すべてのファイルに適用される「共通キーワード」定義あり
正規表現指定が可能
折り返し ウィンドウ幅で折り返す、折り返し桁位置を最大に、折り返し桁位置の指定
フォントサイズの変更 Ctrl+マウスホイールでフォントサイズ変更
キー操作一覧の出力 キー操作の一覧をカーソル行の上に出力する
UNDOバッファのクリア UNDOバッファをクリアする
カレントウィンドウ再描画 カレントウィンドウを再描画する
ヘルプ ヘルプ ダイアログボックスからの呼び出しやカーソル位置をヘルプ検索可能
拡張ヘルプ 「CHM」「HLP」タイプの別ファイルを指定可能
イージーヘルプ 指定フォーマットのテキストファイルをヘルプとして指定可能
インターネットで検索 カーソル位置をインターネットで検索する
その他(別プログラム) 設定ウィザード 下記をウィザード形式で設定

・拡張子の関連付け
・エクスプローラー上での右クリックメニューにMIFESで開く、MIFESのバイナリモードで開くを追加
・Internet Explorerソース表示エディタの設定
・MIFES起動用のプログラムを常駐
USB用MIFES作成機能 USBメモリで使用できるMIFESを作成
オンラインアップデート MIFES 10を最新の状態にアップデート

テキストエディタ MIFES

MIFESは、お使いの方のニーズを取り入れながらバージョンアップを重ね、シリーズ累計200万本以上出荷した高機能テキストエディタです。