3DマイホームデザイナーPRO6

この製品は販売を終了しました。最新版「3Dマイホームデザイナー」をご検討ください。
3Dマイホームデザイナー シリーズ紹介ページはこちら

新機能 よりいっそう強化された表現力・提案力

複雑な地形の高低差を表現可能

地形の高低差を表現可能

高低差のある複雑な地形を作成できます。傾斜地に建つ家や擁壁、堀込みの車庫などを容易に表現できます。

地形の高低差を表現可能


地形の高低差を表現可能
地形の高低差を表現可能

視覚的な法規チェックで間違いのないプラン作成

建築可能範囲をわかりやすく表示

道路斜線、隣地斜線、北側斜線、高度地区に対応した斜線チェックが可能です。

高度地区は札幌、仙台、東京、横浜、川崎、千葉、名古屋、大阪、京都、神戸、福岡の規制が登録されているほか、自治体ごとの規制タイプを自由に追加することができます。

斜線制限チェック機能(間取り画面)

間取り図上で斜線の制限チェックがリアルタイムにできるので、間取りプランの段階から斜線制限を意識して屋根形状や高さを検討できます。

斜線制限チェック機能(3D画面)

また3D画面では、斜線の規制範囲が3D(立体)イメージで表示でき、建物が斜線制限に抵触しているかどうかを直観的に確認することができます。


敷地条件で高度地区の設定も可能

道路斜線・北側斜線・隣地斜線制限に加えて、都市計画の中で定められる「高度地区」についても対応しています。

建物の影も事前にチェック

時刻日影図、等時間日影図作成機能を搭載。日影倍率表の作成や、5m 10mの規制ラインの自動作図も可能です(閉鎖法のみ)。 周辺の住民説明にも活用いただけます。

日影図の詳細データはこちら

時刻日影図

時刻日影図

等時間日影図

等時間日影図


三斜入力に対応した敷地作成

三斜測量図入力に対応。三角形の三辺の長さを与えて作図する方法と、二辺と垂線の長さを与えて作図する方法の2つを組み合わせて敷地を作図できます。形状を決定したあと、敷地を任意に回転させることも可能。正確に効率よく敷地を入力できます。

三斜求積表の自動作成、配置も可能です。三辺長さの場合はヘロンの公式、二辺と垂線長さの場合は底辺×高さ÷2で面積を計算した計算根拠表を出力します。

また道路作成も可能です。敷地辺に道路幅を与えることで、道路を自動作図できます。

三斜測量図入力
道路・隣地の設定

壁透明化で広がるプレゼン手法

壁透明化機能でCGならではのプレゼンテーション

3D表示で住宅内部を詳細に確認できるように、手前の壁を非表示にする機能を搭載しました。
さまざまな視点から屋内レイアウトを見せる提案資料がワンタッチで作成できます。

トイレなど狭い部屋の住宅素材パーツの配置や内装材の検討が容易に

トイレなど狭い部屋の住宅素材パーツの配置や
内装材の検討が容易に

手前の壁を非表示にしたパース図

手前の壁を非表示にしたパース図


手前の壁を非表示にしたパース図

手前の壁を非表示にしたパース図

すべての壁を非表示にしてフロアマップのようなパース図も容易に作成可能

すべての壁を非表示にしてフロアマップのような
パース図も容易に作成可能


面積・パーツ集計機能で見積効率アップ

作成したデータから、各部屋ごとの属性データや外壁面積など、CSV形式で出力可能です。「面積・パーツ集計機能」で出力したデータを、設備機器や建具などの明細利用や内装材(床・壁など)の数量拾い出しに役立てることができます。

また、建築積算見積書作成ソフト[建築みつも郎9(コベック社製)]との簡易連携も可能です。


サンプルCSVのダウンロード

・ すべて (allsummary.zip) 

・ 外装 (gaisou.csv)  ・ 内装 (naisou.csv)   ・ パーツ (parts.csv)

ダウンロード方法:上記リンクを右クリックし、[対象をファイルに保存]を選択、保存します。


3D DXF出力オプションPREMIUM標準搭載

M3D→DXF変換画面

3DマイホームデザイナーPRO6で作成した住宅データの3D形状を3次元DXF形式ファイルで書き出すことができます(PREMIUMのみ)。

  • 書き出し形式はPOLYLINE(ポリメッシュ)または3DFACEです。
  • メーカー製品の一部パーツについては、3D DXFで出力できません。
  • テクスチャは書き出せません。
  • 間取り図の2D DXF出力機能はPRO6通常版にもあります。PREMIUM版専用機能ではありません。

DXF出力ファイルのサンプルはこちら

階段デザイン設定

階段のデザイン変更

直進、L字、U字などのさまざまな階段形状に対応。踊り場/回り部分のサイズや位置、段数、また踏み面や蹴込みのサイズも自由に設定できます。

また3D(立体)化後のデザインも指定可能。手すりや蹴込み板の有無、側板のデザインなどを変更できます。オープン階段や外部階段の作成も可能です。

詳しくはこちら


高画質な作業画面

影や反射をリアルタイムに描画する高画質な作業画面

作成画面(パース図)の高画質化を実現。影や反射をリアルタイムに描画し、施主とのイメージ共有を図る際にも、リアルなイメージで比較検討を行うことができます。レンダリングを省いてもきれいな画質で表示・印刷できますので、時間をかけずに施主への提案が可能です。

昼・夕・夜切り替え機能

光の加減や背景画像を三段階で瞬時に切り替え。時間帯ごとの家の表情を簡単にプレゼンテーションできます。

昼・夕・夜 切替機能

Optimageの複数視点レンダリングに対応

Optimageで作成した写真に迫る高画質な3Dパース図

事前に登録しておいた視点を、インターネットレンダリングソフト「Optimage」(PREMIUM標準搭載)で連続して高画質出力できます。1つずつ高画質出力する手間が省け、必要な視点の高画質出力をまとめて実行できます。


その他の新機能・バージョンアップポイント

  • 3D画面の複数回アンドゥ・リドゥ(32回まで)
  • 色・テクスチャのスポイトツール
    「ここに貼ってあるテクスチャを他の場所にも貼りたい」と思ったとき、クリック一つで貼り付け済みのテクスチャを調べてパレットに表示できます(パレットからのドラッグ&ドロップですぐに別の場所に貼れます)。
  • 部屋セットの配置・編集・登録
    LDKや水回りなど、いくつかの部屋を家具や設備付きでセット配置できます。
  • 付箋貼り付け
    付箋紙のように、住まいに関するリクエストやアイディアを間取りに貼り付けることができます。
  • 家具・設備などの住宅素材を32社10,000点に増強
    住宅素材の収録データ詳細はこちら
  • 住宅素材の自動更新
    素材データダウンロードサイト「データセンター」(有料)に新着の素材データがあれば、自動的にダウンロードできます。
  • インテリア診断
    部屋のインテリアコーディネート診断
  • 耐震・耐風・耐積雪性チェック
    耐震・耐風・耐雪を考慮した診断が可能。
  • Google Earth対応
    Google Earth上に作成した家を配置できます。
  • 建築用語集
色・テクスチャのスポイトツール

色・テクスチャのスポイトツール


付箋貼り付け

付箋貼り付け機能

ページのトップへ戻る