3Dマイホームデザイナーの
主な機能のご紹介

  • 部屋を配置

    間取りを作成する

    部屋を選んで配置するだけ。誰でも簡単に間取り作成。

    間取り作成について詳しく見る→

  • 立体化

    ボタン1つで立体化!

    作成した間取りはボタン1つで立体化!

    立体化について詳しく見る→

  • 家づくりナビ

    ナビに沿って作成すればOK

    作成手順に添ってボタンで案内。
    基本操作はドラック&ドロップで行えるので、初めての方でも迷わず簡単に操作できます。

  • 壁紙・床材を検討

    壁紙・床材を検討

    壁紙や床材など、何度も貼り替えてイメージ確認。

    小さなサンプルでは分からない部屋全体の雰囲気が把握できます。

    テクスチャ

  • 素材データ

    住宅設備や家具を検討

    有名メーカーの実在商品をはじめ、3Dデータやテクスチャを多数収録。
    クラウドにある50,000点以上の素材も6ヶ月間無料で利用できます。

    家具などのデータ素材

  • 屋根裏

    New屋根裏部屋の作成

    収納やプライベート空間として人気の屋根裏部屋も作成。

    また壁の削除や開口などの設定もできるので、自由に検討できます。

  • 斜め天井

    New吹き抜けや斜め天井など

    開放感のある吹き抜けはもちろん、構造をあえて見せるデザインも。

    梁を斜め天井に添って自動配置することも可能です。

  • 屋根

    屋根の自動作成

    複雑な屋根は簡単自動作成!
    階ごとに寄棟、切り妻(縦横)、陸屋根、片流れ(上下左右)の種類を選択するだけでOKです。

    勾配や軒の長さなどは任意サイズで設定できます。

  • 日当たりチェック

    日当たりチェック

    季節や所在地を設定し、日の出から日の入りまでの日当たりがどう変化するかをシミュレーション。

    部屋の位置や窓の設置などを再検討できます。

  • 太陽光パネルシミュレーション

    太陽光パネルシミュレーション

    太陽光パネルの年間予想発電量を分かりやすくグラフで表示。
    導入費用の見積もり比較や投資費用の回収シミュレーションも可能です。

  • 消費電力量チェック

    消費電力量チェック

    エアコンや冷蔵庫など間取りに配置した家電製品の消費電力量を自動的に計算・集計。
    「最新の省エネ家電に変えた方がお得?」といった検討も可能です。

  • スマホやタブレットで確認

    スマホやタブレットで確認

    iOSアプリ「イエクラウド」を使えば、作成したプランをスマートフォン/タブレットでいつでもどこでも閲覧可能。

    出先でのプランの確認や家族のイメージ共有に活躍します。

    「イエクラウド」無料ダウンロード

  • 360度写真

    New窓からの景色をチェック

    RICOH THETAなどの360度カメラやスマホでパノラマ撮影した写真を背景として使用。

    建設予定地で撮影すれば、窓からの風景をイメージできます。

    RICOH THETAはこちら

  • 360度写真

    New上下左右360度確認

    出来上がったマイホームを360度画像で書き出して、FacebookやLINEに投稿すれば、室内空間を上下左右ぐるぐる見渡せます。

    まるでプランした部屋の中にいるかのよう。

    360度画像ダウンロードはこちら

  • ARでバーチャル家具配置

    NewARでバーチャル家具配置

    実際の部屋にバーチャル家具を配置して雰囲気を確認。

    パーツをAR形式(glTF形式)で出力し、glTFのビューアアプリなどで表示します。

    ※AR表示には別途アプリのダウンロードが必要です。


3Dマイホームデザイナー13
3Dマイホームデザイナー13 ¥12,650~
ご購入はこちら