ダウンロードもできる

CADで使える図面記号一覧


非常灯 誘導灯

階段通路誘導灯

別名:階段通路誘導灯兼用非常照明

階段通路誘導灯とは、避難経路の階段や踊り場や傾斜路に設置する照明器具。誘導灯特有のピクトグラムはなく、階数を表示する。無窓階及び11階以上の階に設置する必要がある。避難するために必要な最低照度として、階段等の踏面の中心線の照度が1ルクス以上の明るさが必要。建築基準法で規定されている非常用照明と兼用することが可能。


階段通路誘導灯は、普段は常用電源により点灯し、非常時には安全に避難できるよう、内蔵電池(バッテリー)で自動的に20分間以上点灯します。大型商業施設や高層ビル、地下街、地下駅舎など大型施設では避難する時間が長くなるため、非常時に60分以上の点灯ができるよう、大容量バッテリーを内蔵した長時間型誘導灯の設置が必要。階段通路誘導灯は、原則として常時点灯が求められるが、人感センサーによるオンオフできる機能や、調光機能によって明るさを絞り、省エネルギーとなるタイプも認められています。

図面記号
階段通路誘導灯
図面記号
階段通路誘導灯
非常灯 誘導灯記号の素材
  • 非常灯(蛍光灯形)
  • 壁付け非常灯(蛍光灯形)
  • 非常灯(白熱灯組み込み形)
  • 非常灯(一般照明)(天井付け)
  • 非常灯(一般照明)(壁付け)
  • 避難口誘導灯
  • 通路誘導灯
  • 階段通路誘導灯

意匠CAD・BIM・建築プレゼンソフト 3Dアーキデザイナー