MEGASOFT アップデート > 3Dマイホームデザイナー PRO Version3

製品を最新バージョンにするためのアップデータ(差分ファイル)を提供しています。
説明をご覧のうえ、ダウンロードしてご利用ください。

現在の最新バージョンは、 Ver.3.12 です。

3DマイホームデザイナーPRO Version3 差分ファイル(Ver.3.12) ダウンロード
メガソフト株式会社では、ユーザーのみなさまへのサービスの一環として、 購入された商品から最新版への差分ファイルをインターネットを 通じて公開しています。 3DPRO312.exeファイルは、3DマイホームデザイナーPRO Version3 Ver3.0XをVer.3.12にアップデートする差分ファイルです。
ファイル名 3DPRO312.exe
登録日付 2003/12/02
名称 3Dマイホームデザイナー PRO Version3 Ver.3.12 へのアップデート
著作権者 メガソフト株式会社
ダウンロード 3DPRO312.exe/37.7 MB (39,603,544 バイト)
アップデート法

ダウンロードした3DPRO312.exeを直接ダブルクリックしてください。 この差分ファイルで生成される 3dmhpro3.exe は、'Ver.3.12'になります。ダウンロード方法についてはこちらをご覧ください。 -> WEBからのアップデート方法

主な変更履歴
Ver.3.11→Ver.3.12 (2003.12.02)
YKKAPの建具パーツを追加いたしました。
レイトレーシングを行った際にテクスチャのバンプマッピング(凹凸)度合いが強く出すぎる問題を修正いたしました。(3.11からの問題)
起動モードがOpenGLモードの時、内装に貼り付けたテクスチャが間取りに戻り再度立体化するとはがれてしまう問題を修正いたしました。(3.11からの問題)
「面に貼る」設定で貼り付けた外壁材が間取りに戻って再度立体化するとはがれてしまう問題を修正いたしました。(3.11からの問題)
「一面ずつ」貼る設定で外壁材を貼り付けた後にテクスチャスライダーバーで貼り付けサイズを変更すると、その階全てのオブジェクトにテクスチャが貼られてしまう問題を修正いたしました。
[軌跡・動作設定]で動作設定されてあるキーフレームを選択し、座標軸の数値を[Delete]キーで削除するとキーフレームまで削除される問題を修正いたしました。
 
Ver.3.10→Ver.3.11
特定のファイルで選択した軌跡が再生されない問題を修正いたしました。
軌跡と動作設定が連動しない問題を修正いたしました。
特定の3次元DXFファイルが読み込めない問題を修正いたしました。
ファイル名にスペースがあるM3Dデータを3Dインテリアデザイナー形式に保存するとエラーが発生する問題を修正いたしました。
AVI出力ウィンドウで[出力する軌跡]から任意のものを選択しても[出力時間]が連動しない問題を修正いたしました。
プレゼンボードデザイナーのメディアプレス エクスプローラで読めないCDがある問題を修正いたしました。
断面生成プラグインで、取り込んだDXFデータに点が存在すると立体化を行ってしまう問題を修正いたしました。
軌跡編集ウィンドウで横にスクロールを行うと、キーフレームと秒数がずれる問題を修正しました。
 
Ver.3.05→Ver.3.10
「3DインテリアデザイナーPRO Version2」との連係機能を追加いたしました。
この機能は、「3DインテリアデザイナーPRO Version2」をお持ちのユーザー様がご利用いただけます。連係機能についての詳細は3DインテリアデザイナーPRO Version2ユーザーズマニュアルP.404をご参照ください。
3DインテリアデザイナーPRO2との連係にともない、光源情報を付加した照明器具パーツに更新しました。
再編集で間取りに戻り再度立体化すると、2階に配置していたパーツがエクステリアに配置されてしまうことがある問題を修正いたしました。
テクスチャのバンプマッピング(*1)が、屋根や壁、床などでは有効であったが、家具や什器などのパーツでは無効になっていた問題を修正いたしました。[(*1)バンプマッピングとは高画質イメージ出力時に、素材の表面に凹凸感を出す機能。]
ポーチに配置した柱に、外壁一括チェンジャーで貼り替えられないスタイルがある問題を修正いたしました。
 
Ver.3.04→Ver.3.05
多角形入力時に表示される線の表示方法の仕様を変更しました。
詳しくは3Dシリーズ製品の多角形の入力についてをご参照ください。
3D画面において次選択機能を改善いたしました。
ツールバーの選択ツールの動きと、パース図にある選択ツールの動きが異なる問題を修正しました。
   
Ver.3.03→Ver.3.04
外壁に壁高さ設定を行って立体化したとき、屋根の上に外壁が発生する ケースがあったため(Ver.3.03のみの問題。Ver.3.02以前は正常)、発生しないように修正しました。
パレット設定画面を開いた直後、反復回数とサイズの数値入力が両者ともできない状態になっている問題を修正しました。

中間ファイルによるレンダリングの再開ができない問題を修正しました。

 
Ver.3.02→Ver.3.03 (間取りのみ)
バルコニーの壁に全体を覆わない形で壁開口を配置すると、開口部の真上に壁ができる問題を修正しました。
階段のサイズが、2階に配置されている吹き抜けのサイズより数ミリでもはみ出していると、延べ床面積に算入されないという仕様を変更しました。[吹き抜けの内部に階段があるかのチェックにある程度の余裕(壁厚の半分)を持たせるように変更しました。]
特定の間取り図において、印刷時、文字・線分・図形の有無によって縮尺が変わってしまう問題を修正しました。

Ver.3.01→Ver.3.02
  間取り
特定の間取り図において立体化するとバルコニーの手すり壁が生成されない問題を修正しました。
「2階建て見本から作る」の間取り図や、サンプル間取り図で切り妻屋根を設定して立体化すると、妻壁がつかない場合がある問題を修正しました。
スキャナから図面を下絵として取り込もうとすると失敗する問題を修正しました。
[壁開口]の隣に連続して壁編集をすると、開口壁側や壁同士が接する部分がふさがれない問題を修正しました。
  3D
全体のフロア以外の階層で光源(点光源・スポットライト)を設定すると別のフロア階層に切り替えた時に、光源の位置(Z値)が保持されない問題を修正いたしました。
立体化直後にパーツ階層図で未選択のパーツをクリックした時、メニューから[このパーツ階層に移る(K)]が無効になっている事がある問題を修正しました。
3Dから間取りに戻って再度立体化したときに、間取りに戻る前の視点でない問題を修正いたしました。
AVIファイル出力のときに指定した画面サイズと、出力後のファイルサイズが異なる問題を修正いたしました。
地形簡易ウィザードを立体化し、名前を付けて保存後にウィザードに戻るとウィザードの1/2画面に戻ってしまう問題を修正いたしました。
  プレゼンボードデザイナー
画面の解像度が1280X600のような横長の環境の場合に正方形のグリッドが横長に表示される問題を修正いたしました。

Ver.3.00→Ver.3.01
  間取り
立体化直後に「家を一周する」設定をファイルごとに保存していたのをレジストリ情報に保存するように変更しました。
特定の間取り図で多角形部屋の辺を移動するとフリーズする問題を修正しました。
壁高さを変更している外壁に、立体化後テクスチャを貼ると反復回数が1で貼られる問題を修正しました。
1階の多角形部屋に沿って2階に同じ多角形部屋を作成するとフリーズする問題を修正しました。
階段を配置した際に作成される上階の吹き抜けの部屋を階段よりも大きくした場合に、正しく面積計算が行われない問題を修正しました。
間取り図をプレゼンボードデザイナーに読み込んだ時、適切でない位置に選択枠がつくことがある問題を修正しました。
特定の間取り図で手動で作成した屋根が原因で開けない問題を修正いたしました。
  3D
上面図やパース図を拡大・縮小ツールで拡大・縮小を続けていくと異常終了する問題を修正しました。
パーツ階層図を開き階層をドラッグで移動しようとするとエラーが発生する問題を修正しました。
レイトレーシングの条件設定で、「ピクセル数で指定」-「最大(4096X4096)」、「大(1024X768)」、「中(800X600)」、「小(640X480)」の設定でレンダリングを行うと設定した大きさと出力される大きさが異なる問題を修正しました。
ご注意
今回の差分ファイルから生成されたプログラム等に関するサポートは、通常製品と同様にメガソフト株式会社のユーザーサポートで行います。
また、今回公開するファイルの著作権はメガソフト株式会社が所有しております。一切の内容の改変等は認められませんのでご注意ください。
なお、今回公開された全てのファイルは管理の都合上他のネットワーク、雑誌等への転載を禁止いた します。ただし、正規ユーザー間での公開ファイルの受渡しはこれを規制いたしません。


この資料の内容は予告なしに変更されることがあります。
いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。
この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。
Copyright(C) MEGASOFT Inc.