MEGASOFT アップデート > 3DマイホームデザイナーPRO4
3DマイホームデザイナーPRO4

製品を最新バージョンにするためのアップデータ(差分ファイル)を提供しています。
説明をご覧のうえ、ダウンロードしてご利用ください。

インフォメーション
現在の最新バージョンは、 Ver.4.10です。

以下の問題につきましては、こちらの差分ファイルでアップデートするのではなくメインメニューの
[オンラインアップデート]
ボタンから行ってください。
【現象】
ダイアルアップ回線の環境において、メインメニューを起動すると「ダイアルアップ接続を切断しますか」と表示される。


3DマイホームデザイナーPRO4 アップデートファイル(Ver.4.10) ダウンロード
メガソフト株式会社では、ユーザーのみなさまへのサービスの一環として、購入された商品から最新版へのアップデートファイルをインターネットを通じて公開しています。
3DPRO410.exeファイルは、3DマイホームデザイナーPRO4 Ver4.0XをVer.4.10にアップデートする差分ファイルです。
ファイル名 3DPRO410.exe
登録日付 2005/12/15
名称 3Dマイホームデザイナー PRO4 Ver.4.10 へのアップデート
著作権者 メガソフト株式会社
ダウンロード ダウンロードする 3DPRO410.exe/ 23.6 MB (24,836,616 バイト)
アップデート方法

ダウンロードした3DPRO410.exeを直接ダブルクリックして画面に表示される手順に沿ってアップデートしてください。
ダウンロード方法についてはこちらをご覧ください。 -> WEBからのアップデート方法

主な変更履歴
Ver.4.09→Ver.4.10(2005.12.15)
間取り図をCADデータに出力した際、壁線を複線化出力する機能を追加しました。
 
Ver.4.08→Ver.4.09(2005.11.15)
3Dマイホームデザイナー2006への対応
3Dマイホームデザイナー2006で保存したファイルを開くことができるように改良しました。

3Dマイホームデザイナー2006で作成したデータを利用する場合は制限事項があります ->「3Dマイホームデザイナー2006で作成したファイルに関する互換性情報」

 
Ver.4.07→Ver.4.08(2005.8.17)
間取り
保存または立体化を行う際に、微妙な隙間をなくすためにずれの補正を自動的に行っていましたが、自動補正しない設定を追加しました。
設定は、間取り画面の「設定」メニューの「その他の設定」を開き[保存時、立体化時に部屋のずれを補正する]で行います。
イメージ保存時に、図面の中心位置に関わらず建物がイメージ画像の中心に表示されるように変更しました。
屋根や壁の一部が正常に立体化されない現象を改善しました。
間取り図の印刷が極端に小さく印刷されたり白紙が出力されるのを修正しました。(※1)
階段のプロパティに表示される「蹴上げ」サイズが、階高と段数の設定に従って正しく表示されるように修正しました。
3D
3D画面に削除できない建具が表示されるのを修正しました。(※1)
Windowsの画面設定で、表示フォントを非常に大きく(200%程度)していると、3D画面でエクステリアナビが表示できない現象を修正しました。

(※1)現象を改善するには、アップデート後に問題の発生するファイルを開き、一度間取り画面を表示してから再立体化する必要があります。

 
Ver.4.06→Ver.4.07(2005.4.20)
間取りで配置した直進階段を立体化すると手摺り壁が階段本体の長さの半分になってしまうのを修正しました。
印刷、イメージ保存した画像、プレゼンボードデザイナー連携の出力結果において、背景画像が上下反転して表示されるのを修正しました。
1階に「吹抜」を配置した際に、地階の部屋の天井に「吹抜」用の開口が開かないことがあるのを修正しました。
 
Ver.4.05→Ver.4.06(2005.3.11)
Version4.05にアップデートすると、Windows98、Meの環境ではファイルの保存ができない問題を修正しましました。
 
Ver.4.04→Ver.4.05(2005.3.10)
間取り
家具の[リビング]-[システムボード]-[KMリビングボード11.m3d]のシンボルとパーツのサイズが異なるのを修正しました。
間取り図面をコピーして新規図面にペーストすると異常終了するのを修正しました。
手動で作成した屋根をコピー&ペースト後に頂点を移動するとエラーが発生するのを修正しました。
登録されているファイルの拡張子を表示しない設定になっている環境でイメージ保存を行うと、選択したファイル形式以外の形式で保存されることがあるのを修正しました。
イメージ保存される図面を改善しました。
 (上下階の線は表示しない。全階の間取りが画像に収まるように改善)
3D
屋根材の洋瓦[S形瓦A001]〜[S形瓦A006]のテクスチャ画像を調整しました。
新規階層内に形状を重ねて配置し、次選択(スペースキーで選択)するとエラーが発生するのを修正しました。
存在しないテクスチャを貼った壁を選んで、「テクスチャ設定」を開こうとするとエラーが発生するのを修正しました。
 
Ver.4.03→Ver.4.04(2004.12.09)
3Dマイホームデザイナー2005に収録された新規の建具パーツを追加収録しました。
一部のCPU(ハイパースレッディング対応のPentium4のうちNorthwoodコアのもの)でのレンダリング速度を改善しました。
一度間取りで手動寸法線の文字フォントサイズや色を変更したら、次回から別のファイルを開いて自動寸法表示をしたときにも有効になるのを修正しました。
他の環境で、お気に入りやデータセンターから建具を配置したり、3Dマイホームデザイナー2005で一部の建具を配置したファイルを、開いて立体化すると別の建具に変わってしまうことがあるのを修正しました。
 
Ver.4.02→Ver.4.03(2004.12.01)
間取り
坪とuの換算係数を、[設定]メニューの[その他の設定]から切り替えられるようにしました。操作方法はこちらをご覧ください。 ->「坪とuの換算係数の設定方法」
建設費概算の床面積では、階段の上の「吹抜」が算入されていなかったのを修正しました。
寸法線を表示したまま印刷すると、寸法線がはみ出すことがあるのを修正しました。
Ver.4.01以前で保存したファイルを4.02で開くと、梁の高さが変わることがあるのを修正しました。
グリッドを3分割または6分割して部屋を配置すると、2畳が1.9畳、3畳が2.9畳、6畳が5.9畳など、0.1畳少ない数値が表示されることがあるのを修正しました。
CADデータを下絵として読み込んだ際、表示メニューの下絵のオン・オフで非表示にできないのを修正しました。
3D
DirectXモードの時に、間取りで家具の[センタクキ15]を配置して立体化すると、センタクキのふたのテクスチャが乱れて表示されるのを修正しました。
DirectXモードでパース図を印刷・イメージ保存したとき、外壁や内壁に貼られているテクスチャの表現が画面上と異なる(前バージョンと同程度の表現になる)のを修正しました。
パース図で1階を表示させた状態でPBDに連携できるようにしました。
テクスチャパレットのサムネイル(テクスチャの表示)を右クリックして画像加工ウィザードを起動できるようにしました。
 
Ver.4.01→Ver.4.02(2004.10.08)
間取り
畳数表示を四捨五入から切捨に変更しました。
線分とグリッドの交点にも吸着するようにしました。
間取り画面のセンターから外れた場所に間取りを作成して印刷した場合でも、用紙の中央に印刷されるようにしました。
上下階で部屋の頂点がわずかにずれている場合に、立体化して間取りに戻ると頂点のずれが広がることがあったのを修正しました。
3D
長方形のテクスチャを90度、270度で回転設定したときには、縦横のサイズを入れ替えて貼り付けるようにしました。
[一面ずつ]チェックボックスをオンにしてテクスチャを貼ったあと、間取りに戻って再立体化するとテクスチャが戻ってしまうことがあったのを修正しました。
隣り合う部屋の頂点がわずかにずれているときに、窓の穴が開かなかったり、壁の一部が突出してしまったりすることがあったのを修正しました。
吹き抜けに配置した建具の配置高が床厚の分だけ下がってしまうのを修正しま した。
レンダリングを中断し、後で中間ファイルを開くとエラーメッセージが表示されることがあったのを修正しました。
長方形のテクスチャを90度、270度で回転設定したときには、縦横のサイズを入れ替えて貼り付けるようにしました。
部屋壁から少しずれた位置に建具があるとき、立体化すると壁の一部が飛び出すことがある問題を修正しました。
レンダリングを中断し、後で中間ファイルを開くと、エラーになることがある問題を修正しました。
メインメニュー
グラフィックスライブラリ切替をしようとすると「実行できません」と表示さ
れて切り替えられないことがあったのを修正しました。
プレゼンボードデザイナー
ひな型の初期位置が印刷可能領域からはみ出さないように調整しました。
 
Ver.4.00→Ver.4.01(2004.09.03)
間取り
設定した建蔽率、容積率を保存した間取り図面ファイルに覚えていない問題を修正しました。
押入、納戸、クローゼットなどの収納系の部屋の面積が延床面積に含まれない問題を修正しました。
プレゼンボードデザイナーの保存フォルダの初期値をMyDocumentフォルダに変更しました。
間取りで入力した線分を太い線に変更後、PBDに連携してもPBDの方では細い線で表示される問題を修正しました。
印刷の余白の取り方に問題があったのを修正しました。
間取り図を印刷すると2階にも敷地が表示されるのを修正しました。
柱があると保存、再立体化できないことがある問題を修正しました。
3D画面の長さ単位をメートルに変更すると、間取り側にパーツが現れなくなったり、再立体化時にパーツの配置高が変わったりする問題を修正しました。
Windows95系の環境では部屋のコメントを選択・移動することができない問題を修正しました。
1階にバルコニーを配置すると基礎ができない問題を修正しました。
立体化・自動屋根作成をすると、部屋がずれることがありました。
JWCファイルを出力すると、サイズOKBのファイルが作成されることがある問題を修正しました。
3D
3Dインテリアデザイナー形式で保存してもファイルができないことがありました。
パーツにドラッグで回転をかけた際の回転具合を調整しました。
指定したインストールディレクトリによっては起動が正常に行えない問題を修正しました。
上書き保存時に「「」はパスが見つからないため保存できません」と表示される問題を修正しました。
オンラインアップデート
ダウンロード版で「オンラインアップデートを実行するために必要な情報が登録されていません。」 と表示される問題を修正しました。
ご注意
今回の差分ファイルから生成されたプログラム等に関するサポートは、通常製品と同様にメガソフト株式会社のユーザーサポートで行います。
また、今回公開するファイルの著作権はメガソフト株式会社が所有しております。一切の内容の改変等は認められませんのでご注意ください。
なお、今回公開された全てのファイルは管理の都合上他のネットワーク、雑誌等への転載を禁止いた します。ただし、正規ユーザー間での公開ファイルの受渡しはこれを規制いたしません。


この資料の内容は予告なしに変更されることがあります。
いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。
この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。
Copyright(C) MEGASOFT Inc.

 

 

サポート情報