MEGASOFT アップデート > 3Dマイホームデザイナー 2002

製品を最新バージョンにするためのアップデータ(差分ファイル)を提供しています。
説明をご覧のうえ、ダウンロードしてご利用ください。

  ・現在の最新バージョンは、Ver.4.09 です

3Dマイホームデザイナー2002 差分ファイル(Ver.4.09) ダウンロード
メガソフト株式会社では、ユーザーのみなさまへのサービスの一環として、 購入された商品から最新版への差分ファイルをインターネットを 通じて公開しています。 3d2002409.exeファイルは、3Dマイホームデザイナー2002 Ver4.0Xを、 Ver.4.09にアップデートする差分ファイルです。
ファイル名 3d2002409.exe
登録日付 2003/5/16
名称 3Dマイホームデザイナー2002 Ver.4.09 へのアップデート
著作権者 メガソフト株式会社
ダウンロード 3d2002409.exe/6.77 MB (7,108,214 バイト)
アップデート法

ダウンロードした3d2002409.exeを直接ダブルクリックしてください。 この差分ファイルで生成される 3dmh2002.exe は、'Ver.4.09'になります。ダウンロード方法についてはこちらをご覧ください。 -> WEBからのアップデート方法

主な変更履歴
Ver.4.08→Ver.4.09
再編集で間取りに戻り再度立体化すると、2階に配置していたパーツがエクステリアに配置されてしまうことがある問題を修正いたしました。
テクスチャのバンプマッピング(*1)が、屋根や壁、床などでは有効であったが、家具や什器などのパーツでは無効になっていた問題を修正いたしました。[(*1)バンプマッピングとは高画質イメージ出力時に、素材の表面に凹凸感を出す機能。]
Ver.4.07→Ver.4.08
多角形入力時に表示される線の表示方法の仕様を変更しました。
詳しくは
3Dシリーズ製品の多角形の入力について をご参照ください。

3D画面において次選択機能を改善いたしました。
ツールバーの選択ツールの動きと、パース図にある選択ツールの動きが異なる問題を修正しました。
Ver.4.06→Ver.4.07
特定の間取り図において、印刷時、文字・線分・図形の有無によって縮尺が変わってしまう問題を修正しました。
Ver.4.05→Ver.4.06
多角形の部屋の頂点を右クリックで削除すると、他の頂点の位置も ずれて変形してしまう問題を修正いたしました。
ベランダに屋根を付ける、ポーチに屋根を付ける設定をした部屋が建築面積に含まれていなかった問題を修正しました。
特定の環境では3D画面で、図面を縮小しつづけていくと落ちることがある、という問題を修正いたしました。
Ver.4.04→Ver.4.05

パーツをパレット左のお気に入りのアイコンにドロップしたら、「実行時エラー53」が発生する問題を修正いたしました。

Ver.4.03→Ver.4.04
Windows XPの一部の環境で、音が鳴らない場合がある問題を修正いたしました。
間取りを立体化後、2階タブに切り替えて拡大ツールボタンでパース図を拡大しようとしても正常に動作しない問題を修正いたしました。
Ver.4.02→Ver.4.03
間取りから立体化後に作成した形状が、一旦間取りに戻り再度立体化した際に保持されていない問題を修正いたしました。
間取り図を印刷すると一部のプリンターでは白紙ページが出力する問題を修正いたしました。
Windows2000系で制限ユーザーで使用の際に、間取りの「ヘルプ」メニューからユーザーズマニュアル、リファレンスマニュアル、トラブルシューティングの各メニューでエラーが発生する問題を修正いたしました。
Ver.4.01→Ver.4.02
Windows XPの一部の環境で、間取りや3D画面が起動しない場合があるという問題を修正いたしました。
再編集するたびに間取りで配置した建具の階層の一部が増えていく問題を修正いたしました。
Windows 2000系の環境で共有ファイルのUNLHA32.DLLのバージョンが1.70以上の場合に一部のシステムキッチンパーツを配置するとエラーが発生する問題を解消いたしました。
自動保存データの保存先をMy Documentフォルダに変更いたしました。
背景設定のデフォルトフォルダがCドライブになっていたのを、インストールドライブに変更いたしました。
階段を配置した上階部分に自動作成された吹き抜けの部屋を多角形で入力し直した場合にも、階段のサムネイルを表示するように変更いたしました。
Ver.4.00→Ver.4.01
  間取り
部屋作成中に行っていた屋根の計算を、屋根ナビの時のみ計算するように変更しました。この修正により特定の間取り図において部屋を移動したり、リサイズした際にフリーズ、もしくは「浮動小数点数のオーバーフロー」のエラーが発生する問題を解消しました。
外壁に狭い凹形状部分が複数箇所あるような間取り図で、部屋と部屋の間に小さな隙間がある場合に、屋根を表示すると「浮動小数点数エラー」、「スタックオーバーフロー」、「アクセス違反」などのエラーが発生する問題を修正しました。
多角形部屋で「屋根をつけない」設定の部屋がある場合、建築面積が正常に計算されない問題を修正しました。
敷地を配置した直後に敷地の頂点追加ができなかった問題を修正しました。
配置済みの建具をドラッグして配置し直す際にも、建具の吊り元を変更できるように修正しました。
  3D
環境設定でジョイスティックの設定を完了後にウォークスルーすると
「3dg32.dllでエラーが発生しました。」と表示される問題を修正しました。
新規形状作成ツールボタンの、「壁」作成ツールボタンのチップヘルプを「壁・天井」から「壁」に、「床・天井」ツールのチップヘルプを「床」から「床・天井」に修正しました。
ウォークスルー中に高さが変わった時に効果音を出すようにしました。
ご注意
今回の差分ファイルから生成されたプログラム等に関するサポートは、通常製品と同様にメガソフト株式会社のユーザーサポート係で行います。
また、今回公開するファイルの著作権はメガソフト株式会社が所有しております。一切の内容の改変等は認められませんのでご注意ください。
なお、今回公開された全てのファイルは管理の都合上他のネットワーク、雑誌等への転載を禁止いた します。ただし、正規ユーザー間での公開ファイルの受渡しはこれを規制いたしません。


この資料の内容は予告なしに変更されることがあります。
いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。
この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。
Copyright(C) MEGASOFT Inc.