メガソフト トップ > サポート > 3Dデザイナーシリーズ > よくある質問 > 間接光を表現する

よくあるご質問

間接光を表現する

詳細

間接光サンプル画像壁面や天井に作成したコーニスやコーブなどの間接照明は、光源代わりの発光形状を配置して表現します。

Optimageで高画質出力すると、発光色が周辺に配置されている光源の光を反射し、発光色自体も発光して周囲に照射します。

 

 

対象製品

  • 3DマイホームデザイナーPROシリーズ
  • 3D住宅リフォームデザイナーシリーズ
  • 3DインテリアデザイナーNeoシリーズ

※上記製品と別にOptimageが必要です。

操作方法

  1. 3D画面で、形状作成パレットの[直方体]や[円柱・円錐]ツールで光源にする形状を作成して配置します。
    [色]パレットの[発光]を選択し、色を選択して形状をクリックします。
    発光色を貼り付け
    ※形状作成ツールで形状を作成する方法は、お使いの製品のユーザーズマニュアルをご覧ください。
  2. 色設定ダイアログ色をつけた形状を右クリックして[色設定]を選択します。
    [色設定]の[反射/発光]タブを選択し、[発光]のつまみをドラッグして「100」にして[OK]をクリックします。
  3. パース図の視点を調整して、Optimageで高画質出力します。

周囲の光源が明るければ明るいほど、発光色が発光する加減も変わります。
ページ上部の間接光イメージ画像の場合、間接照明用に形状作成ツールの「円柱/円錐」で形状を作成し、それに発光色を貼り付けています。その発光色を[色設定]で発光の強さを「100」に上げています。
間取りや表現されたい効果によって光源の設定内容が異なるため、いろいろと設定を変えてイメージに近くなるようお試しください。

以下より、イメージ画像のサンプルファイルをダウンロードできます。よろしければ参考になさってください。
▼間接光のサンプルファイル(m3d形式)
ダウンロード Luminous02.zip(1.52MB)

調査依頼

各QAページをみても解決しない場合は調査依頼ボタンから、ご不明な点をお尋ねください。
※ご依頼いただく前にユーザー登録が必要です。