STARFAX Server EX 製品概要

STARFAX Server EXとは?

「STARFAX Server EX」は、ユーザープログラムと連携してFAXの送受信ができるFAXサーバーシステムです。
最大32回線まで対応可能なハードウェア(FAXボックス)を標準で付属し、開発・メンテナンスの工数を削減することが可能です。
また、業務システムと簡単に連携できる、「ファイル de FAX」機能、設定だけで実現する 転送印刷機能も搭載。
※「STARFAX Server SDK」で作成されたアプリケーションはそのまま利用できます。
  STARFAX Server SDKについてはこちら

STARFAX Server EXを使った構成例

簡単設置で最大32回線まで対応。仮想環境にも

STARFAX Server EXでは、アバール長崎社製のFAXボックスを使用します。
このFAXボックスはLANインターフェースを採用しており、LANを接続するだけで同じLAN上のパソコンに インストールされたSTARFAX Server EXからFAX送受信が行えます。
そのため、仮想環境にSTARFAX Server EXをインストールし、同LAN上に設置したFAXボックスから FAX送受信を行うといったFAXシステムを構築することができます。
FAXボックスは、ご利用回線数に合わせて最大32回線まで簡単に増やすことができ、高速FAX通信 スーパーG3 と ナンバーディスプレイに対応。

STARFAX Server EXを使った構成例

・アバール長崎社製 FAXボックス
CTBX-504(INS64 × 2回線)   CTBX-104(アナログ 4回線)

ファイル de FAX機能

決められた書式のファイルを、STARFAX Server EXが管理するフォルダーに追加したり、 書き込むだけでFAX送信が行われます。
受信したFAXは、STARFAX Server EXの所定のフォルダーに保存されます。
※STARFAX Server SDKで作成されたアプリケーションはそのままご利用いただけます。
STARFAX Server SDKについてはこちら

ファイル de FAX

プログラム不要。転送印刷機能

ファイル de FAX

受信したFAXを別のFAXに転送、メールへ転送、別のFAX番号へFAX転送、 指定したプリンタに自動印刷、PDF形式に変換して保存といった操作を プログラムの必要なく、STARFAX Server SDKの設定だけで自動的に 実行することができます。
設定や管理がとても簡単なので、転送先の変更や追加したいといったことも 素早く対応できます。