STARFAX Server SDK 製品概要

STARFAX Server SDKとは?

「STARFAX Server SDK」は、コンピューターでFAXの送受信ができるFAXサーバーソフトです。
業務システムなどのアプリケーションと連携が簡単にでき、開発・メンテナンスの工数を削減する事が可能です。
また、FAXサーバーを導入することにより、FAXがペーパーレスとなりコスト削減につながります。
STARFAXシリーズの旧製品「STARFAX Engine」で要望の多かった「大規模なFAXサーバーシステムへの導入」と「ナンバ-ディスプレイへの対応」を受け、最大16回線まで対応し、ナンバーディスプレイ情報の取得も可能です。

◎FAXサーバーとは
送受信したFAXをペーパーレス化し、データとして扱えるサーバーです。 業務システムやユーザープログラムと連携し、FAXの送受信、データの一元管理ができます。

最大16回線まで対応。大量送受信もスムーズ

STARFAX Server SDK は4回線を基本とし、 ご利用環境に合わせて4回線ごとに増設することができます。 後から回線が増えても、増えた分だけ増設ができ、最大16 回線まで対応可能です。
ご利用回線数分のFAXモデムを接続するには、RS-232C増設用ボードまたはUSB-RS232Cコンバータが必要です。


【USB-RS232Cコンバータ】
メーカー 推奨品(動作確認済み)
ラトックシステム株式会社 REX-USB60F(1回線)
MOXA UPort1410(4回線)
UPort1610-8(8回線)
UPort1610-16(16回線)
【RS-232C増設用ボード】
メーカー 推奨品(動作確認済み)
ラトックシステム株式会社 REX-PCI64D(4回線 PCI)
REX-PE64D(4回線 PCIe)

ナンバーディスプレイ対応により、受信FAXを分類

弊社指定FAXモデムを利用した場合、受信FAXで発信元のFAX番号が確認できます。
この発信者番号を利用して受信FAXをフォルダ別に分類したり、FAXの自動返信などにもご利用いただけます。
※ナンバーディスプレイ対応は、FAXモデムメーカー様が提供している機能です。

ナンバーディスプレイ
【指定FAXモデム】
メーカー FAXモデム
株式会社 マイクロリサーチ MD50ER

業務システムと簡単に連携 ~ファイル de FAX機能

ユーザーは、所定のフォルダにSTARFAX Server SDKで定めた書式のファイルを置いたり、 ファイルに情報を追加するだけで、FAX 送信が行えます。
また、FAX を受信すると所定フォルダに受信データーが保存されます。 STARFAX Server SDK では、この仕組みを「ファイル de FAX」といいます。
ユーザーアプリケーションで、STARFAX Server SDKのフォルダとファイルを経由してコントロールする処理を作成するだけなので、専用の開発言語は必要ありません。アプリケーションに依存しないために、開発・メンテナンスの工数を削減する事が可能です。
もちろん、高度なプログラミングを可能にするOCXもご利用いただけます。


ファイル de FAX 送信例

<条件> 送信先FAX番号99-9999-9999、送付状なし、送信原稿"GENKOU.TXT"
1.送信命令ファイル"20120201143420.WSM"を作成します。

[SendInfo]
Num=1
[Send1]
Fax=9999999999
[Doc]
Num=1
Name1="C:\GENKOU.TXT"

2.STARFAX Server SDKの所定フォルダに"20120201143420.WSM"を保存します。
 詳細はPDFファイルを参照してください。 ファイル de FAXの詳細(PDF)

便利な転送・印刷機能

受信したFAXを別のFAXに転送、メールへ転送、別のFAX番号へFAX転送、指定したプリンタに自動印刷、PDF形式に変換して保存といった操作をプログラムの必要なく、STARFAX Server SDKの設定だけで自動的に実行することができます。
設定や管理がとても簡単なので、転送先の変更や追加したいといったことも素早く対応できます。


FAXサーバーシステム導入事例
機能追加が簡単なSTARFAXのファクスサーバーシステム
FAX送受信機能を様々な業務システムに簡単に追加できます。
代表的なファクスサーバー・FAXシステム開発例をご紹介します。


導入事例へ