メガソフト トップサポート間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム
間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム
[フォーラムトップ]
一括表示
  • こんなことも - オオヤブクリニック院長 13/03/06-21:55 No.8096
    • ウーム - オオヤブクリニック院長 13/03/11-22:35 No.8099

こんなことも - オオヤブクリニック院長 2013/03/06(Wed) 21:55 No.8096
 昨年の5月にヤフオクで 東芝 Dynabook TX/65E を手に入れまして、サブマシン
としては十分な性能で、デザインもおしゃれだし、OSを VISTA(x68) から 7(64)に
入れ替えついでに SSD に換装、メモリーも 4GB*2 に強化していたのですが、秋口
から、少しずつ変調をきたしました。最初はしばらく席を外して戻ってくると時々
フリーズしていることがあるというところから始まりました。ネット上ではかなり
有名なのだそうで Dynabook TX/6*C〜G(Hの一部も?)が含まれるらしい。
 詳しくは「dynabook tx ACアダプタ」あたりをキーワードにして検索するとたく
さん情報が出てきます。困っている人が多いだけ、これを何とかしようとしている
人、何とかなった人、何とかすることをビジネスに結びつける人・・・といろいろ
な人がいますが。私は「何とかすることを楽しんでやろう」とする人になることに
しました。しばらく情報を集めた結果、プロードライザという一種のコンデンサ部品
を手配しました。問題の TX/65E はすでに分解してあり、前所有者(?)が、トリッキ
ーな修理を加えていたことも判明しました。いったん修理して、正常動作するように
なったものが、再び不調に陥ったので、同じ発想の修理で直るかどうかはなかなか
悩ましいところです。今回調べて初めて知ったのですが、最近の電子機器は、部品を
基盤に固定(実装)するのに、昔のようにハンダこてを握っての手作業はしないのは
もちろん、私が知っていた、半田槽を使うわけでもなく、ペースト状の材料と混ぜて
糊状にしたハンダと、温度管理された炉(というかオーブンみたいなもの)を使うの
だそうで、その温度管理というのが、実装部品になるべく熱ストレスを少なくしながら
確実にハンダを溶かすような温度変化をプログラムするものだそうです。はんだこてを
握って、チマチマやっているうちに熱でオシャカになっちゃう・・・というのが最近の
電子部品らしいです。
 もちろん、そんな仕掛けはもっていませんので、いろいろ考えた挙句「これでどう
だろう」という方法を思いついたので、ひとつそれを試してやろう、という魂胆です。

 うまく行ったら報告しますね。

ウーム - オオヤブクリニック院長 2013/03/11(Mon) 22:35 No.8099
 昔ながらのリード線の付いた素子ではなく表面実装用の素子をどうやって、しかも
手作業の半田付けによる加熱で素子の劣化を起こさずに取り付けるか? いろいろ
考えて、こんなものがあればなァ・・・と考えたのが、電気を通す接着剤。
 検索したら・・・ありました。いやぁ、ホントにあるとはオドロキでした。

 で、必要な部品と「導電性接着剤」(電気を通す接着剤)を手に入れて、早速実験
してみました。ボール紙の上に、10cm の長さの線を引き、それに平行に導電性
接着剤で、巾1mm ほどの線を引きました。引いたばかりの時はテスターであたると
数メガΩを示しましたが、1時間ほどで乾燥した後は両端で 0.4〜0.7Ω という
値です。実際には基盤の回路パターンと素子の間は 1mm 以下ですから、実用上問題
ないはず・・・と確信して、問題のDynabook の取り付けてあったプロードライザを
交換しました。
 ボール紙の上でのテストでは、接着剤全体が空気に接していたので1時間ほどで
乾燥しましたが、本番では基盤と素子の間に挟まれているので、乾燥も時間がかかる
だろうと思い、一晩はそのままにして、翌朝テストしましたが・・・BIOSを拝め
ませんでした。
 とりあえず2〜3にちほったらかしてみよう・・・トホホ。