3DマイホームデザイナーPRO6

この製品は販売を終了しました。最新版「3Dマイホームデザイナー」をご検討ください。
3Dマイホームデザイナー シリーズ紹介ページはこちら

よくあるご質問

ご購入前にお客様からよく寄せられるご質問とその回答を掲載しております。
その他のご質問については、こちらへお問い合わせください

よくあるご質問

使いこなすにはどれくらいかかりますか?

パソコン操作が問題なくできる方の場合、早い方で約2週間、一般的には1ヶ月くらいで使いこなしていただけるようになります。


どこで購入できますか?

弊社オンラインショップやお近くの家電量販店、パソコンショップでお求めいただけます。

メガソフトオンラインショップ


PREMIUMと通常版は、どこが違うのですか?

PREMIUMは、PRO6に「Optimage」と「3D DXF出力オプション」を組み合わせたシリーズ最上位パッケージです。

「Optimage」とは、
間接照明効果・鏡面反射効果をリアルに表現し、写真のような画像を描画できるインターネットレンダリングサービス。プレゼンテーション力を高めるハイクオリティな建築パースをスピーディーに作成できます。

「3D DXF出力オプション」とは、
作成した住宅データの3D形状を3次元DXF形式ファイルで書き出すことができます。

詳細は3DマイホームデザイナーPRO6 PREMIUMのご紹介でご覧いただけます。


パッケージ版とダウンロード版は、どこが違うのですか?

プログラムとしては、同じものです。

プログラムのご提供方法として、CDでご提供するか、ダウンロードしていただくかの違いです。
また、パッケージ版には紙のマニュアルが付いていますが、ダウンロード版には同一内容のPDFマニュアルが付いています。


2ライセンス版やダウンロード版にもマニュアルは付属しますか?

付属します。

2ライセンス版には通常のパッケージ版と同様、製本されたユーザーズマニュアルとリファレンスマニュアルが1部ずつ付属します。
ダウンロード版にはPDFのユーザーズマニュアルとリファレンスマニュアルが付属します。


2ライセンス版ではユーザー登録を2回行えますか。

ユーザー登録は1回だけ行っていただきます。

2ライセンス版は、個人で購入される場合は購入された方が自宅と会社など2カ所で使われることを、法人で購入される場合は同一事業所内のお二人で使われることを想定しております。このためユーザー登録も1回だけとなります。

ご本人とご友人のお二人分のユーザー登録をしたり、二カ所の事業所のユーザー登録をしたりすることはできません。


バージョンアップ、優待販売での購入方法について教えてください。

下記のページよりご購入いただくか、メガソフトオンラインショッピング係(TEL:06-6386-2072)までお問い合わせください。
バージョンアップ、優待販売を行っているのは、メガソフトオンラインショップのみとなります。

メガソフトオンラインショップ(バージョンアップ/優待販売)


複数導入の際、価格は安くなりますか?

追加ライセンスを組み合わせてご購入いただくと、お求めやすくなります。
詳しくは、下記「追加ライセンス」ページをご覧いただくか、弊社オンラインショッピング係(TEL:06-6386-2072)までお問い合わせください。

追加ライセンス


製品のライセンスキーを忘れた場合はどうしたらよいですか?

下記より、シリアル番号の検索をご利用いただけます。
検索しても見つからない場合、またはユーザー登録がまだお済みでない場合は、製品に付属しているユーザーズマニュアル巻末の「調査依頼書」に必要事項をご記入の上、弊社サポートセンター宛にFAXにてお送りください。
(FAXご利用環境をお持ちでない場合は郵送にてお送りください。)

シリアル番号検索


2台以上のパソコンで使えますか?

いいえ、パソコン2台以上にインストールすることはできません。

3DマイホームデザイナーPRO6は、1台のパソコンだけにインストールして、お使いいただけます。2台以上のパソコンでご利用になる場合は、「2ライセンス版」(1000本限定) または「追加ライセンス」をご利用ください。

別のパソコンでご利用になる場合は、はじめにインストールしたパソコンからアンインストールしてから、新しいほうにインストールし直してお使いください。

価格・ラインナップ


ライセンス認証しないと使えないのですか?

初回起動時から30日以内にライセンス認証しないと、お使いいただけなくなります。
ライセンス認証についての詳細は、下記ページにてご確認ください。

ライセンス認証(アクティベーション)について


収録パーツ数はいくつですか?また住宅素材データを追加したいのですが…

建材や家具など、3Dパーツ7,217点、テクスチャデータ2,827点をパッケージに収録しています。

さらにデータを追加するには、30,000点以上のデータをダウンロードできる住宅素材ダウンロードサービス「3Dマイホームデザイナー データセンター」(有料)もご利用いただけます。

ご入会の特典といたしまして、会員登録後の1ヶ月または3ヶ月間は無料でご利用いただけます(入会金も無料になります)。

また、店舗デザイン、3Dパース図制作を行うための業種別3Dパーツを収録した「専用素材集」を販売しています。


何階建てまで作成できますか?

地上4階+地下1階の5階分を作成できます。

また形状作成ツールを使って、自分で工夫して作成すれば、複数階作成できます。


パース出力をもっときれいにしたいのですが…

3DマイホームデザイナーPRO専用オプションの「インターネットレンダリングソフト Optimage」(別売)を併用することで、写真に迫る高画質で外観・内観パースを作成することが可能です。

「Optimage」に関する詳細は、製品紹介ページをご覧ください。

インターネットレンダリングソフト Optimage


3Dの描画を速くしたいのですが…

「アンチエイリアス」「影を落とす」「フォンシェーディング」を有効にしていると3Dの描画が遅くなることがあります。

ご使用のパソコンに搭載されているグラフィックボード(チップセット)によっては、グラフィックスライブラリの設定を変更することで速くすることが可能です。

設定方法はサポートページ「3Dの描画を速くする」をご覧ください。


三次元DXF出力機能を使いたいのですが…

3DマイホームデザイナーPRO6をお持ちでない場合…
「3DマイホームデザイナーPRO6 PREMIUM」をご利用ください。
「3DマイホームデザイナーPRO6 PREMIUM」には、「DXF出力オプション」と「インターネットレンダリングソフト Optimage」が付属しています。

すでに「3DマイホームデザイナーPRO6」をお持ちの場合…
「DXF出力オプション」をご利用ください。

メガソフトオンラインショップ


製品についてのデモンストレーションやセミナーはありますか?

現在、各販売店にて、「3Dマイホームデザイナーを知り尽くすデモ」を実施中です。
スタッフによる製品説明の後、3Dマイホームデザイナーをご自身で実際に操作して体験していただけます。
デモに関する詳細は、店頭デモのご案内ページをご覧ください。

セミナーについては、セミナー情報にて、開催校をご紹介しています。


3DマイホームデザイナーLS3との互換性はありますか?

3DマイホームデザイナーPRO6で作成されたデータは、3DマイホームデザイナーLS3で開くことができます。
ただし、3DマイホームデザイナーPRO6のみの機能で作成されたものは、編集することができません(マイホームデザイナーLS3で作成されたデータは、一部を除き3DマイホームデザイナーPRO6で開き、編集することができます)。
具体的な内容は下記の通りです。

  • 手動で作成された寸法線は、表示することはできますが、編集することはできません。
  • ガイド、ガイド線は表示されません。
  • CAD下絵は表示されません。
  • 手動で作成された屋根は、表示や3D(立体)化をすることはできますが、編集することはできません。
  • 平行投影に設定された視点はすべて、画角が30度に変更されます。また、視点位置も若干変更されます。
  • 光源付きパーツは、表示することはできますが、編集することはできません。
  • 高画質出力で、テクスチャ透明・映り込み表現が表示されません。
  • 道路設定、地形の高低差設定されたものは、編集する事はできません。

その他3DマイホームデザイナーPRO6だけの新機能は、3DマイホームデザイナーLS3ではお使いいただけません。詳しくはマイホームデザイナーシリーズ 比較ページをご覧ください。

データの互換性について教えてください。

3DマイホームデザイナーPRO6の入出力機能については、動作環境・入出力形式ページでご確認いただけます。


3DマイホームデザイナーLS3との違いを教えてください。

3DマイホームデザイナーLS3との違いについては、マイホームデザイナーシリーズ比較ページでご確認いただけます。


Macで使いたいのですが…

残念ながら、Mac版は発売しておりません。

Windowsのエミュレータ上での動作も動作保証外となりますが、動作実験にご興味のある方は下記ページをご参照ください。

MacでWin実験室


自分のホームページでマイホームデザイナーを紹介したいのですが…

製品をご紹介いただく際にパッケージ画像が必要な場合は、製品パッケージ画像よりダウンロードしてご利用ください。

リンクの設定について、詳しくは著作権・リンクについてをご覧ください。


ページのトップへ戻る