3DマイホームデザイナーPRO5

この製品は販売を終了しました。最新版「3Dマイホームデザイナー」をご検討ください。
3Dマイホームデザイナー シリーズ紹介ページはこちら

バージョンアップポイント

「3DマイホームデザイナーPRO5」には、ユーザーのみなさまから寄せられた新機能が数多く追加されました。
主なバージョンアップポイントは、下記のとおりです。

ポイント1 画質向上、その場でリアルなイメージを共有

作成途中画面の高画質化を実現。パソコンの画面を見ながら施主とのイメージ共有を図る際にも、リアルなイメージで比較検討を行うことができます。
レンダリングを省いてもきれいな画質で印刷できますので、時間短縮を要する施主への提案にも便利です。

3DマイホームデザイナーPRO4の画面 3DマイホームデザイナーPRO5の画面
3DマイホームデザイナーPRO4の画面
 
3DマイホームデザイナーPRO5の画面
ポイント2 さまざまな表現方法

■ホワイトモデルと断面表示機能

ホワイトモデル機能を使うと、外装材、壁紙などテクスチャや色のイメージに左右されない「ホワイトモデル表示」モードで、建物形状の確認ができます。

断面表示機能を使うと、完成した住宅パースを好きな位置でカットして断面を見せることができます。

ホワイトモデル   断面機能
ホワイトモデル
 
断面表示

■外壁の2分割や幕板に対応

今までは形状作成ツールで作成していた外壁の2分割や幕板を、間取り図から立体化するときに自動生成できるようにしました。
幕板設定画面   幕板を設定したパース図
幕板設定画面
 
幕板を設定したパース図


■タイル・レンガの目地合わせ機能

テクスチャを貼った後で、貼り付けの起点を調整できます。タイル、レンガなどの目地合わせに役立ちます。

ポイント3 インターネットからパーツを検索

今までの検索は、パソコンにインストールされるパーツだけが対象でしたが、住宅素材ダウンロードサイト「マイホームデザイナー データセンター」にある素材も一括で検索できるようになりました。
ホームページを開いて、ログインする手間がなくなりました。


パーツ検索画面
ポイント4 商品情報をひとめで確認できる「詳細ウィンドウ」

収録されている家具、設備機器、建材(パーツ、テクスチャ)のメーカー名や型番、商品の特徴や写真などを詳細画面で確認できるようになりました。
パレットのサムネールをクリックするだけで、360度回転してパーツを確認したり、商品写真を拡大してみたりなど、家具を配置した際のイメージを膨らませることができます。

詳細ウインドウ画面

ポイント5 製品情報提供メーカーを29社に増強

建材、設備、家具、家電、ファブリックなど、実在商品の素材データを多数ご用意しています。


協力メーカー

ポイント6 マウスで軌跡を描いてウォークスルー

「おとな」「こども」「車イス」などの目線で、家の周囲や部屋の中を歩いてみることができます。ドアの開き勝手や、家具を置いたときのスペースなど、図面ではイメージしにくいところも一目瞭然!

また、間取り図上に軌跡をマウスで描くだけで、簡単にウォークスルーできるようになりました。

ウォークスルー画像

動画でチェック!

ポイント7 レンダリングの自由度がアップ

■パノラマ背景

360度の画像を背景に設定できます。
視点を変えると背景も変わるので、自然なウォークスルービデオが作成できます。対面プレゼンテーション時にも自然な表現が可能です。

パノラマ背景画像1

 

パノラマ背景画像2

動画でチェック!

 

■鏡面仕上げの設定が簡単に

テクスチャに映り込み、透明の効果を簡単に設定できるようになりました。
鏡面仕上げの大理石の床面などを美しく再現できます。

テクスチャ設定画面

テクスチャ設定画面

 

映り込みを設定したパース図

映り込みを設定したパース図

 

■連続レンダリング

3D画面で事前に登録しておいた視点から、高画質出力するものを選択できます。 1つずつ高画質出力する手間が省け、必要な視点の高画質出力をまとめて実行できます。

レンダリング設定画面

ポイント8 自動機能で制作時間の短縮

■光源の自動配置

照明の自動一括配置が可能です。

光源の自動配置

■建具の自動配置

建具の自動一括配置が可能です。

建具の自動配置

■内装を部屋単位でまとめて設定

壁材、床材、天井材を部屋単位で一括して設定することができるようになりました。
壁一枚一枚に貼り付ける手間を省けます。

■照明パーツと光源設定を一体化

光源が照明パーツ内に埋め込まれるようになったため、照明パーツと光源の位置設定を別々に行う必要がなくなりました。照明パーツを移動すれば光源も移動します。

PRO4で照明パーツを配置   PRO5で照明パーツを配置  
PRO4で照明パーツを配置
 
PRO5で照明パーツを配置
 

動画でチェック!

ポイント9 その他のバージョンアップポイント

■プレゼンボードデザイナーに商品写真を貼り付け可能

間取り画面や3D画面で配置した建材や家具の写真を簡単に挿入できるので、説得力のあるプレゼンボードが作成できます。

■ライセンス認証(アクティベーション)

ライセンス認証(アクティベーション)とは、不正コピーを防止する技術で、正規に使用許可されたソフトウェアであることを確認するためのものです。

ライセンス認証を行うことで、正規に使用されていることを証明することができます。

パソコン1台につき、1ライセンス必要です。
お使いいただくには、ライセンス認証を行っていただく必要があります。

ライセンス認証(アクティベーション)について

ページのトップへ戻る