メガソフト トップサポートアップデートファイル > 3Dオフィスデザイナー11
3Dオフィスデザイナー11

アップデートファイル  

製品を最新バージョンにするためのアップデートファイルを提供しています。
説明をご覧のうえ、ダウンロードしてご利用ください。

3Dオフィスデザイナー Ver.11.0.04 アップデートファイル

メガソフト株式会社では、ユーザーのみなさまへのサービスの一環として、購入された商品から最新版へのアップデートファイルをインターネットを通じて公開しています。
アップデートをおこなうと3Dオフィスデザイナーを最新のプログラムに更新できます。

ファイル名 3DOD1104.exe
登録日付 2020年12月16日
名称 3Dオフィスデザイナー Ver.11.0.04 へのアップデート
著作権者 メガソフト株式会社
ダウンロード ダウンロードする3DOD1104.exe(1,088,466,944 バイト)
アップデート方法 ダウンロードしたファイルを直接ダブルクリックすると、自動的にインストールが開始されます。画面に従ってインストールしてください。
ご注意 今回公開するファイルについて、一切の内容の改変等は認められませんのでご注意ください。

【Ver.11.0.03 から Ver.11.0.04への変更点】 2020/12/16

<間取り画面>

  • 棚パーツを作成できるようにしました。
    [家具・小物]ナビの[家具・小物配置]パレットにある[棚作成]ボタンから、サイズ/段数/段高さ/色を指定したオリジナルの棚パーツを作成できます。
  • パース図/立面図/間取り図を挿入したPowerPointファイルを作成できるようにしました。
    ※本機能を使うには、パソコンにPowerPointがインストールされている必要があります。
    ツールバーの[プレゼンボードデザイナーを起動]ボタンを押して[プログラムの選択]ダイアログで[PowerPoint]を選ぶと、開いているデータのパース図/立面図/間取り図を挿入したPowerPointファイルを作成できます。[Pixage画質]にチェックを付けるとPixage画質のパース図/立面図を挿入できます。
  • Pixage画質のパース図/立面図/平面図画像を配置できるようにしました。
    CAD作図パレットの[パース図/立面図]にある更新ボタンを押し、[画質の選択]ダイアログで[Pixage画質]を選ぶとPixage画質のパース図/立面図/平面図がパレットに並びます。各画像を画面にドラッグすると配置できます。
  • 線/壁同士を連結できるようにしました。
    ツールバーの[線]をクリックして[連結]を選び、図面上で2本の線/壁を選択すると連結できます。
  • 線/壁の一部を削除できるようにしました。
    ツールバーの[線]をクリックして[部分削除]を選び、一部を削除したい線/壁を選択し、線/壁上で削除する範囲を2箇所クリックすると、クリックした範囲を削除できます。
  • 壁面上に手動寸法線を吸着できるようにしました。
    手動寸法線入力時にAltキーを押しながら壁面をクリックすると壁面上に寸法線を吸着できます。
  • 線/折れ線/曲線の長さを確認できるようにしました。
    入力した線/折れ線/曲線のプロパティパレットの[距離]欄で長さ(mm)を確認できます。
    [距離配置]ボタンを押すと、長さの値が入力された文字を図面上に配置できます。
  • 円の開始角/終了角/回転角/形状を変更できるようにしました。
    入力した円のプロパティパレットで開始角/終了角/回転角を変更できます。
    また、開始角/終了角を設定すると形状を弓形/扇形に変更できます。
  • 上面形状がかまぼこの3Dシェイプ(立体化できる多角形)で曲面の平ら度合い、頂上位置を調整できるようにしました。
    3Dシェイプのプロパティパレットで上面形状を[かまぼこ(可変)]にすると[頂上水平位置][扁平率]を変更できます。
  • 部屋ごとに立体化初期設定を登録できるようにしました。
    [部屋作成]ナビの[四角形・多角形]パレットの部屋を右クリックして[立体化初期設定]を選び、[部屋の立体化初期設定]ダイアログで屋根をつける/幅木/廻り縁/腰壁/腰壁見切の有無を設定できます。
  • 間取り図の印刷時に階と縮尺を印刷するかどうかを選べるようにしました。
    [ファイル]メニューの[印刷・用紙設定]を選んで、[階・縮尺を印刷]にチェックをつけると、間取り図の階と縮尺が印刷されます。チェックを外すと印刷されません。

<3D画面>

  • Pixage画質の360度パノラマ画像を出力できるようにしました。
    パース図をPixageに切り替えた状態で、[パース・レンダリング]ナビの[パース図出力]パレットにある[360°パノラマ]ボタンを押すと、Pixage画質の360度パノラマ画像を出力できます。
  • MP4形式の動画ファイルを出力できるようにしました。
    [簡単ムービー]ナビ、[ウォークスルー]ナビで、[MOVIE]ボタンを押して動画ファイルを出力する際にMP4形式を選べます。

<3Dデータ>

  • コクヨ株式会社の3Dデータ300点を追加しました。
    ※カッコはパーツパレットの収録分類名。
    アプティス 46点(家具・小物−オフィス−ワークシステム, ワークシステムオプション)
    MXV 19点(家具・小物−オフィス−デスク, デスクオプション)
    FreeWagon 2点(家具・小物−オフィス−デスクオプション)
    ing 45点(家具・小物−オフィス−事務用チェア)
    AIRFORT 10点(家具・小物−オフィス−事務用チェア)
    AGATA 16点(家具・小物−オフィス−事務用チェア)
    シーフォート 18点(家具・小物−オフィス−収納スペース)
    Amphi 12点(家具・小物−オフィス−ミーティングスペース)
    Styla 4点(家具・小物−オフィス−ミーティングスペース)
    エアフォート/V 2点(家具・小物−オフィス−ミーティングスペース)
    WT-300 18点(家具・小物−オフィス−ミーティングスペース)
    EPIPHY 6点(家具・小物−オフィス−ミーティングスペース)
    LaTea 28点(家具・小物−オフィス−リフレッシュスペース)
    マネージメント50シリーズ 9点(家具・小物−オフィス−役員スペース)
    GAISS 5点(家具・小物−オフィス−応接スペース)
    NT-S10 5点(家具・小物−オフィス−応接スペース)
    ピガール 3点(家具・小物−オフィス−応接スペース)
    brackets 35点(家具・小物−オフィス−コラボレーション)
    brackets lite 7点(家具・小物−オフィス−コラボレーション)
    Perso 10点(家具・小物−オフィス−コラボレーション)

<改良、修正>

  • 小屋裏/小屋裏開口部の外壁が生成されないことがある問題を修正しました。
  • 壁と床に隙間があるときに立体化できないことがある問題を修正しました。
  • パーツのサイズ固定箇所を設定すると、パーツの一部の面が非表示になることがある問題を修正しました。
  • 3Dオフィスデザイナーで作成した、画像を含む図面枠を配置できない問題を修正しました。
  • 特定のJWWファイルを読み込むと、配置したオブジェクトの頂点がグリッド原点に吸着する問題を修正しました。
  • 特定のJWWファイルを読み込めない問題を修正しました。
  • 配置した集合住宅用外階段の高さサイズを変更して立体化すると、手すりの位置が低くなることがある問題を修正しました。
  • サイズ固定箇所を設定したパーツを反転コピーまたは反転移動すると、ファイル保存できなくなる問題を修正しました。
  • 同じ位置に壁の頂点が重複していると、その壁を選択できなくなる問題を修正しました。
  • 立体化すると建具が表示されないことがある問題を修正しました。
  • 作成した部屋セットを配置できないことがある問題を修正しました。
  • 自動ウォークスルーの速度を遅くして出力した動画は、建具開閉と通過のタイミングが合わなくなる問題を修正しました。
  • パーツパレット編集用のパーツ属性CSVファイルを読み込めないことがある問題を修正しました。
  • 特定のM3DAファイルで自動ウォークスルーパレットを開くと動作停止することがある問題を修正しました。
  • 特定のM3DAファイルで360度パノラマ画像出力をすると動作停止することがある問題を修正しました。

【Ver.11.0.02 から Ver.11.0.03への変更点】 2020/7/15

<間取り画面>

  • パレット内のパーツの情報を一括で編集できるようにしました。
    [ツール]メニューの[パレットパーツ編集]−[パーツ属性CSV出力]で指定した分類のパーツの情報をCSVファイルに出力できます。
    出力したCSVファイルを編集して、[ツール]メニューの[パレットパーツ編集]−[パーツ属性CSV入力]で読み込むとパーツの情報を変更できます。
  • 図面上で囲った範囲を印刷できるようにしました。
    [ファイル]メニューの[図面上で範囲指定して印刷]を選んで、図面上をドラッグして範囲指定すると囲われた部分を印刷できます。
  • パーツをレイアウトした「島パターン」の配置、登録をできるようにしました。
    [家具・小物]ナビの[島パターン配置]パレットから島パターン(パーツのレイアウト情報を設定したデータ)を配置できます。配置した島パターンのハンドルをドラッグするとその範囲内に収まるように島パターンが増えます。
    また、配置したパーツを右クリックして[島パターンの新規登録]を選ぶとオリジナルの島パターンを作成できます。作成した島パターンはお気に入りに保存されます。
  • 台形の造作出窓の室内側と室外側の幅を設定できるようにしました。
    造作出窓を配置してプロパティパレットで出窓形状を[台形]にすると、室内側の幅と室外側の幅を設定できます。
  • 同種類の部屋の内装を一括して設定できるようにしました。
    [設定]メニューの[立体化後の外装・内装・屋根設定]を選び、ダイアログの[内装スタイル]タブにある[新規]ボタンを押すと、同じ種類の部屋の内装を一括して設定できます。[詳細]ボタンを押すと個別に設定できます。
  • 曲線を入力できるようにしました。
    ツールバーの[線]をクリックして[曲線]を選び、図面上で3箇所以上クリックすると曲線を描けます。プロパティパレットの[曲線化]で曲線の度合いを変更できます。
  • パーツのプロパティパレットにWebリンクを設定できるようにしました。
    パーツのプロパティダイアログの[詳細]タブで「リンク先URL」にWebリンクのURLを、「リンクテキスト」にWebリンクの名称を入力すると、リンク設定されたテキストをパーツのプロパティパレットに追加できます。
  • 立体化できる多角形を入力できるようにしました。
    [躯体編集]ナビの[壁・床・柱・梁]パレットにある3Dシェイプ[多角形]ボタンを押して図面上に多角形を描いて、プロパティパレットで上面形状(水平/勾配/切妻/半かまぼこ/かまぼこ)、上面高、下面高を設定して立体化すると、設定した立体形状になります。
  • 多角形の模様を半透明にできるようにしました。
    多角形/正多角形のプロパティパレットで模様の不透明度を設定できます。
  • 壁の各頂点の上端高さ/下端高さを変更できるようにしました。
    [躯体編集]ナビの[壁・床・柱・梁]パレットにある[壁]ボタンで作成した壁をダブルクリック、または右クリックメニューの[プロパティ]を選び、[壁の各頂点の高さ設定]ダイアログで壁の各頂点の上端高さ/下端高さを設定できます。
  • 勾配天井を屋根と異なる勾配に設定できるようにしました。
    [躯体編集]ナビの[天井]パレットにある[勾配天井]を配置し、プロパティパレットで[屋根と異なる勾配を設定]を選ぶと、勾配天井の高い方と低い方の高さを設定できます。
    ※屋根の設定は[ツール]メニューの[屋根作成]の[屋根作成]よりおこなえます。
  • 部分図を作成できるようにしました。
    CAD作図パレットで描いた線/多角形/円/文字を選択して[ファイル]メニューの[部分図を登録]を選び、名称/分類を指定すると、CAD作図パレットの[部分図]に作成した部分図を追加できます。
  • 間取り図の躯体を黒色で印刷できるようにしました。
    [設定]メニューの[その他の設定]の[その他]欄にある[躯体をモノクロで印刷]にチェックをつけると躯体/線/グリッドを黒色で印刷できます。
    ※画面上の躯体/線/グリッドは黒くなりません。
  • 間取り画面で螺旋階段、サーキュラー階段を配置できるようにしました。
    階段パレットからサーキュラー(右廻)/サーキュラー(左廻)/サーキュラー+直進(右廻)/サーキュラー+直進(左廻)/らせん(右)/らせん(左)の階段を配置できます。
  • 梁を勾配天井に沿わせたり、両端の高さを指定したりできるようにしました。
    梁のプロパティパレットで[勾配天井に沿わせる]にチェックをつけると梁を設置した箇所が勾配天井なら梁が勾配天井に沿います。
    [両端の高さを指定]を選ぶと梁の両端の高さを設定できます。
  • 外部データベースと連携して、パーツ情報の同期、同期したパーツ情報を図面上に表示、同期したパーツ情報でパーツ検索、表作成をできるようにしました。
    [設定]メニューの[外部データベース連携設定]で外部データベースに接続してパーツ情報を同期できます。
    パーツプロパティダイアログの[属性表示]タブで、同期したパーツ情報を図面上に表示できます。
    [ツール]メニューの[オブジェクト一覧・検索]で、絞り込み条件に同期したパーツ情報を選択してパーツを検索できます。
    [ツール]メニューの[作表]−[外部データベース検索]で、接続した外部データベースを表にできます。

<3D画面>

  • レンダリング不要の高画質3Dライブスクリーン「Pixage(ピクサージュ)」を実装しました。
    視点ツールバーの[Pixage]ボタンをクリックして、ナチュラル/シック/クール/夕方/夜を選ぶとパース図をPixageに切り替えられます。
  • 3DS形式ファイルを入出力できるようにしました。
    [ファイル]メニューの[インポート]−[3DS]で3DSファイルを読み込めます。
    [ファイル]メニューの[エクスポート]−[3DS]で3DSファイルに出力できます。
  • OBJ形式ファイルを入出力できるようにしました。
    [ファイル]メニューの[インポート]−[OBJ]でOBJファイルを読み込めます。
    [ファイル]メニューの[エクスポート]−[OBJ]でOBJファイルに出力できます。
  • FBX形式ファイルを入出力できるようにしました。
    [ファイル]メニューの[インポート]−[FBX]でFBXファイルを読み込めます。
    [ファイル]メニューの[エクスポート]−[FBX]でFBXファイルに出力できます。
  • glTF形式ファイルを出力できるようにしました。
    [ファイル]メニューの[エクスポート]−[glTF]でglTFファイルに出力できます。
  • パース図を360度パノラマ画像に出力できるようにしました。
    [パース・レンダリング]ナビの[パース図出力パレット]で[360°パノラマ]ボタンを押すと360度パノラマ画像に出力できます。LINE、Facebookに投稿すると360度見回すことができます。
  • 背景に360度パノラマ写真、180度パノラマ写真を表示できるようにしました。
    全天球カメラで撮影した360度パノラマ写真、スマートフォンで撮影した横長のパノラマ写真を背景パレットの[参照]ボタンで読み込むと背景に表示できます。カメラの向きを変えると背景の向きも変わります。
    また、[パノラマ背景位置調整]ボタンでパノラマ背景の位置を調整できます。
  • 背景に設定した画像を360度見回せるようにしました。
    背景パレットで[パノラマ背景]を選ぶと通常の背景画像をパノラマ背景に変換します。カメラの向きを変えると背景の向きも変わります。
    [静止背景]を選ぶともとの状態の背景になります。

<改良、修正>

  • 特定の環境で立体化できないことがある問題を修正しました。
  • 特定の環境でM3DAファイルを開けないことがある問題を修正しました。
  • 立体化するとパーツがなくなることがある問題を修正しました。
  • 特定のDWGファイルを読み込んで保存したM3DAファイルを開けないことがある問題を修正しました。
  • 特定のDWGファイルを読み込めないことがある問題を修正しました。
  • 特定のM3DAファイルで外壁が生成されないことがある問題を修正しました。
  • クラウドライセンスのOptimage設定が有効にならないことがある問題を修正しました。
  • ニッチに窓を配置した場合、壁が開口するようにしました。

【Ver.11.0.01 から Ver.11.0.02への変更点】 2019/10/23

  • 配置位置によってスロープが浮くことがある問題を修正しました。
  • 線分から生成した床が立体化されないことがある問題を修正しました。
  • 自動ウォークスルー時に、デスク類を通り抜けることがある問題を修正しました。
  • 独立壁に笠木が付かない問題を修正しました。
  • 独立壁の幅木や廻り縁の有無を設定できない問題を修正しました。
  • 軌跡のタイムスケール編集ができない問題を修正しました。
  • お気に入りに登録したドア付きパーティションのシンボルが歪む問題を修正しました。

【Ver.11.0.00 から Ver.11.0.01への変更点】 2019/9/11

  • o3dファイルをインポート時、パーツシンボルがずれることがある問題を修正しました。
  • o3dファイルをインポートして立体化すると、動作停止になることがある問題を修正しました。
  • skpデータを読み込むと容量が大きくなる現象を改善しました。
  • 平面・立面図出力時に、屋根がないと天井高や階高が出力されない問題を修正しました。
  • 壁のプロパティパレットで値が編集できないことがある問題を修正しました。
  • 3D画面で置換した照明パーツで、光源の位置がずれる問題を修正しました。
  • お気に入りに登録したパーツがパレットに出ないことがある問題を修正しました。

この資料の内容は予告なしに変更されることがあります。 いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。 この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。
Copyright(C) MEGASOFT Inc.

関連情報

ご購入

このページのトップへ