3Dパース/高画質出力 ボタンひとつで3Dに。高画質パースでリアルな提案を

ボタンひとつで立体化

平面図の作成後、ボタンひとつで立体図(3D)を表示できます。
あらゆる角度からプランを見せることができるので、提案内容の理解度を高め、顧客とのコミュニケーションを深めることができます。

下図のように、鳥瞰図や上面図など、いろいろな視点から施設のレイアウト案を検討・提案できます。

ユーザーの声

2次元の図面を基に商談を進めてもイメージの共有に限界がありますが、3D医療施設プランナーは3Dパースで空間イメージを共有できるので、お客様からも「わかりやすい」と大変好評を得ています。
ユーザー事例

ボタンひとつで立体化(1) ボタンひとつで立体化(2)
ボタンひとつで立体化(3)

その他、3Dパース画像は「サンプル画像」よりご覧いただけます。
サンプル画像

よりリアルな表現が可能な3D表示

奥行きや立体感のある3D表示が可能です。

  • ※OpenGL4対応(DirectX11対応)のグラフィック機能が必要です。


OpenGL4での表示

▲OpenGL4での3D表示


このページのトップへ

ノートパソコンでも使える軽快な3D描画

作図画面での操作は即座に3D画面に反映されます。3Dウィンドウを表示したまま、リアルタイムに変化を確認しながらフロアのレイアウト変更が行えます。
プランニングのスピードアップはもちろん、お客様先でのプレゼン時にも要望に合わせてすばやくパースを変更できて便利です。

作図画面の変更を3D画面に反映

▲作図画面の変更を3D画面に反映(動画)


このページのトップへ

optimage使用例

▲Optimage使用例

より高画質な3Dパースへ

インターネットレンダリングソフト「Optimage(オプティマージュ)」を使用すると、「3D医療施設プランナーPlus」で作成した空間をより美しく、写実的な3Dパースで表現できます。

光源設定などの手間もかからず、レンダリング速度(高画質な3Dパースを作成するための計算時間)も高速です。またOptimageの料金は従量制(A4 標準画質1枚のレンダリングで60円)となっているため、実際の使用量に応じた合理的な利用が可能です。
またプレゼン用や顧客提出用の本番レンダリングを 行う前に、出来映えを確認するためのテストレンダリングを無料で行うことも可能です。


3Dウィンドウ表示とOptimageでレンダリングしたパース画像との比較

3Dウィンドウ表示とOptimageでレンダリングしたパース画像との比較

この他、Optimageを使ったパースサンプルは以下よりご覧いただけます。
サンプル画像

Optimageなら光源設定が簡単

レンダリングに必要な光源設定は、3D医療施設プランナーPlusでは明るさとコントラストのパターンを選択するだけで自動調整。様子を見ながら調整する手間が省けます。

拡大する


■Optimageのレンダリングについて

レンダリング時間の分布図 レンダリングの時間について

「Optimage」のレンダリングにかかる時間は、全体の91%が15分以内です。また、最大サイズであるA2/高画質の場合でも、平均10分以内にレンダリングが終了しています。(3Dマイホームデザイナー ユーザーアンケートより)

レンダリングポイントの目安

「Optimage」利用時には、サイズ・画質に合わせてレンダリングポイントを消費します。1ヶ月にA3/標準画質で10枚、A4/標準画質で20枚をレンダリングする場合、Optimageに同梱している500ポイントで約1年間お使いいただけます。
各用紙サイズの1枚あたりの消費レンダリングポイントは以下のようになります。

用紙
標準
高品位
A2
4.82ポイント 12.35ポイント
A3
2.24ポイント 5.73ポイント
A4
1.00ポイント 2.56ポイント
A5
0.42ポイント 1.08ポイント

光源や外観の表現を追加し、
よりリアルな3D空間へ

3D医療施設プランナーPlus+3DマイホームデザイナーPRO7セット

作成した内観データは、「3Dマイホームデザイナー」(別売)に読み込むことにより、光源を追加して照明効果をよりリアルにしたり、建物の外観を表現できます。

3D医療施設プランナーPlusPRO4+3DマイホームデザイナーPRO7セットを使ったパース例

▲受付カウンターや背後の壁を造作。天井の照明も調整

仕様・詳細データ

 

関連ページ

サポート