メガソフト トップ製品情報インテリアデザイナーNeoインテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック

Neoワンポイントテクニックちょっとしたコツや工夫でインテリアパースの表現力をアップ!

バックナンバー一覧過去の「インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック」がご覧いただけます。

インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック 第4回

「部屋の床高を上げる」に階段をつける

第3回で部屋の床高を上げました。それにあわせて階段を作成します。
階段は間取り画面に戻って梁を使って作成します。

完成画像を拡大する

01 第3回で部屋の床高を上げたデータをそのまま使います。「間取り編集」をクリックして間取り画面に戻ります。
   
02 部屋をダブルクリックして、「部屋のプロパティ」を表示します。「立体化設定」タブの「幅木」「廻り縁」のチェックボックスからチェックを外して「OK」をクリックします。
 (2部屋とも「幅木」「廻り縁」のチェックを外します)

右の画像を拡大する    
   
03 「インテリアデザインナビ」から「柱・梁配置」を選択し、梁配置ボタンをクリックして下のリビングの部屋に「梁」を配置します。
   
04 梁をダブルクリックして「梁のプロパティ」を表示します。高さ設定方法を「床からの高さを指定」に変更し、数値も階段の高さ、幅に変更します。

右の画像を拡大する
   
05 変更された梁の配置位置を調整します。
   
06 再度、梁を選択して配置し、「梁のプロパティ」を表示します。高さ設定方法を「床からの高さを指定」に変更し、数値も2段目の階段の高さ、幅に変更します。

右の画像を拡大する
   
07 変更された梁の配置位置を調整します。
   
08 ナビから「立体化」をクリックします。
   
09 階段ができました。
   
10 ナビから「内装材設定」の「床材設定」を選び、「テクスチャ」タブの「床材」からフロアタイルを床に貼りつけて、終了です。

バックナンバー一覧過去の「インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック」がご覧いただけます。

このページのトップへ


このページのトップへ