河村容治のインテリアコラム 今から学ぶ、インテリアコーディネート・トレーニング 著者プロフィール

課題「挑戦してみよう!店舗のファサードデザイン」では、自分で選んだイメージスタイルが十分表現できているかを大きなポイントとしました。
比較的扱いやすいこともあって、ナチュラルやモダンを選ぶ人が多く見受けられましたが、プロを目指すためにはどんなスタイルもこなせるように、他のスタイルも挑戦すべきです。
またファサードは独立したものではなく、インテリアの表現が自然に外部に流れ出たようなものを目指してください。

この課題では、コンセプトからファサードのデザインまで、一貫した作品を紹介する予定でした。
ところが一方がいいものは結構ありましたが、残念ながら両方ともよいものは多くはありませんでした。コンセプトを考えるのはそれなりに難しいことですが、それを具体的な空間に育てることはさらに難しいと言えます。

日頃から優れた作品に触れ、つくる側の立場で空間構成をよく観察する必要があります。それを自分のものとして消化し、いつでも使えるような引出しとして育てておくことが重要です。

ナチュラル

  • 自然素材をベースとします。同じなるナチュラルで基本とするところは同じですが、3つはかなり表情が異なります。

    (1) JAPAN KICHEN(C案) さわやかな印象を与える作品です。左側の縦の格子と右側の水平を強調したラインの対称が美しい。和の要素も感じられます。
    (2) グリーン・ヒット グリーンがポイントになり、天井が暗いことで、包まれた印象を生み出しています。添景を入れることで、雰囲気を盛り上げています。
    (3) Tの森 ストーリー性があり、楽しそうで、また来たくなります。
  • 店舗パース JAPAN KICHEN店舗パース グリーン・ヒット店舗パース Tの森
    左から順に(1) JAPAN KICHEN、(2) グリーン・ヒット、(3) Tの森

モダン

  • 色はモノクロームを基本とし、形状はシャープなものを選びます。

    (4) T Baker 木質を強調するとモダンではなくなりますが、シャープなデザインがモダンな表情が出ています。
    (5) とどろ 店名とイメージが一致しませんが、エッジの効いたデザインで、よくモダンが表現できています。
  • 店舗パース T Baker店舗パース とどろ
    左から順に(4) T Baker、(5) とどろ

  • 和風な要素も必要ですが、「ジャポニズム」にならないようにすることが難しい。

    (6) TCカフェ モダンに近いストイックな表現で、よく和が表現できています。
    (7) CHOOSE(H案) 和というよりもアジアンな表情がでています。
  • 店舗パース TCカフェ店舗パース CHOOSE
    左から順に(6) TCカフェ、(7) CHOOSE

アジアン

  • アジアのリゾート地にあるような混乱と統一を表現。水気の多い原色が生えるイメージ。

    (8) シャングリラ(I案) 行けばいつも何か楽しいことが待っているようで、アジアンをよく表現できています。
    (9) Caps Lock 店舗と客席が一体感。アジアンというよりもナチュラルに近い。
  • 店舗パース シャングリラ店舗パース Caps Lock
    左から順に(8) シャングリラ、(9) Caps Lock

このコラムでは、インテリアに興味がある方にインテリアの楽しさを伝えたいとはじめましたが、今回で最終回となりました。
長い間コラムをお読みいただきありがとうございました。


超図解で全部わかる インテリアデザイン入門

< 著者の書籍をご紹介 >

超図解で全部わかる インテリアデザイン入門
河村容治監修、Aiprah著
エクスナレッジ刊、2014年11月28日発売。

インテリアデザインやインテリアコーディネートを学ぶ上で、基本となり重要なエレメントが、フルカラーの図解でやさしく解説しています。



著者プロフィール

河村容治(かわむらようじ)
東京都市大学 都市生活学部教授
博士(美術)、一級建築士、日本インテリア学会理事 CAD/CGによるインテリアデザイン教育に力を注ぐ
主な著書
インテリアデザイナーNeoによる 一歩先行くインテリアプレゼンテーションテクニック」(共著・メガソフト)/「3DマイホームデザイナーPROで学ぶインテリアコーディネートトレーニングブック」(BNN)/「3Dインテリアデザイナーによるインテリアコーディネート入門」(技術評論社)など多数
ガイドブック 好評発売中

バックナンバー

このページのトップへ

このページのトップへ