メガソフト トップ製品情報インテリアデザイナーNeoインテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック

Neoワンポイントテクニックちょっとしたコツや工夫でインテリアパースの表現力をアップ!

バックナンバー一覧過去の「インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック」がご覧いただけます。

インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック 第3回

部屋の床高を上げる

部屋のプロパティから床高の設定箇所に数値を入力するだけで簡単に床高を
変更できます。

完成画像を拡大する

01 間取り画面のナビから、「部屋作成」を選択し、部屋を2つ配置します。
   
02 ナビの「壁編集」を選択し、パレットから「開口」タブの「壁高さ」を選択します。
   
03 床を上げる部屋の壁をクリックします。壁は赤枠で選択されます。
 その壁をダブルクリックして「壁編集プロパティ」を表示します。
 上げたい床の数値を「高さ」に入力します。

右の画像を拡大する
   
04 床を上げる部屋をダブルクリックして「部屋のプロパティ」を表示します。
 「立体化設定」を選択して、幅木のチェックを外し、床高の数値を先程の壁編集で入力した数値と同じ数値を入力します。
右の画像を拡大する
   
05 立体化します 。
   
06 床の高さが上がり、幅木の非表示を確認できます。
   
07 ナビの「床材設定」を選択して、「床材」タブから畳のテクスチャを貼って終了です。

バックナンバー一覧過去の「インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック」がご覧いただけます。

このページのトップへ


このページのトップへ