動作環境

動作環境

対応OS 日本語オペレーティングシステム Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP

※Windows XPは、Service Pack3以上が必要。
※Windows Vistaは、Service Pack2以上が必要。
※Windows 8.1/8上では、デスクトップアプリとして動作。
※64bitOS上では、32bitアプリケーションとして動作。
※Windows 10のタブレットモードでは非対応
CPU 1GHz以上
ハードディスク 4GB以上
メモリ 各OSが推奨する容量以上
ディスプレイ 解像度1280×768以上
65,536色以上
ビデオカード OpenGL4モード:OpenGL4.2対応のGPUが必要
DirectXモード:32MB以上のビデオメモリが必要
OpenGL1モード:特に制限なし

※PixelShader3.0対応ビデオカードを使用すると、3D画面で影付きで綺麗な表示が可能。
※アンチエイリアス対応ビデオカードを使用すると、3D画面でなめらかな線の表示が可能。
※フォンシェーディング、アンチエイリアス、色覚シミュレーション、白内障シミュレーションは、DirectX9cのGPUが必要。
※アンビエントオクルージョン、自動バンプマップは、OpenGL4.2、DirectX11対応のGPUが必要。
周辺機器 マウス必須
パッケージ版はセットアップ時にDVD-ROMドライブが必要

入出力形式

間取り図下絵入力 BMP,JPEG,DXF,JWC
間取り図入力 MWD※2
間取り図出力 BMP,JPEG,EMF,DXF,JWC,MXM※1
3Dデータ入力 DXF(3DFACE/3Dメッシュ/3Dポリライン/INSERT),CWS※3,M3D※2,SKP※5
3Dデータ出力 DXF,M3D※2,KMZ※4,RIK,VRML※6
3Dパース入力 BMP,JPEG
テクスチャ画像入力 BMP,GIF,JPEG,MTB※2
背景画像入力 BMP,GIF,JPEG
ムービー出力 AVI,WMV
その他 イメージスキャナ・デジタルカメラからの読み込み機能
  • ※1 MXM・・・プレゼンボードデザイナー専用ファイル形式
  • ※2 M3D,MTB,MWD・・・3Dマイホームデザイナー専用ファイル形式
  • ※3 CWS・・・スクリプトファイル
  • ※4 KMZ・・・GoogleEarthファイル
  • ※5 SKP・・・SketchUp™ファイル
  • ※6 VRML・・・3Dプリンタ用のデータとしてそのまま活用することはできません (stl形式にも非対応)
pro8
住宅プレゼンソフト15年連続売り上げNo.1
プロ用住宅・建築プレゼンテーションソフト
pro8

3DマイホームデザイナーPRO9