STARFAX 16 OCXライセンス概要

STARFAX16OCXロゴ

STARFAX 16 OCXとは?

自身で作成されたプログラムで出力している帳票や図面を、いったん印刷することなく直接STARFAXからFAX送受信や管理を行えるよう、 プログラムとSTARFAXをつなぐ、STARFAX 16専用カスタマイズオプションです。

VBやVC++、VBAなど、ActiveX(OCX)を利用できる言語であれば、どのような言語でも使用できます。

OCX利用イメージ

提供モジュール

  • OCXライセンス(メール、または証書)
  • OCXサンプルプログラム
    FAX送信、原稿ファイル加工、通信記録の参照などOCXコントロールを利用できる環境で実行できます。
    ※サンプルプログラムはVisual Basic 2005、Visual Basic 6.0日本語版 SP6で作成
  • リファレンスガイド
  • プログラム時のリファレンスとして活用
  • 開発の手引き
  • STARFAX OCXサポート 1インシデント付き

ご利用にあたって

STARFAX 16がインストールされている環境に、 STARFAX 16 OCXの「セットアッププログラム」をインストールすることでお使いいただけます。
OCXライセンスは、ユーザープログラムを稼働、連携させるパソコンに、その台数分インストールする必要があります。

例)・1台のパソコンでユーザープログラムと連携する場合
    STARFAX 16 1ライセンス + STARFAX 16 OCX 1ライセンス 必要
  ・グループFAXで使用、クライアント3台の内2台のパソコンで連携する場合
      STARFAX 16 3ライセンス + STARFAX 16 OCX 2ライセンス 必要

ライセンスの必要数1  ライセンスの必要数2

旧バージョンをお使いの方

STARFAX2005 ~ STARFAX 15のOCXを利用されていた場合、ユーザープログラムを変更することなく、そのままSTARFAX 16 OCXに切り替えてお使いいただけます。
STARFAX 2004以前のOCXを利用して作成されたプログラムについては、修正が必要になる場合はございます。
詳しくはこちら、サポート情報をご参照ください。