メガソフト トップサポートLiquidLogicFAQ

LiquidLogic


FAQ

更新日:2020年6月29日


HTMLプレビューが正常にされない

以下のような原因と対策が考えられます。
マニュアルのHTMLプレビューもご確認ください。

●ファイルに適用されている言語がHTMLでない
ファイルタブの先頭に「プレビュー」ボタンが表示されず、ファイルタブをタップしたメニューから「プレビュー」を実行してもテキストがそのまま表示されます。
 ↓
ファイルタブをタップしたメニューの「ファイル情報」で適用される言語を「HTML」に変更してプレビューしてください。

●ファイルの位置情報が分からない
ファイル Appや「共有」を通してファイルをオープンした場合はアプリ側はファイルが実際にどこにあるかの情報が把握できません。
それによりパス指定の画像、CSS、JSなどのファイルが摘要されずHTML表示がおかしくなります。
 ↓
LiquidLogicの「ファイラー」で「ファイル...」(ファイル App)以外からファイルを選択してオープンしてください。

●パスの記述が誤っている
画像、CSS、JSなどのファイルのある場所とパスの記述があっているかご確認ください。
 ↓
・相対パス指定の場合はパスがずれていないかご確認ください。
・ルートパス指定の場合はどの場所がルートかの指定が必要です。
 ファイラーのトップ画面で「編集」を実行後にファイルがある場所のアカウントをタップした画面で「ルートフォルダー」の設定を行ってください。


この資料の内容は予告なしに変更されることがあります。
いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。
この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。
Copyright© MEGASOFT Inc.