メガソフト トップサポートLiquidLogicFAQ

LiquidLogic


FAQ

更新日:2020年8月25日


ファイルAppから他のアプリのファイルを編集したい

iOSアプリ「ファイル」(ファイル App)のブラウズに対応しているアプリは、LiquidLogicでその中のファイルをオープンして編集できる場合が多いです。


ファイル

「ファイル」をタップして起動します。


ブラウズ

「ブラウズ」欄から「場所」→「編集」をタップして編集画面で、目的のアプリをオンにします。
インストールしていても目的のアプリがここに表示されない場合はこの方法に対応していないと思われます。


ブラウズ

LiquidLogicで「ファイラー」を起動、または「Open」を実行します。
トップ画面の「ファイル...」をタップして、ファイル Appを呼び出してブラウズでそのアプリを選択してその中のファイルをタップでオープンして編集できます。


【ご注意】
ファイル Appや「共有」を通してファイルをオープンした場合はアプリ側はファイルが実際にどこにあるかの情報が把握できません。それによりHTMLファイルでパス指定がある場合はうまく摘要されずHTMLプレビューでの表示がおかしくなる場合があります。

なおDropbox、Google Drive、OneDrive、SMB、FTP/SFTPはLiquidLogicのファイラーのアカウントに追加でき、ファイル Appや専用ソフトを使わずにファイルをオープンして編集できます。
grepの検索対象への指定、FTPのローカル側への指定、ファイルのコピーなどの操作も可能です。


この資料の内容は予告なしに変更されることがあります。
いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。
この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。
Copyright© MEGASOFT Inc.