サポート情報
テキストエディタ MIFES 10

ファイルのインストール先について

更新日:2017年1月20日

■回答

ファイルは「プログラムフォルダー」と「カスタマイズフォルダー」の2箇所に分けてインストールされます。
以下フォルダーの場所とインストールされるファイルの種類です。

■プログラムフォルダー
プログラム関連のファイルがインストールされます。
・フォルダーの場所
インストール時に指定したフォルダーになります。デフォルトは以下です。
インストール後に変更することはできません。
<64bitOSの場合>
 C:\Program Files (x86)\MIFES10
<32bitOSの場合>
 C:\Program Files\MIFES10
・インストールされる主なファイル
・MIFES本体プログラム(MIW.EXE)
・ヘルプファイル(MIW.CHM)
・マクロ言語コンパイラ(MIWC.DLL)
・MIFES専用ファイラ(MIWFIL.EXE)
・その他のプログラム(*.EXE、*.DLL)
■カスタマイズフォルダー
カスタマイズ関連のファイルがインストールされます。
インストール時に指定はできません。
・フォルダーの場所
Windowsの以下のフォルダ内に作成されます。
<Windows 10、8.1、8、7、Vista、Server 2016、Server 2012、Server 2008の場合>(パブリックのドキュメント内)
 C:\Users\Public\Documents\MEGASOFT\MIFES10
<Windows XP、Server 2003の場合>(共有ドキュメント内)
 C:\Documents and Settings\All Users\Documents\MEGASOFT\MIFES10
・インストール・作成される主なファイル
・MIFES用のカスタマイズファイル(*.INI)
・ライブラリファイル(MIW.LIB)
・ライセンスキーファイル(MIWKEYID)
・ツールバーファイル(*.RBN)
・ライブラリのマクロコマンドのソースファイル(MIWLIB.MAC)
・自動マクロ定義ファイル(MIW.MAC)
・イージーヘルプ辞書ファイル(*.EGH)
・文書整形用外部DLL(*.REP)
・マクロ言語のcalldll()から呼び出すDLL(*.DLL)
・グローバル置換のログファイル(GREPLOG.LOG)
 ※ご注意
・フォルダーの削除や移動をしないようにしてください。
・ログインユーザーごとにカスタマイズフォルダーを切り替えることはできます。
 【設定】メニューの 【カスタマイズファイルの読み書き】で「カスタマイズフォルダーの変更」を実行してください。
・カスタマイズフォルダーは【設定】メニューの 【カスタマイズファイルの読み書き】の「フォルダー位置」で確認できます。
前のページに戻る
MIFES 10 製品情報
テキストエディタ MIFESシリーズ製品情報