メガソフト トッププレスルームニュースリリースSTARFAX Server SDK WebKit 新発売

ニュースリリース

MEGASOFT ニュースリリース

2014年5月13日<報道関係者各位>


【新製品】
受信したFAXをWebブラウザで閲覧管理できるFAXサーバーソフトを発売

<STARFAX Server SDK WebKit>
対応OS:
 Windows Server 2012 / 2008 /2008 R2 / 2003 /2003 R2
 Windows 8.1 / 8 / 7 / Vista
発売日:
 2014年5月14日(水)
標準価格:
 オープン

メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井町良明)は、最大16のFAX回線で業務システムと連携でき、 WebブラウザからFAXの送受信および閲覧管理が可能なFAXサーバーソフト「STARFAX Server SDK WebKit」(スターファクス サーバーエスディーケー・ウェブキット)を5月14日より発売いたします。
※既に発売中のSTARFAX Server SDKをご利用中の方向けに、WebKit単体も同日より発売開始いたします。

受信FAXの閲覧・既読確認・対応状況などをWebブラウザで管理できる

####「STARFAX Server SDK」は、最大16回線に対応し、受発注管理や帳票管理などの業務システムと連携できるFAXサーバーソフトとして企業を中心に幅広く導入されています。

今回発売する「STARFAX Server SDK WebKit」は、これまでのFAXサーバー機能に併せて、Internet ExplorerなどのWebブラウザでFAX書類の送受信、受信FAXの管理ができるユーザーインターフェイスを追加で提供します。

「STARFAX Server SDK WebKit」の主な特徴

●Webブラウザで受信FAX管理

####Webブラウザ上でFAX書類送信および受信FAX管理が可能なユーザーインターフェイスを提供するWebKitを用意しました。

専用のクライアントソフトをインストールすることなく、また使用するOSに依存せずにFAXサーバーにアクセスして書類の送受信ができます。サーバーの設定次第で、外出先のPCや移動中のノートPC、スマートフォン・タブレットなどからもFAXの送受信が可能です。
また、受信したFAX書類に既読マークを付けたり、コメントを付記したりする機能を搭載していますので、部署内で受信書類の確認履歴や対応状況を共有できます。


●FAXの弱点だったセキュリティも強化

紙のFAXでは受信内容が印刷されるため、不特定多数の目に触れる危険性がありました。STARFAX Server SDK WebKitでは、受信回線はもとより特定の送信先からのFAXの閲覧者を制限する「回線フィルタ」および「電話帳フィルタ」機能も搭載されているため、FAXの弱点だったセキュリティにも配慮されています。
(※ナンバーディスプレイ対応のFAXモデムが必要です。)


WebKitで提供される機能

  • FAX書類の送信
  • 受信FAX書類の閲覧
  • 受信FAXの未読・既読管理
  • 受信FAXに関するコメント記入機能
  • 相手先や日付などで絞り込みができる履歴検索機能
  • 特定の相手先からのFAX受信に対する自動FAX返信機能
  • 回線別に閲覧者を限定
  • 送信番号別に閲覧者を限定(※ナンバーディスプレイ対応FAXモデム使用時)

ダウンロード画像

※以下の画像ファイルをダウンロードできます。

▲製品ロゴ
sfsvsdk_wk_logo.zip(24.5KB)
解凍後:sfsvsdk_wk_logo.jpg(36.7KB)
▲製品イメージ図1
sfsvsdk_wk_1.zip(10.1KB)
解凍後:sfsvsdk_wk_1.jpg(22.3KB)
▲製品イメージ図2
sfsvsdk_wk_2.zip(13.6KB)
解凍後:sfsvsdk_wk_2.jpg(25.6KB)
▲操作画面:ログイン画面
sfsvsdk_wk_login.zip(45.4KB)
解凍後:sfsvsdk_wk_login.jpg(75.9KB)
▲操作画面:受信ボックス
sfsvsdk_wk_jushinbox.zip(87.3KB)
解凍後:sfsvsdk_wk_jushinbox.jpg(132KB)
▲操作画面:FAXの作成
sfsvsdk_wk_makefax.zip(79.7KB)
解凍後:sfsvsdk_wk_makefax.jpg(132KB)

製品概要

製品名 STARFAX Server SDK Web Kit
ジャンル FAXサーバーソフト
発売日 2014年5月14日(水)
※2014年5月14日(水)よりメガソフトオンラインショップにて発売開始いたします。
企画・開発・発売 メガソフト株式会社
開発 メガソフト株式会社
流通方法 パソコン流通ルート、メガソフトオンラインショップ、そのほか
販売対象 FAX業務利用者、FAX機の置き換えを検討している企業
対応OS Windows Server 2012 (Standard Edition)
Windows Server 2008 /2008 R2(Standard Edition、Enterprise Edition)
Windows Server 2003 /2003 R2(Standard Edition、Enterprise Edition)
Windows 8.1/8/7 32ビット/64ビット
Windows Vista Service Pack 2以上32ビット/64ビット
※各日本語版に対応
※64bitOS上では、32bitアプリケーションとして動作
※Windows 8.1/8上ではデスクトップアプリとして動作
動作環境 一般加入電話回線、IP電話回線(光、ADSL)、ISDN回線など、一般電話機またはFAX機が利用できる回線が必要です。
G3規格に対応したFAXモデムが必要です。
※その他、動作環境の詳細は、STARFAX Server SDKの動作環境・仕様と同じ。
参照:http://www.megasoft.co.jp/starfaxsdk/spec.html
シリーズ紹介ページ http://www.megasoft.co.jp/starfax/
このページのURL http://www.megasoft.co.jp/publish/sfsvsdk_webkit/

■お問い合わせ先

お客様からのお問い合わせ先(掲載用)
<メガソフト株式会社 インフォメーションセンター>
TEL: 06-6147-2780 FAX: 06-6131-5081
〒530-0015 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階
受付時間:9:30〜11:45 13:00〜17:00(土曜、日曜、祝祭日をのぞく)
[メガソフト株式会社URL http://www.megasoft.co.jp/]
報道関係者からの取材、お問い合わせ先
<メガソフト株式会社 広報室/西脇・川田>
TEL: 06-6131-5028 FAX: 06-6131-5081
〒530-0015 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階
受付時間:9:30〜11:45 13:00〜17:00(土曜、日曜、祝祭日をのぞく)
メールアドレスE-mail:press@megasoft.co.jp
ページのトップへ戻る

このページのトップへ