“違いがわかりますか?”「疑似VR」と「本物VR」

疑似VR
ハコスコ+スマホや、安価な機器を使う、「パノラマ画像鑑賞」型VR …事前に全視野の画像を作成し、頭の向き・傾きにあわせて見る道具で、実際に歩いても、しゃがんでも、見える景色は変化しません。中には右目用と左目用の視差のある画像すら作成せず立体感が全くない、単なる「パノラマビュアー」をVRと称しているものもあります。
これらは形を変えた写真の鑑賞道具。自然の風景や有名な建造物などを鑑賞するには良いかもしれませんが、パース図を周囲を暗くして見るのと機能差は少なく、自分が将来使用する空間や設備を評価する道具としては力不足です。

本物VR
見る人の動きを捕捉して景色に反映する、本物のVR …見る人の頭の向き・傾きだけでなく、位置(前後・左右・上下)の変化を捕捉し、その視界で見えるはずの画像を3Dデータから瞬時に計算して映像を作り出します。VR(バーチャルリアリティ)とは、「バーチャルだが本物のように感じる」ものであり、現実世界と同様に、歩けばその分だけ景色が変化するといった、“体感”と“画像”によってこそ生み出されるものを言います。
これらの技術が揃うことで、竣工前に本物の建物の中に入る体験ができ、施主と細部を吟味したり空気感を味わうことができるのであり、その他の道具では期待できない事業へのプラス効果を実現できるわけです。


“パースを作成しているなら、VRを使わなければソン”

3Dパースソフトを使ってパース図を作ると同時にその空間が完成しています。折角作成した空間を2Dのパースという形でのみ使用するのは、もったいない。
VRソリューションを使えば、データに手を加えたり、変換したりすることなく、そのままVR空間として体験することができるのです。この追加作業なく即VR空間として扱えるという点は、3Dパースソフトを使っている方々にとってはVRという武器を手に入れたも同然。
もはやVR空間の作成はゲームクリエーターのような特殊な技能を持った人たちのものではありません。

> ページTOPへ