メガソフト トップ > サポート > 3Dデザイナーシリーズ > よくある質問 > o3dファイルをインポートしてパースを作成する

よくあるご質問

o3dファイルをインポートしてパースを作成する

詳細

01従来の3Dオフィスデザイナーで作成したo3dファイルを、3Dオフィスデザイナー11や物流倉庫3Dで利用する方法です。

新機能「ライティングの自動モード」は、空間全体の明るさが自動的に調整されるので、各光源の調整が不要です。

 

 

 

 

 

 

 

対象製品

・3Dオフィスデザイナー11
・物流倉庫3D

操作方法

1.間取り画面の[ファイル]メニューの[インポート/エクスポート(他形式の入出力)]の[3Dオフィスデザイナー形式入力]を選択して、o3dファイルをインポートします。

2.3D画面のナビ[ライティング]を選択し、[自動]を選択します。
空間全体の明るさが自動的に調整されますので、各光源の調整が不要です。02

 

 

 

 

自動モードでは各光源は反映されません。
点灯している照明を表現するには、光シール付きの照明パーツを用います。
03

光シール付きの照明は、パーツ名称の末尾に「h」が付いています。04

 

※ 自動モードおよび光シール付きの照明パーツは「Optimage」レンダリングには対応していません。

 

 3.ナビ[パース・レンダリング]を選択し、印刷または画像形式で出力します。05

 

 

 

 

 

 

「Optimage」でレンダリングするには

1.ナビ[ライティング]を選択し、[手動]を選択して各光源の明るさを調整します。
2.ナビ[パース・レンダリング]を選択し、[レンダリング]を選択して出力します。
「(従来の)3Dオフィスデザイナー」で配置した照明パーツには光源が設定されていません。
「3Dオフィスデザイナー11」に収録の照明パーツには光源が設定されていますので、置き換えてください。
以下は同じ照明パーツが複数配置されている場合に一括で置き換える例です。
なお、光シール付きのパーツを光源が設定されているパーツに置き換える場合も同様です。
1.間取り画面でパーツを選択し、プロパティの[一括選択]ボタンをクリックします。06

2.プロパティの[一括置換]ボタンをクリックし、置換したいパレットのパーツをクリックします。07

 

調査依頼

各QAページをみても解決しない場合は調査依頼ボタンから、ご不明な点をお尋ねください。
※ご依頼いただく前にユーザー登録が必要です。