3Dオフィスデザイナー11
ユーザーレビュー

3Dオフィスデザイナー11のユーザー様に使って気付いたお気に入りポイントなどをうかがいました。
製品担当からのコメントもぜひご参考に。

Review 1

エフケイ株式会社 堀越 隆史 氏

社内の管理物件システムを構築し、公開物件のWebサイトも運営。
物件のイメージ画像を3Dオフィスデザイナーで作成している。


上から順番に操作すればいい
堀越 氏
操作画面の構成が大きく変わったのではじめは少し戸惑いましたが、使っているうちに画面の左側のところを上から順に操作すればいいんだということに気づきました。
ときどきガイドが出てきて教えてくれるので、初めてでもマニュアルを見ずにレイアウトを作成できました。使いやすいです。

製品ディレクター
「ナビ」と呼んでいるところですね。「間取り編集」画面も「3D編集」画面も、迷ったら「ナビ」を上から順に選んでみてください。「ナビ」を選ぶとそれに合わせて「パレット」が切り替わり、こちらから操作方法などをご覧いただけます。
また、編集画面上で選択しているものの情報は画面右側の「プロパティパレット」で確認・編集が可能です。 初めてご利用の際にはこちらも参考にしてください。


寸法入力が一発!
堀越 氏
これまで寸法は一つずつ入力していたのですが、3Dオフィスデザイナー11ではツールバーのボタンをクリックするだけで、寸法が自動で、しかもまとめて入力できるのでとても助かります。

製品ディレクター
ツールバーの「寸法」ボタンで「自動」を選ぶと一括で寸法が入力されます。
細かすぎて削除したいときにはその後「手動」に切り替えて追加したり削除が可能になります。
寸法の文字サイズやフォントも「手動」に切り替えていただくと変更可能。寸法線を選択して画面右側のパレットで「フォント」をクリックしてください。
寸法線が不要なときは右上の「寸法線」のチェックボックスで非表示にできます。


3Dがきれい
堀越 氏
とにかくPRO4から格段に「絵」がきれいになりましたね。
PRO4では壁面がペタっとした感じでしたが、壁にも明暗がついていて、光の具合もいいと思いました。
弊社の物件紹介サイトに掲載するパースも、これからは3Dオフィスデザイナー11で作成して、きれいなイメージを見ていただきたいですね。

製品ディレクター
大きく変わった点のひとつが、画像のクオリティです。特に3Dパースはかなりきれいになりました。
照明の強さや色も考慮していますので、よりリアルなイメージで表示されます。
また3D空間全体を高画質表示する、高画質3Dライブスクリーン「Pixage(ピクサージュ)」を新搭載しました。視点を変えてもずっとすべてがPixageの最高画質で表示されます。もちろんPixage画質の画像も出力できますので、ぜひご利用ください。

メガソフトからひとこと
エフケイ株式会社の管理物件の紹介ページには、パースだけでなく間取り図面も必要で、寸法の入った図面も必要、さらに人物を入れたパースや動画など、3Dオフィスデザイナーで描ける画像をフル活用いただいています。
パース画像が美しくなった3Dオフィスデザイナー11を、引き続きご利用ください。

エフケイ株式会社の導入事例はコチラ→