PDFファイルを線分情報として読み込み

下絵としてPDFが読み込めるようになりました。
CADデータは持っておらず、PDFデータしかないという時に便利です。

PDFファイル自体に文字や線の情報を保持していれば、それらの状態を保ったまま読み込めます。

読み込んだ後は、線分から部屋を自動配置できるため、業務がスムーズに進みます。

※文字や線情報を持っていない、ラスター情報のPDFは、画像として読み込まれます。
※ページが複数あるPDFは、読み込むページを指定できます。

PDFファイルを線分情報として読み込み


簡単な操作でスピーディーなオフィスレイアウト・内観パース作成、
3Dプレゼンテーションが可能なオフィスプラン提案ソフト。

3Dオフィスデザイナー11