導入事例・インタビュー Introduction & Interview
VRは未来の空間にタイムスリップしてもらうツールです

今枝 茂樹 氏

株式会社Imaeda Design
代表取締役

株式会社Imaeda Design(愛知県名古屋市)は、店舗やオフィスなどの商業施設から住宅リフォームまでプランニングするインテリアデザイン事務所です。
同社はリアリティのあるプラン提案を旨としており、事務所のショールーム化、家具やインテリア雑貨の物販など、デザイン+αのプレゼンテーションを実践されていますが、さらなるリアリティを目指してメガソフトVRソリューションを導入されました。
今回は、代表取締役の今枝茂樹社長にお話を伺いました。

導入効果Conversion

  • 場所を選ばないリアルサイズ3Dシミュレーション
  • まだない未来の空間へ入り込める最先端ツール
  • 自社の先進性をアピールし、ブランド力を高められる

手間も場所もいらない実物大の3Dシミュレーション

− 今枝さんは様々な3Dプレゼンテーションを導入されていますね。

今枝社長:3Dパース画からスタートして、3Dテレビ、さらに3Dプロジェクタでのプレゼンテーションと、どんどん見せるサイズを拡大してきました。店舗にしろ住宅にしろ、完成形をリアルに視覚化して見てもらうのが一番だと考えていますが、実物大がもっともリアルですから。
事務所内にショールームコーナーを作っているのも「実物大」で「リアル」な「完成イメージ」を見てもらう一つの工夫です。


【打ち合わせコーナーに設置された3Dテレビ】


− その最先端にメガソフトVRソリューションがあるわけですね。

今枝社長:VRはまさに実物大として感じてもらえるシミュレーションだと思います。
3Dプロジェクタもほぼ実物大で3D空間を体感してもらえましたが、フルサイズで映し出すにはそれなりの場所を確保しなくてはなりません。その点、メガソフトVRソリューションなら、場所をえらばずにどこでも実物大の3Dシミュレーションを見せることができるのがいいですね。


【3Dプロジェクターの体験コーナー】

未来空間へタイムスリップしてもらう

− メガソフトVRソリューションの一番の魅力はどんなところでしょうか?

今枝社長:当社では、メガソフトVRソリューションの前に、360度カメラで撮影した画像をVRゴーグルで見てもらうプレゼンテーションを行っていました。私たちが手がけたデザインを、現地に行ったような気持ちになって見てもらう、というものです。
このプレゼンテーションでVRの手ごたえを感じたのですが、これは過去の事例を見せるVRです。それに対してメガソフトVRソリューションは、未来空間を見せることができるプレゼンテーションだと思います。



【メガソフトVRソリューションで3D空間を体験中のクライアント】


同社が得意とする店舗の3Dプランニング&プレゼンテーション

ビフォー
施工写真

3Dプランニングパース


− 御社のホームページにも「実際の空間にタイムスリップ」とありますね。

今枝社長:そのとおり、未来にできあがる予定の空間にタイムスリップして入り込んでもらう、という感覚です。飲食店のプランであれば完成した店舗の厨房やホールに実際に立った時の様子を実感してもらえるんですね。「この広さなら十分に通れるな」とか「この近さならお客さまとのコミュニケーションがうまくできるな」みたいなことが、お店の完成前にリアリティを持って確認できるわけです。
完成形をイメージできれば、調理の動線や配膳のオペレーションなど、具体的な店舗運営を考えることができるので、より失敗のないお店を作ることができます。


一歩先を行くことで、自社のブランド力をアップ

− 最初にうかがったように、御社は常に最新の3Dプレゼンテーションツールを導入されていますね。

今枝社長:3D提案のチカラは常々実感してきました。何より私自身、3Dでプランニングするのが好きなんで。それに、時代の最先端のツールを導入することで、「情報に敏感な会社」「顧客のことをしっかり考えてくれる会社」として、自社のブランド力を高めていくことも、インテリアデザイン事務所として重要なことだと思います。
先進のVRを見られる、というシンプルな集客効果ももちろん期待できますしね。


デザインリフォームの3Dプランニング&プレゼンテーションの事例
ビフォー
施工写真

3Dプランニングパース

− Imaeda Designが手がけたお店は必ず繁盛する、ということを常に目指しているという今枝社長は、メガソフトVRソリューションによるプラン提案は、顧客が心から納得して契約してもらうためのツールであると確信しているそうです。

メガソフトVRソリューションのご相談・お問い合わせはこちら >