MEGASOFT アップデート > STARFAX
サポート情報 製品情報へ

この製品はサポートを終了しております。
この機会にぜひ最新版のSTARFAX13をご検討ください。
※STARFAXユーザー様はお得なバージョンアップ価格でお求めいただけます。

メガソフトでは、ユーザーの皆様へのサービスの一環として、購入された商品を最新版へ更新できるアップデートキットを公開しています。
※更新操作が簡単なオンラインアップデート機能をご利用ください。


STARFAX2004 Ver.5.07 アップデートキット [2004/12/27]
対 象

STARFAX2004 Ver.5.0x

更新方法
sf50xto507_pro.exe(7.25MB/7,603,496バイト) をダウンロードします。
ダウンロードする
※[保存]または[対象をファイルに保存]を選択してダウンロードを開始します。
  (ダウンロードした場所は忘れないようにメモしておいて下さい。)
STARFAX関連のプログラムやウイルスチェッカーを終了しておきます。
@でダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行します。
その他 最新のアップデートキットを導入すると、以前の修正も適用されます。


【Ver.5.06 から Ver.5.07への変更点】
  • 【FAXエンジン】14400bps・MR・ECM 送信条件下で、横に長い細かなグラデーションが連続して続くFAX原稿を、外付け型FAXモデムで送信できないことがある問題に対応しました。
    ただし、対応は次のFAXモデムのみです。(OMRON ME5614U2、OMRON ME5614D2、OMRON ME5614E2、MEGASOFT STARFAX 288、I-O DATA DFML-560EM、I-O DATA DFML-560EL、MELCO IGM-B56KH、MELCO IGM-B56KS MODEM])
    その他の外付け型FAXモデムをご利用の場合は、送信条件を「MH」に変更することでご対応ください。
  • 【STARFAXログコピーツール】バックアップしたデータに異常が発生していても、異常データをカットしながら復元するようにしました。
  • 【STARFAXログコピーツール】STARFAX関係のプログラムが起動していると、バックアップや復元に失敗することがあるため、終了させるまで起動できないようにしました。
  • FAX受信時に相手先から異常なFAXIDが送られてきても、STARFAXに影響を及ぼさないように仕様を変更しました。
  • FAX受信ときのHSP56 Modemの扱い方を変更し、HSP56 Modemに問題が起きないようにしました。
  • ステーション起動したまま発信元情報を変更したとき、変更が反映されない問題を修正しました。
  • 【FAXモデム共有】クライアントパソコンで、印刷操作からステーションを起動させてFAX送信したときに、ステーション上に処理結果が表示されなくなる問題を修正しました。
  • 【IFAXマネージャ】メール送信タイムアウトときに、エラーメッセージが表示されず、とき間経過表示のままになってしまう問題を修正しました。
  • 【FAXモデム共有】ネットワーク遅延が発生する特殊なネットワーク環境で、クライアントからFAX送信したとき、複数回FAX送信したような動作が発生する問題を修正しました。

【Ver.5.04 から Ver.5.06への変更点】
  • 送付状リストや送信原稿リストを削除したとき、リストファイルのセキュリティ権限としてEveryoneが外されてしまう問題を修正しました。
  • 【プリンタドライバ】ユーザー権限から使用したとき、複数ページの印刷ができない問題を修正しました。
  • 【FAXモデム共有】サーバーマネージャの機能を強化しました。
    処理を高速化、ウインドウに最大化機能を追加、ステータスバーに送信件数を表示、イベントログ表示機能、共有フォルダが未設定の場合のエラー表示。
  • 【FAXモデム共有】共有フォルダとして、特殊な下記のフォルダを指定できないよう仕様を変更しました。
    「各種ドライブのルート」、「マイドキュメント」、「Program Files」、「デスクトップ」
    (上記フォルダの下にもう1つフォルダを作成して使用することは可能です。例えば「デスクトップ\モデム共有」などは指定できます。)
  • 【FAXモデム共有】サーバーマネージャの累積ログ件数が10000件を超えたとき、最新のログを更新し続けてしまう問題を修正しました。(10000件を超えると、一番古いログを削除して新しいログを追加します。)
  • 【FAXモデム共有】FAX送信を行っている際、未送信ログにデータが蓄積されたまま、FAX送信が停止してしまうことがある問題を修正しました。
  • 【FAXモデム共有】サーバーの回線指定に誤りがあるとき、エラーメッセージを表示するようにしました。

【Ver.5.03 から Ver.5.04への変更点】
  • 特定の条件下で電話帳の宛先を削除したとき、指定した宛先と異なる宛先が削除されてしまう問題を修正しました。
  • 特殊な環境で、ステーションにたいしてドラッグアンドドロップで原稿をセットしたとき、FAX原稿としてセットされず、標準のプリンタに印刷されてしまう問題を修正しました。
  • 会社名が入力されていない宛先を電話帳から指定してFAX送信したとき、マネージャの相手先項目に名前とFAX番号が表示されない問題を修正しました。
  • auのセンター不備によりMR通信が行えない問題に対応するため、cdmaOne使用ときの設定がMHになるように変更しました。
  • 送信ログの「相手先」欄表示方法を変更しました。(会社名、氏名、FAXの優先順で電話帳から表示)
  • FAXモデム毎の自動設定機能に、cdmaOne、P-in Free 1S、ME5614U2、PCMA-9664P2、DP9664を追加しました。
  • 環境設定のモデム詳細設定に、TAPIのみでアクセスする機能を追加しました。

【Ver.5.02 から Ver.5.03への変更点】
  • 【FAXエンジン】HSP56 MicroModemなどの一部のモデムで、ECM受信の安定性を向上させるように仕様を変更しました。
  • 【STARFAX OCX】複数のプリンタドライバが登録されているとき、GetPrnName()メソッドが正常に動作しない問題を修正しました。

【Ver.5.01 から Ver.5.02への変更点】
  • 一部のプリンタで、STARFAXマネージャからの印刷が正しく行われない問題を修正しました。
  • 一部のビデオカードで、送付状が表示されないことがある問題を修正しました。
  • ヘルプの誤字を修正しました。

【Ver.5.00 から Ver.5.01への変更点】
  • IP電話の取り扱い機能を追加しました。
  • FAXモデムにアクセスできないとき、TAPI経由でアクセスを試みる機能を追加しました。
  • 携帯FAXモデムの自動設定機能を追加しました。
    (USB SOFT Doccimo-PDC、USB SOFT PDC、AMIJ USB Modem for PDC、P-in Free 1S)
  • Windows環境の国番号、市外局番設定に問題がある場合、環境設定を開けなくなる問題を修正しました。
  • ビューアのアノテーション問題を修正しました。
    1. カラーのビットマップ印でモノクロ保存ときに、淡い色が黒になる。
    2. 32ビットカラー環境で、モノクロのビットマップ印が黒く表示される。
    3. 網掛けでモノクロのビットマップ印の表示がおかしくなる。
  • ビューアのテキストボックス機能で、入力を確定する前に 「FAX送信」をクリックすると、入力した文字が反映されない問題を修正しました。
  • 短縮ダイヤルの登録で、電話番号、FAX番号が未設定の電話帳データを取り込むと、アクセス違反が発生する問題を修正しました。
  • Windows98、95の特定の環境で、EXCELファイルをドロップすると、白または黒の原稿が作成されることがある問題を修正しました。
  • プリンタからの送信原稿フォルダ登録ときに、キャンセルを押すと、空の送信原稿が登録されてしまう問題を修正しました。
  • 電話帳を開いたとき、項目の表示幅が無効な設定になっているときは、初期状態に戻すように仕様を変更しました。
  • FAXモデム共有設定で、共有フォルダの設定や解除が簡単に行えるボタンを追加しました。(STARFAX2004のみ)
  • ヘルプの誤字を修正しました。
  • Windows2000の特定の環境で、ローカルモデム設定のFAXモデムアイコンが表示されない問題を修正しました。
  • Windows2000の環境で、ローカルモデム設定のFAXモデムリストが正常に取得できないことがある問題を修正しました。
  • ローカルモデム設定のFAXモデムリストに、対象外機器(FAX機能を持たない機器)を追加しました。
    (H-S101S、AH-F401U、AH-N401C、AH-H401C、AH-H402P、AH-G10、CFE-02、CFE-01、CFE-01/TD、RT56v、RTW65i、RTA55i、RTW65b、USB SOFT Doccimo-PHS32K、USB SOFT Doccimo-PHS64K、USB SOFT PDC-PACKET、P-in Free 1P、AMIJ USB Modem for cdmaOne、AMIJ DSCDMA Modem for FOMA)
  • FAXモデム共有設定の、共有フォルダ設定がフォルダ選択になっていた問題をファイル選択に修正しました。
  • 一太郎のバックグラウンド印刷に対応しました。
  • Becky!から送信されるマルチパートメールを受信できない問題を修正しました。
  • 通信ログ、電話帳を選択しているとき、印刷画面がおかしい問題を修正しました。
  • 環境設定のログ管理で、日付指定の表示条件の末日が表示されない問題を修正しました。
  • 電話帳を開こうとしたとき、本来開かれる電話帳データが存在しない場合は、標準電話帳を開くように仕様を変更しました。


この資料の内容は予告なしに変更されることがあります。
いかなる場合でも、この資料の内容およびその運用の結果に関しては一切の責任を負いません。
この資料に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
この資料の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。
Copyright(C) MEGASOFT Inc.

 


ユーザー登録
新規ユーザー登録
登録内容の変更
シリアル調査依頼


ご購入
STARFAX13へ
    バージョンアップ
   ※機能比較
STARFAXシリーズの最新版をバージョンアップ購入できます。


その他