MEGASOFT
製品情報 ダウンロード ショッピング サポート情報 ユーザー登録 ニュースリリース 販売店・デモ 採用情報 会社概要 お問い合わせ

アップデートファイルメニュー

☆ご注意
  公開しているファイルの一切の内容の改変等は認められませんのでご注意ください。なお、原則として公開されているファイルは、管理の都合上他のネットワーク、雑誌等への転載を禁止しています。ただし、正規ユーザ間での公開ファイルの受渡しはこれを規制いたしません。


STARFAX2000 Ver.2.03→Ver.2.06アップデートキット [2004/1/23]

対   象

STARFAX 2000 Ver.2.06

※[スタート]−[プログラム]−[STARFAX2000]−[STARFAX TOOLS]−[STARFAX バージョン情報]を実行すると、バージョン番号が表示されます。

      対象製品を、Ver.2.06にアップデートします。

203to206.exe(2,738,957バイト)をダウンロードします。
実行中のアプリケーションをすべて終了します。(STARFAXを含む)
1でダウンロードしたファイルをエクスプローラなどから実行し、指示に従います。


●Ver.2.05からの変更点
問題の詳細は、サポート情報のページでお調べください。

  • 2004/01/30以前にダウンロードされたお客様へ。

    スタートメニューに「STARFAX2004」と誤って登録されてしまう問題がありました。
    お手数ではございますが、スタートメニューより「STARFAX2004」のメニューを削除してください。
  • [HSP56 MicroModem]など一部のモデムでのECM受信の安定性を向上させました。
  • NT系プリンタドライバの修正。


    • EXELで繰り返し印刷をした場合アクセス違反がおこる事がある問題に対応しました。

    • ドキュメント名に不適切文字が含まれていた場合 ”_”変換する機能を追加しました。

  • 9x系プリンタドライバの修正。


    • 一太郎での印刷を考慮しドキュメント名を32バイト切り捨てする機能を追加しました。

    • ドキュメント名に不適切な文字が含まれていた場合 ”_”変換する機能を追加しました。

●Ver.2.04からの変更点

  • FAXの送受信における安定性をさらに向上させました。
  • 送信再試行間隔を100秒に変更しました。
  • 最小化起動された場合、モデム初期化エラーダイアログが隠れて表示され、ステーションが制御不能となってしまう不具合を修正しました。
  • AU(cdmaOne)用携帯アダプタ USBケーブルC(C020HRA)に対応しました。

●Ver.2.03からの変更点

  • 携帯電話(PDC)でのFAX送信安定度を向上させました。
  • I-O DATA PCMA-9664P2、TDK UP9664、Mobile Card P-in + 携帯電話(PDC)でのFAX送信安定度を向上させました。
  • Comポートを99まで使用出来るようになりました。
  • 主要なTAルータを、誤ってFAXモデムとして選択出来ないようにしました。
  • SFA-9624を使用した際に、「手元のファクスを使用」が選択出来ない問題に対応しました。
  • OMRON ME5614PCIをWindows2000で使用した際に、受信出来ない問題に対応しました。
  • FAXモデム共有時の送信処理で、0発信が付加されない問題に対応しました。
  • 国際通話アクセス番号が付加されない事がある問題に対応しました。
  • 通信ログの自動削除処理で、送信もしくは受信ログの片側だけを対象にした場合、STARFAXステーションの動作が停止してしまう問題に対応しました。


戻る